「図解これからの航空ビジネス早わかり」を読む

戸崎 肇
中経出版
売り上げランキング: 237,229

一口コメント

表紙に書いてある「日本の将来は航空が決める!」は大げさだが,航空を含む交通や人や物の交流が決めるであろう。大事な視点である。

詳細目次

  1. はじめに
  2. 第1章 世界の空で何か起こっているか
    1. 1 日本の空はどうなっているか?
      1. 日航、経営破綻の衝撃!
      2. 「高給が災いした」という見方はあまりに一面的
      3. ジャンボ機の保有数が多すぎたことも一因
      4. どうして「全日空1社」だと問題なのか?
    2. 2 世界の空はどうなっているか?
      1. 大手航空会社はアライアンスで連携強化を図る
      2. 独自方針を貫きLCCの顔となったサウスウェスト航空
      3. 国からの全面的バックアップを受けるシンガポール航空
      4. オイルマネーが成長を支えるエミレーツ航空
  3. 第2章 日本の航空政策はどうなっているか?
    1. 1 問題だらけの航空政策
      1. 戦後日本の空を生んだ「航空憲法」
      2. 「航空憲法」廃止後も大きな影響が残る
      3. 運賃制度の改革も期待外れに終わる
      4. 新規航空会社が続々と生まれる
      5. 日本エアシステムとの合併が組織の肥大化を招く
    2. 2 なぜ日本の航空券は高い?
      1. 世界的に見ても高い日本の航空券
      2. 日本の航空運賃が高い理由1 公租公課
      3. 日本の航空運賃が高い理由2 公益性の維持負担
    3. 3 この政策で日本の航空は変わるI
      1. 航空会社の自律性が問われる
      2. 航空にも外資導入を検討すべき
      3. 日本版LCCへの道は険しい
  4. 第3章 空の自由化はどうなっているか?
    1. 1 世界で進むオープンスカイとは?
      1. アメリカから広まった「航空自由化」の波
      2. ヨーロッパではさらにオープンな空が実現
    2. 2 日本のオープンスカイはどうなる?
      1. 日本でもようやく始まった空の自由化
      2. ATI申請の成否がカギを握る
  5. 第4章 航空業界地図はどうなっているか?
    1. 1 しのぎを削る世界の航空アライアンス
      1. グローバル経済がアライアンス需要を生んだ
      2. 航空アライアンスにはこんなメリットがある!
      3. 日本航空争奪戦ーアライアンス競争はますます激化する
      4. アライアンスは拡大し続ける!
    2. 2 業界に風穴を開けるLCC
      1. 世界でLCCが台頭し始めた
      2. LCCの失敗例ービバマカオの破綻
      3. 大手も格安航空市場に乗り出す
      4. 大手航空会社とLCCの提携で業界の構図が変わる!
  6. 第5章 日本の空港にはどんな問題があるか?
    1. 1 なぜ赤字空港が量産されたのか?
      1. 日本には1県あたり2つ以上の空港がある
      2. 「特別会計」が空港建設を後押し
      3. なぜ採算性や経営状況が顧みられなかったのか?
      4. 空港の需要予測が甘かった
    2. 2 3空港問題に悩まされる関西圏
      1. 「3空港並存」という奇妙な状況
      2. 伊丹空港の強みを生かす
      3. 神戸空港が生き残っていくためには?
    3. 3 地方空港に希望はあるか?
      1. 北九州地方も3空港問題に悩む
      2. まだ多くを期待できる佐賀空港
      3. 知事辞任にまで発展した静岡空港の建設問題
      4. フジドリームエアラインズが小回りを利かせる
      5. 地方空港に活路はあるか?
    4. 4 羽田・成田の共生を考える
      1. 首都圏の空を振り返る
      2. 羽田空港のハブ化は経済効果も大きい
      3. 米軍基地が羽田国際化の妨げに
      4. 「首都圏第3空港」は果たして可能か?
  7. 第6章 航空を取り巻く環境はどうなっているか?
    1. 1 観光が日本の空を支える
      1. 観光産業は航空の強い味方
      2. 「歴史」が終わり、観光ビジネスの時代が到来
      3. 旅行産業では従来のビジネスモデルが崩壊
      4. 旅行産業、伸びしろは十分
      5. 日本が観光大国になる上での課題
    2. 2 貨物輸送が世界の空を支える
      1. 「人と一緒に運ぶ」か「物だけ運ぶ」か
      2. 航空会社は貨物専門アライアンスで対抗
      3. 「9・11」を機に貨物輸送の見直しが進む
  8. 第7章 日本の空はどう変わっていくか?
    1. 1 日本の空はこう変わる
      1. バスのような気軽さで飛行機に乗れる時代
      2. 成田空港にある「不平等」はこうして解消されていく
      3. 羽田空港の発着枠を平等に配分する
      4. 「廃港」あっても「空港民営化」は必要
    2. 2 日本の空がこう変える!
      1. 他の交通機関との連携が「移動する権利」の保障につながる
      2. 環境対策の不十分な飛行機は運航できなくなる?
      3. インターネットは航空のライバルか?
      4. 労使の協議をよりオープンにする
      5. 感情論での外資規制は「ジャパンバッシング」につながる
      6. 旅行代理店との関係は希薄化していく
      7. 日本の空が経済を支える
  9. あとがき
  10. 参考文献
  11. 索引

要約・抜粋と考察

作成中

新着記事

企業集団における内部統制制度

序論 内部統制制度は子会社には重荷のことが多い 上場企業と連結計算書類を作成して ...

精神現象学から認知科学へ

ヘーゲルは分からない ヘーゲルの法哲学,歴史哲学,あるいは論理学等は,読んでいて ...

法とルールの基礎理論Ⅱ 方法としての哲学

方法としての哲学 実定法学から「法とルール」を眺める場合,「哲学」は役に立たない ...

法とルールの基礎理論Ⅰ ルール論(暫定版)

取り上げる基本書 ルールズ・オブ・プレイ ゲームデザインの基礎 :ケイティ・サレ ...

年賀状(2021年)

謹んで新春のおよろこびを申し上げます。  皆様方にとってこの一年が希望に満ちた年 ...