VIVA上野の森

この記事は約4分で読めます。
開館を待つ東京国立博物館

開館を待つ東京国立博物館

上野の森では

2012年10月20日(土),奥さんと一緒に上野公園に出かけた。本当は,山に行くのに絶好の季節だが,ここ何日か少し足の裏が痛くて,万が一を考えて町歩きにした。こういう時のお供が,登りが嫌いで下りが好きな奥さんだ。

東京国立博物館では,「特別展中国 王朝の至宝」(~12/24),「特別展出雲-聖地の至宝-」(~11/25),東京都美術館では,「メトロポリタン美術館展-大地,海,空-4000年の美への旅」(~1/4)をやっている。ほかに,国立西洋美術館では,「企画展 手の痕跡 国立西洋美術館所蔵作品を中心としたロダンとブールデルの彫刻と素描」,上野の森美術館ではエジプト考古学博物館所蔵ツタンカーメン展~黄金の秘宝と少年王の真実~」(~1/20),国立科学博物館では,「企画展日本鳥学会100周年記念鳥類の多様性 日本の鳥類研究の歴史と成果(~12/9)もある私たちは,「中国 王朝の至宝」,「出雲-聖地の至宝-」,「メトロポリタン美術館展」を見るつもりだった。

「中国 王朝の至宝」

「中国 王朝の至宝」は,主催者の紹介によれば,「13億以上の人口を持ち、世界で4番目に広い国土を持つ中国。現在も50を越える民族を抱えながら、巨大な国家として6千年ともいわれる歴史を現代につなげています。黄河や長江といった大河の恵みのもとで高度な文明を発展させてきた中国では、他国にはない独自の文化や思想が脈々と受け継がれてきました。そして、それは私たち日本人の精神的・文化的ルーツにもつながっています。本展では、中国に誕生した歴代王朝の都ないし中心地域に焦点を当て、それぞれの地域の特色ある文物を対比しながら展示し、多元的でダイナミックに展開してきた中国文化の核心に迫ります。国宝級の「一級文物」約60%というスケールで貴重な文物168件をご紹介します。」という内容である。構成は,「第1章 王朝の曙 「蜀」と「夏・殷」」,「第2章 群雄の輝き 「楚」と「斉・魯」」,「第3章 初めての統一王朝 「秦」と「漢」」,「第4章 南北の拮抗 「北朝」と「南朝」」,「第5章 世界帝国の出現 「唐」-長安と洛陽」」,「第6章 近世の胎動 「遼」と「宋」」である。

紹介されるのは,宋までであるが,とにかく広い地域で,多様な民族が,多様な国家を作り,凝縮した,壮麗な文明を築き上げようとする営みに圧倒される。現在の中国が何となくモノクロに見えるというのは,薄皮に包まれた虚構に過ぎないのだろう。NHKで「国文明の謎―中国四千年の始まりを旅する」という特集をしているが,併せて見るとよい(といっても私は1回目は見過ごしたが。あとは,11月11日,12月16日である。)。会場の所々で上映されている映像は,現在のその地域(都市)の様子と出土場所,当該文物が紹介されていて,とても役立ちそうだった。時間的にも会場で逐一見ることはできないが,まとめたものが販売されるといい(売店で見てみたが,ないようだった。)

私が気に入ったのは,最初の紀元前12世紀頃の「蜀」だ。最近,発掘された遺跡(国)で,今の四川あたりだが,その出土品は,とてもおおらかでよい。それと,この頃の文物は,夏・殷も含めて,多くが酒のための容器であることがとてもうれしい。総じて北のものの方は私の感性には合うようだ。

今回の特別展のポスターで紹介されているものは,あれやこれや細かいものが雑多に集まっていて,どこが至宝?という感じだが,実際に見る方がはるかによい。兵馬俑がメインになっているのは,選択ミスだと思う。

そのほか

そのあと,「日本の考古」という展示があったので急ぎ足で見た。埴輪から始まるさまざまな出土品を,網羅的に整理,展示していて,日本史の理解にとても役立つ。時間があるときにまたじっくりと見たい。

「出雲-聖地の至宝-」のメインは,「天にそびえる神殿を支えた巨大柱」だ。出雲大社について「平安時代に書かれた貴族のための教科書『口遊』には、当時の巨大建築物のベスト3として『雲太(出雲大社)』、『和二(東大寺大仏殿)』、『京三(平安宮大極殿)』の記述があります。伝承によると、古代出雲大社は16丈(約48メートル)の高さがあったと言われています。」は,ここ10年ぐらいで有名になった話だ。ただ展示自体は,2室しかなく,内容は,興味のある人向きというところだろう。

それから,「メトロポリタン美術館展」に行く予定だったが,お昼になってしまい,お腹はすくし,次の予定があったので,今日は中止。またの機会にしよう。VIVA上野の森!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました