「海外で仕事をする本」まとめ読み

一口コメント

私自身は,海外で仕事をしたことがないので,ピントが合っているかどうかわからないが,あくまで私の手許にある中での参考になる本のリストである。ここでは,まずどのよう段取りで海外に出かけ,心と体の健康を保つかという本,及び一般的なデータとアジアを対象とするビジネスの本に限った。追って充実させていきたい。

紹介

1

キョーハンブックス
売り上げランキング: 12,142

2

海外勤務を命じられたら読む本 (中経出版)
KADOKAWA / 中経出版 (2012-11-16)
売り上げランキング: 4,839

3

海外赴任のために必要なこと 駐在員家族のメンタルヘルス (角川フォレスタ)
KADOKAWA / 角川学芸出版 (2013-10-17)
売り上げランキング: 33,252

4

5

6

海外進出支援 実務必携
海外進出支援 実務必携

posted with amazlet at 15.01.18
きんざい
売り上げランキング: 306,343

7

アジア法ガイドブック
アジア法ガイドブック

posted with amazlet at 15.01.18
名古屋大学出版会
売り上げランキング: 595,903

新着記事

企業集団における内部統制制度

序論 内部統制制度は子会社には重荷のことが多い 上場企業と連結計算書類を作成して ...

精神現象学から認知科学へ

ヘーゲルは分からない ヘーゲルの法哲学,歴史哲学,あるいは論理学等は,読んでいて ...

法とルールの基礎理論Ⅱ 方法としての哲学

方法としての哲学 実定法学から「法とルール」を眺める場合,「哲学」は役に立たない ...

法とルールの基礎理論Ⅰ ルール論(暫定版)

取り上げる基本書 ルールズ・オブ・プレイ ゲームデザインの基礎 :ケイティ・サレ ...

年賀状(2021年)

謹んで新春のおよろこびを申し上げます。  皆様方にとってこの一年が希望に満ちた年 ...