「AIをビジネスに実装する方法」の紹介

この記事は約2分で読めます。

「AIをビジネスに実装する方法 「ディープラーニング」が利益を創出する」(著者:岡田陽介)(Amazonにリンク

著者サイドによる紹介と目次

もはや「AI(人工知能)を試験的に導入してみよう」という時代は過ぎ,様々な企業が,現実のビジネスにAIやディープラーニング技術を活かした事業展開を行っている。

そうした動きは決して製造業やハイテク企業に限ったことではなく,小売・流通業や物流などなど,業界や業種を問わず急速に広がっている。

本書は,設立わずか6年で,国内企業数社でのAI導入支援の実績をもち,ディープラーニングが成果を出し始めた2012年から,いち早く同技術に注目してきたITベンチャーであるABEJA(アベジャ)の経営トップが自ら語る「AIのビジネスへの実装の具体的方法」。

AI・ディープラーニングをどう現実のビジネスに活かせばいいのか? 基本的なしくみから,実装・運用の成功要件,最新事例までを,文系ビジネスマンでも理解できるように,わかりやすく解説する。

目次

  • 1章 なぜ、いまだにAI導入を躊躇するのか
  • 2章 ネコでもわかるディープラーニングの原理
  • 3章 AIの導入前に知っておきたいこと
  • 4章 データ取得から学習、デプロイ、運用まで ~AI導入のプロセスを知る~
  • 5章 AIを導入した企業のビフォー&アフター
  • 7章 レバレッジ・ポイントにAIの力を注ぎ込む

私の簡単なコメントとメモ

2018年10月10日発行。この本は,非常に正直な本だと思う。「設立わずか6年で,国内企業数社でのAI導入支援の実績」という記述が,そんなもん?という感想を抱かせるし,第5章で紹介されている「AIを導入した企業のビフォー& アフター」(ICI石井スポーツ,パルコ,武蔵精密工業,コマツ」の事例や,「画像,音声,テキストが新しいビジネスを生む」もびっくりしない。

第4章までのAI(機会学習)の基本的な説明と相まって,敷居の低い,手堅く正直な本といえるだろう。

詳細目次

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました