ブログ山ある日々(すべて),法とルール

最初に載せたこの「ようこそー未来の法律事務所」の記事は,私の弁護士業務の案内です。「問題解決と創造」やAI,持続可能性に関する最新のブログ記事は次をクリックするか,右の「新着記事」を見ててください。

私の法律業務案内

このWeb「弁護士村本道夫の未来の法律事務所」は,弁護士の村本道夫が,作成,発信しています(私の紹介は「弁護士紹介」)。「未来の法律事務所」というタイトルは事務所名ではなく(私が所属するのは「カクイ法律事務所」です。),法律事務所や弁護士が(それに止まらず人が),2052年になっても存続し機能しているためには,何を考え,準備し,これからやっていかなければならないかを検討,.考察しようという趣旨でこのタイトル名にしました(2052年は,ヨルゲン・ランダースさんの「2052 今後40年のグローバル予測」(Amazonにリンク)に因んだ年です。このWebの記事に「2052年を生きる」があります。)。
このWebを見てくれる多くの人は,法律問題が起こって(あるいは起こりそうなので),今・現在の喫緊の課題について弁護士に相談・依頼したい個人・企業の方だと思いますので,まず,私が得意とし,主として取り組んでいる弁護士業務を紹介します。その他「法律業務案内」を含むこのWeb全体の簡単な紹介は「Web紹介」をご覧ください。「ブログ山ある日々」の投稿記事は,この下の記事からです(右のサイドバー「新着記事」にもあります。)。

外資系のサービサーの代表取締役を長く務めていたから

  • 企業法務全般(特に内部統制システム,不祥事対応)
  • 債権の管理・回収
  • 契約書のチェック・作成

今現在(デジタル)情報をめぐる様々な問題に取り組んでいるから

  • IT・AI・DA,ネットをめぐる問題
  • システム開発をめぐる問題
  • 情報公開・開示,個人情報をめぐる問題

行政過程をコントロールすることの重要性を認識しているから

  • 行政機関が関与する(行政側,住民側を問わない)訴訟や相談
  • 立法(条例化)支援

人並みに年齢と経験を重ねたから

  • (離婚や遺言・相続を含む)家族と高齢者をめぐる法律問題

弁護士に相談・依頼する

私への連絡は,事務所(カクイ法律事務所)へ電話(03-5298-2031)するか,「お問い合わせ」に記載したメールでお願いします。事務所の地図等は「アクセス」をご覧下さい,

弁護士へ相談したり依頼したりすることが不安な方は,「法律相談と弁護士への依頼」をご覧下さい。

ブログ山ある日々(すべて)

かみなりすなわちこえをはっす

この時期,確かに雷の「音」に接することがある。つい先日,遠くで雷が鳴っているように聞こえたので,私が「雷だね」というと,妻は「ネズミだ」という。でもそれからその音を聞かないので,やはりあれは「遠雷」だったのだろう。

前の72節気(3/25(桜始開))との間に考えたこと,試みたことを振り返ろうと思う。ただ72候は,ほぼ5日おきなので,あっという間に来てしまう。自分を追い立て,やがて忘れ果ててしまう可能性もなくはない。

ノイマン,MMT,会計学,和歌(百人一首),国際法等等

最近,あれこれやりたくて,購入するKindle本も増えている。調べてみると3月25日以降だけで次のとおりだ。この他に,Kincle Unlimitedで借りたものもあるし,書店で購入したものもある(これは私のものは,「家族と高齢社会の法」,「改定雇用社会と法」,あとは,NHKのテキストぐらいだろうか。)。
高橋さんの本は,その少し前に「フォン・ノイマンの哲学 人間のフリをした悪魔」を読んだから購入してみた。あとその前から取り組んでいるSNA(国民経済計算)rとの関係で,会計学,MMTの本を何冊か購入し,あるいはひっくり返している。和歌(百人一首)は,HULUで「ちはやふる」を見ているからだ。

その他「法とルールの基礎理論」で「国際法」をみているので,「人権法」を購入した。宮城谷昌光さんや,山本 義隆さんは「趣味」だ。

  • 近代日本一五〇年-科学技術総力戦体制の破綻 (岩波新書):山本 義隆
  • 孟嘗君 全5冊合本版 (講談社文庫):宮城谷昌光
  • 百人一首(新潮文庫):安東 次男
  • 人権法:近藤 敦
  • 和歌文学の基礎知識 (角川選書):谷 知子
  • 会計学原理:友岡 賛
  • 新版 財務3表一体理解法 発展編 (朝日新書):國貞 克則
  • 新版 財務3表一体理解法 (朝日新書):國貞 克則
  • 二十四節気で読みとく漢詩:古川末喜
  • 「超」英語独学法 (NHK出版新書):野口 悠紀雄
  • MMT現代貨幣理論入門:L・ランダル・レイ
  • 図解ポケット MMT(現代貨幣理論)のポイントがよくわかる本;中野明
  • 図解入門ビジネス 最新 MMT[現代貨幣理論]がよくわかる本:望月慎
  • 20世紀論争史~現代思想の源泉~ (光文社新書):高橋 昌一郎

ブログ山ある日々(すべて),日々雑感

野毛山公園の桜始開

 

野毛山公園の桜

3月20日が24節気の春分の日であったが,昨日(3月25日)から72候の「櫻始開」(さくらはじめてひらく)である。2日ほど朝ジョグしなかったが,今日近所の野毛山公園を朝ジョグすると,確かに「櫻始開」で,桜が綺麗に咲いていた。この週末はいろいろと愉しみだ。

24節気と72候

24節気と72候は,中国発のようだが,72候は日本でいろいろとアレンジされ,今使われているものは,明治時代に改訂された「略本暦」だそうだ。
もう少し詳しくなったら詳細に語ろうと思うが,「暮らし歳時記-日々是活き生き」というWebで,きれいな絵や写真と文章でわかりやすい説明されているので,まずはこちらを案内しよう。
絵が楽しいということでいえば,「令和の新時代、「旧暦」の世界を浮世絵の名作とイラストで存分に味わう」という触れ込みの「絵で楽しむ 日本人として知っておきたい二十四節気と七十二候:水野 久美」(Amazonにリンク)が素敵だ。
中国にまで遡って研究するには「 二十四節気 で 読み とく 漢詩:古川末喜」(Amazonにリンク)が良さそうだ。

春分から次の「清明」までは次のとおりだ。

3月20日(土)春分  雀始巣 すずめはじめ てすくう
3月25日 (木) 櫻始開  さくらはじめてひらく
3月30日 (火 ) 雷乃発声 かみなりすな わちこえをはっす

4月4日(日 ) 清明 玄鳥至 つばめきたる

24節気の説明

ここでは,24節気だけ載せておこう。24節気や72候説明は,国立天文台のWebでの「季節」が分かりやすい。

毎年のその日付は,「計算サイト」の「72候計算」でわかる。

 

二十四節気一覧
名称 説明
立春 (りっしゅん) 寒さも峠を越え、春の気配が感じられる
雨水 (うすい) 陽気がよくなり、雪や氷が溶けて水になり、雪が雨に変わる
啓蟄 (けいちつ) 冬ごもりしていた地中の虫がはい出てくる
春分 (しゅんぶん) 太陽が真東から昇って真西に沈み、昼夜がほぼ等しくなる
清明 (せいめい) すべてのものが生き生きとして、清らかに見える
穀雨 (こくう) 穀物をうるおす春雨が降る
立夏 (りっか) 夏の気配が感じられる
小満 (しょうまん) すべてのものがしだいにのびて天地に満ち始める
芒種 (ぼうしゅ) 稲などの(芒のある)穀物を植える
夏至 (げし) 昼の長さが最も長くなる
小暑 (しょうしょ) 暑気に入り梅雨のあけるころ
大暑 (たいしょ) 夏の暑さがもっとも極まるころ
立秋 (りっしゅう) 秋の気配が感じられる
処暑 (しょしょ) 暑さがおさまるころ
白露 (はくろ) しらつゆが草に宿る
秋分 (しゅうぶん) 秋の彼岸の中日、昼夜がほぼ等しくなる
寒露 (かんろ) 秋が深まり野草に冷たい露がむすぶ
霜降 (そうこう) 霜が降りるころ
立冬 (りっとう) 冬の気配が感じられる
小雪 (しょうせつ) 寒くなって雨が雪になる
大雪 (たいせつ) 雪がいよいよ降りつもってくる
冬至 (とうじ) 昼が一年中で一番短くなる
小寒 (しょうかん) 寒の入りで、寒気がましてくる
大寒 (だいかん) 冷気が極まって、最も寒さがつのる

72候に乗せて日々の創意工夫を語ろう

24節気と72候が楽しいのは,さて措き,72候は,ほぼ5日ごとに変わる。そして新しい現実を呼び込む。

これに乗せて,私の日々の動き(あれば,創意工夫)を語ればどんなに楽しいだろう。ということでいきなり「72候プロジェクト」が開始されたのであった。

72候とは

やはり72候は載せておこう。

二十四節気 候(通番) 年月日 七十二候 読みの一例
冬至 初候 64候 2020/12/21 乃東生 なつかれくさ しょうず
  次候 65候 2020/12/26 麋角解 さわしかのつの おつる
  末候 66候 2020/12/31 雪下出麦 ゆきわたりて むぎのびる
小寒 初候 67候 2021/1/5 芹乃栄 せりすなわち さかう
  次候 68候 2021/1/10 水泉動 しみず あたたかをふくむ
  末候 69候 2021/1/15 雉始雊 きじ はじめてなく
大寒 初候 70候 2021/1/20 款冬華 ふきの はなさく
  次候 71候 2021/1/25 水澤腹堅 さわみず こおりつめる
  末候 72候 2021/1/30 鶏始乳 にわとり はじめてとやにつく
立春 初候 1候 2021/2/3 東風解凍(氷) はるかぜ こおりをとく
  次候 2候 2021/2/8 黄鶯睍睆 うぐいす なく
  末候 3候 2021/2/13 魚上氷 うお こおりをいずる
雨水 初候 4候 2021/2/18 土脉潤起 つちのしょう うるおいおこる
  次候 5候 2021/2/23 霞始靆 かすみはじめてたなびく
  末候 6候 2021/2/28 草木萌動 そうもく めばえいずる
啓蟄 初候 7候 2021/3/5 蟄虫啓戸 すごもりむし とをひらく
  次候 8候 2021/3/10 桃始笑 もも はじめてさく
  末候 9候 2021/3/15 菜虫化蝶 なむし ちょうとなる
春分 初候 10候 2021/3/20 雀始巣 すずめ はじめてすくう
  次候 11候 2021/3/25 桜始開 さくら はじめてひらく
  末候 12候 2021/3/30 雷乃発声 かみなりすなわち こえをはっす
清明 初候 13候 2021/4/4 玄鳥至 つばめ いたる
  次候 14候 2021/4/10 鴻雁北 こうがん かえる
  末候 15候 2021/4/15 虹始見 にじ はじめてあらわる
穀雨 初候 16候 2021/4/20 葭始生 あし はじめてしょうず
  次候 17候 2021/4/25 霜止出苗 しもやんで なえいずる
  末候 18候 2021/4/30 牡丹華 ぼたん はなさく
立夏 初候 19候 2021/5/5 蛙始鳴 かわず はじめてなく
  次候 20候 2021/5/10 蚯蚓出 みみず いずる
  末候 21候 2021/5/16 竹笋生 たけのこ しょうず
小満 初候 22候 2021/5/21 蚕起食桑 かいこおきて くわをはむ
  次候 23候 2021/5/26 紅花栄 べにばな さかう
  末候 24候 2021/5/31 麦秋至 むぎのとき いたる
芒種 初候 25候 2021/6/5 蟷螂生 かまきり しょうず
  次候 26候 2021/6/11 腐草為蛍 くされたるくさ ほたるとなる
  末候 27候 2021/6/16 梅子黄 うめのみ きばむ
夏至 初候 28候 2021/6/21 乃東枯 なつかれくさ かるる
  次候 29候 2021/6/26 菖蒲華 あやめ はなさく
  末候 30候 2021/7/2 半夏生 はんげ しょうず
小暑 初候 31候 2021/7/7 温風至 あつかぜ いたる
  次候 32候 2021/7/12 蓮始開 はす はじめてひらく
  末候 33候 2021/7/17 鷹乃学習 たかすなわち わざをならう
大暑 初候 34候 2021/7/22 桐始結花 きりはじめて はなをむすぶ
  次候 35候 2021/7/28 土潤溽暑 つちうるおいて むしあつし
  末候 36候 2021/8/2 大雨時行 たいう ときどきにふる
立秋 初候 37候 2021/8/7 涼風至 すずかぜ いたる
  次候 38候 2021/8/12 寒蝉鳴 ひぐらし なく
  末候 39候 2021/8/18 蒙霧升降 ふかききり まとう
処暑 初候 40候 2021/8/23 綿柎開 わたの はなしべひらく
  次候 41候 2021/8/28 天地始粛 てんち はじめてさむし
  末候 42候 2021/9/2 禾乃登 こくもの すなわちみのる
白露 初候 43候 2021/9/7 草露白 くさつゆ しろし
  次候 44候 2021/9/12 鶺鴒鳴 せきれい なく
  末候 45候 2021/9/18 玄鳥去 つばめ さる
秋分 初候 46候 2021/9/23 雷乃収声 かみなりすなわち こえをおさむ
  次候 47候 2021/9/28 蟄虫坏戸 むしかくれて とをふさぐ
  末候 48候 2021/10/3 水始涸 みず はじめてかるる
寒露 初候 49候 2021/10/8 鴻雁来 こうがん きたる
  次候 50候 2021/10/13 菊花開 きくのはな ひらく
  末候 51候 2021/10/18 蟋蟀在戸 きりぎりす とにあり
霜降 初候 52候 2021/10/23 霜始降 しも はじめてふる
  次候 53候 2021/10/28 霎時施 こさめ ときどきふる
  末候 54候 2021/11/2 楓蔦黄 もみじつた きばむ
立冬 初候 55候 2021/11/7 山茶始開 つばき はじめてひらく
  次候 56候 2021/11/12 地始凍 ち はじめてこおる
  末候 57候 2021/11/17 金盞香 きんせんか さく
小雪 初候 58候 2021/11/22 虹蔵(蟄)不見 にじ かくれてみえず
  次候 59候 2021/11/27 朔風払葉 きたかぜ このはをはらう
  末候 60候 2021/12/2 橘始黄 たちばな はじめてきばむ
大雪 初候 61候 2021/12/7 閉塞成冬 そらさむく ふゆとなる
  次候 62候 2021/12/12 熊蟄穴 くま あなにこもる
  末候 63候 2021/12/17 鱖魚群 さけのうお むらがる
冬至 初候 64候 2021/12/22 乃東生 なつかれくさ しょうず
  次候 65候 2021/12/26 麋角解 さわしかのつの おつる
  末候 66候 2021/12/31 雪下出麦 ゆきわたりて むぎのびる
小寒 初候 67候 2022/1/5 芹乃栄 せりすなわち さかう
  次候 68候 2022/1/10 水泉動 しみず あたたかをふくむ
  末候 69候 2022/1/15 雉始雊 きじ はじめてなく

問題解決と創造,IT・AI・DX

坂村健さん

先日(2021年3月16日),あるオンラインセミナーで坂村健さんの話を聞いた。話したことは「イノベーションはいかに起こすか AI・IoT時代の社会革新 (NHK出版新書) :坂村 健」(Amazonにリンク)のエッセンスだといっていたから,聞く機会のなかった人はこれに目を通せばいいだろう。

まず話の核心部分はとても有益であること,そしてまずは私自分がノベーションを試みなくては駄目だよなということは前提にしよう。

その上で,何点かコメントしよう。

まず坂村さんの視点は「専門分野」の「高み」にあり,そこから見える「今現在」の問題点を指摘するのだが(その限りでは優れている,),そこから降りてもっと根本的な観点から問題を考察しようとはしないように思われる。

生物である人のこころの働きや行動,あるいは社会が複雑なシステムであること(例えば西垣通さんの「基礎情報学」では,情報を,生命情報,社会情報,機械情報に分別するが,坂村さんは,ほぼ機械情報岳を見据えているように思われる。ただ西垣さんは西垣さんでその分析で足踏みをしているような感じで,坂村さんが問題にしているような「今現在」の問題には,なかなか届かない。)。

あと政府とか法制度の捉え方が,単純すぎる。坂村さんも西垣さんも社会情報については不十分だ。といっても,この分野は法律実務家こそが追い詰めなければならない問題であり,文句があるなら要は私がやらなければならないことだ。文句のある私がちゃんと法の基礎理論を踏まえ,(坂村+西垣)問題を検討すればいいのだ。

足りないのはイノベーションの考察

坂村さんは,DXとそれを支えるイノベーションを持ち上げるのだが,残念ながら取り上げた「ケーススタディ」が,AI,プログラミング教育 ,フィンテック,電子政府(それと自身の東洋大学やTRONの経験も入るだろう。)なので ,イノベーション論が足りない。これは買ったばかりでまだ論評できないが「人類とイノベーション:世界は「自由」と「失敗」で進化する:マット・リドレー」(Amazonにリンク)が役立ちそうだ。しかしマット・リドレーさんは,分業を取り上げた「繁栄 明日を切り拓くための人類10万年史」(Amazonにリンク),大きな変化を起こす意図のない無数の人によってもたらされた「ボトムアップ」による偶然で予想外の現象が人類に進歩を切り拓いてきたとする「進化は万能である 人類・テクノロジー・宇宙の未来」(Amazonにリンク)も,全体の構想と材料の収集がすばらしい。多分「人類とイノベーション」も期待を裏切らないだろう。イノベーションというと必ずシュンペータ-が出てくるが,ウルリケ・ヘルマンはシュンペーターの「競争は…売上げや既存の会社の限界収益を増やすのではなく,その土台とその存続を揺るがす」を引用し,「シュンペーターは新古典派の決定的誤りを非常に明快に批判する。新古典派は「資本主義が既存の構造をいかに管理運営しているか」を記述すれば事足りると信じているが、「資本主義がその構造をいかに創出し、破壊しているかということこそが重要な問題なのだ」とする(「スミス・マルクス・ケインズ――よみがえる危機の処方箋」(Amazonにリンク))。理解して持ち上げるのならいいのだが。

戦略も見据えよう

「今現在」の問題は,イノベーションだけではなく戦略(経営戦略に止まらない)という観点から考えるのも重要だろう。これも経営学者はうっとおしいので(ドラッカーはファンなので,例外にさせてもらおう。),生物の進化から考えると,面白い。稲垣栄洋さんの「弱者の戦略」(Amazonにリンク)や,「Learned from Life History 38億年の生命史に学ぶ生存戦略」(Amazonにリンク)で,生物進化の場面でリアルに考えたい

そういえば生物からイノベーションを考える「生物に学ぶイノベーション 進化38億年の超技術:赤池学」(Amazonにリンク)も面白かった。

以上,乱暴な記述で申し訳ないが,これからは余り問題を抱えこむことなく,以後の作業のために,アイデアの「備忘」として適宜このような記事を作成しようと思う。関係者には不愉快かも知れないが,主観的な備忘なのでご容赦いただきたい。