陸山会事件とは何であったのか

この記事は約1分で読めます。

陸山会事件とは何であったのか

陸山会事件についての情報を求めて指定弁護士であった私のサイトにアクセスしてくれる人もいると思う。事件の係属中にあれこれ述べるのは立場上適当でないと考え,そのときは何も述べなかった。しかし上告しなかったことで裁判に決着が付き,時間も経過したので,若干のまとめをしておきたいと思い,比較的長文の記事を作成し,「業務案内」,「二つの事件」,「陸山会事件」に掲載した。

ただこの記事は決して分かり易くない。事件の性質がそうだという面と,単に読み流すのでは意味がないと思ったからだ。

日本の裁判所について「絶望の裁判所」という本を書いたもと裁判官がいたが,この事件での裁判官の対応に対する私の印象はそれに近い。

 

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました