山ある日々

2019-10-31

山ある日々という言葉に,私はうっとりする。この言葉を思いついた頃は,「山ある日々」は,実際に登山している日々を指していた。でも今は,もっぱら街中にあって,思い出す登山の日々,思い出す山々の風景,あるいはもっと抽象的に,私が山の緑,紅葉に包まれているイメージを呼び起こす。

一方,その頃の日常を指す言葉は,「毎日がエベレスト」。でもこれはいささか羊頭狗肉で,あまり流行らなかった。

しかし毎日がエベレストだろうと,山ある日々だろうと,街中はうるさく汚い。ずっと頻度は減るがこれからも山に出かけるだろう。そして山から清らかな風と,汗だらけの身体を運んでくるのだ。

新着記事

企業集団における内部統制制度

序論 内部統制制度は子会社には重荷のことが多い 上場企業と連結計算書類を作成して ...

精神現象学から認知科学へ

ヘーゲルは分からない ヘーゲルの法哲学,歴史哲学,あるいは論理学等は,読んでいて ...

法とルールの基礎理論Ⅱ 方法としての哲学

方法としての哲学 実定法学から「法とルール」を眺める場合,「哲学」は役に立たない ...

法とルールの基礎理論Ⅰ ルール論(暫定版)

取り上げる基本書 ルールズ・オブ・プレイ ゲームデザインの基礎 :ケイティ・サレ ...

年賀状(2021年)

謹んで新春のおよろこびを申し上げます。  皆様方にとってこの一年が希望に満ちた年 ...