山ある日々

この記事は約1分で読めます。

山ある日々という言葉に,私はうっとりする。この言葉を思いついた頃は,「山ある日々」は,実際に登山している日々を指していた。でも今は,もっぱら街中にあって,思い出す登山の日々,思い出す山々の風景,あるいはもっと抽象的に,私が山の緑,紅葉に包まれているイメージを呼び起こす。

一方,その頃の日常を指す言葉は,「毎日がエベレスト」。でもこれはいささか羊頭狗肉で,あまり流行らなかった。

しかし毎日がエベレストだろうと,山ある日々だろうと,街中はうるさく汚い。ずっと頻度は減るがこれからも山に出かけるだろう。そして山から清らかな風と,汗だらけの身体を運んでくるのだ。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました