新年のご挨拶と「本の森」について

2020-10-15

今年の私の年賀状は記事として投稿済みであるが,改めて皆様方に新年のお喜びを申し上げる。

私の事務所は,大方の事業所と同様に,昨日(2015年1月5日)から始動している。

ところで私の正月休みはとても楽しかった。というのも,ずっと一歳半の孫娘の惠美ちゃんと遊ぶ(格闘する)ことができたので,思うように勉強ははかどらず,本も読めなかったが,それでもいつも顔中が溶けていた。問題は,「私に残された全時間」マイナス「何はさておいても優先されるべき惠美ちゃんとの時間」の結果として「残された時間」を,いかに有効活用するかであろう。

さて「本の森」で,私が読んだ本の紹介をどのようにするのがよいのか,HTMLとCSSの壁もあってなかなか思うようにいかなかったが,「amazlet」というその本の画像や著者等の簡易な情報の表示とAmazonへのリンクが簡単にできる,ブラウザーで使えるソフトを見つけたので,その情報を記事の冒頭に持ってくることで,おおよその情報はそれに譲ることにして,私は「私的」なコメントや書評,感想,まとめ等をその本の内容に応じて書きつづればいいかなと思っている。いままでもAmazonの情報へはリンクしていたが,WordPress.comでの使用にはいろいろ制限もあるし,面倒だったが,これだととても簡単だ。どうなるかわからないが,試行錯誤としてしばらくやってみよう。

とにかく「本の森」に掲載することで私の思考に組み込み今後の活動の基盤にしようと思っている本が最近購入したものだけでもすでに何十冊もたまっているので,できるだけ実質本位,内容本位で簡単に処理できる態勢を,早期に確立したいと考えている。

新着記事

企業集団における内部統制制度

序論 内部統制制度は子会社には重荷のことが多い 上場企業と連結計算書類を作成して ...

精神現象学から認知科学へ

ヘーゲルは分からない ヘーゲルの法哲学,歴史哲学,あるいは論理学等は,読んでいて ...

法とルールの基礎理論Ⅱ 方法としての哲学

方法としての哲学 実定法学から「法とルール」を眺める場合,「哲学」は役に立たない ...

法とルールの基礎理論Ⅰ ルール論(暫定版)

取り上げる基本書 ルールズ・オブ・プレイ ゲームデザインの基礎 :ケイティ・サレ ...

年賀状(2021年)

謹んで新春のおよろこびを申し上げます。  皆様方にとってこの一年が希望に満ちた年 ...