今しかない

私は先週末から,このWebの修補につきっきりだ。今までのテーマは,写真を載せてカラフルなフロントページだったが,実際問題として,Webのどこに何が書いてあるか,よほど意識的に見ていかないと,分からない代物だった。当然私は,問題が降って来ないとなかなか動かないので,展望は暗かった。だからますます足が遠のく。

それが今回,「再度のお詫び」に書いたように,ふとした偶然から,「Cocoon」に切り替わってしまった。しかしこれは,昔書いたブログが次々と目に入ってきて,文字情報,論理を前面に出す「ブログ」記事を修補するツールとして最適であった。落ち着けば,写真も掲載できそうだ。Gutenbergはどうするかなあ。

切り替わったのが,10月14日だが,気を取り直したのが,先週末だ。それからは,仕事も孫娘もそっちのけでこれにかかりっきりだ。修補する機会は今しかない。

全体のコンテンツを「法律業務案内」のほか,「問題解決と創造」,「IT・AI・DX」,「世界の複雑な問題群」に固定し,後2者については,ほとんど手を入れることが出来た。全く手付かずは,「世界の複雑な問題群」の「デジタル情報の氾濫と法とルールの破綻」ぐらいだ(という気がする)。もちろん,今後,増補していかなければならないが,その基盤はできた(という気がする)。

「問題解決と創造」は,従前からその構成をずっと検討し,おおよそまとまっているので,今後,時間さえあれば何とかなるだろう。今まで頭にのしかかっていた重みが,軽くなりつつある。

その結果,「仕事も孫娘もそっちのけでこれにかかりっきり」になってしまった。さあ,いったん切り替えて仕事をしよう。

 

新着記事

企業集団における内部統制制度

序論 内部統制制度は子会社には重荷のことが多い 上場企業と連結計算書類を作成して ...

精神現象学から認知科学へ

ヘーゲルは分からない ヘーゲルの法哲学,歴史哲学,あるいは論理学等は,読んでいて ...

法とルールの基礎理論Ⅱ 方法としての哲学

方法としての哲学 実定法学から「法とルール」を眺める場合,「哲学」は役に立たない ...

法とルールの基礎理論Ⅰ ルール論(暫定版)

取り上げる基本書 ルールズ・オブ・プレイ ゲームデザインの基礎 :ケイティ・サレ ...

年賀状(2021年)

謹んで新春のおよろこびを申し上げます。  皆様方にとってこの一年が希望に満ちた年 ...