陸山会事件とは何であったのか

2019-10-31

陸山会事件とは何であったのか

陸山会事件についての情報を求めて指定弁護士であった私のサイトにアクセスしてくれる人もいると思う。事件の係属中にあれこれ述べるのは立場上適当でないと考え,そのときは何も述べなかった。しかし上告しなかったことで裁判に決着が付き,時間も経過したので,若干のまとめをしておきたいと思い,比較的長文の記事を作成し,「業務案内」,「二つの事件」,「陸山会事件」に掲載した。

ただこの記事は決して分かり易くない。事件の性質がそうだという面と,単に読み流すのでは意味がないと思ったからだ。

日本の裁判所について「絶望の裁判所」という本を書いたもと裁判官がいたが,この事件での裁判官の対応に対する私の印象はそれに近い。

 

新着記事

企業集団における内部統制制度

序論 内部統制制度は子会社には重荷のことが多い 上場企業と連結計算書類を作成して ...

精神現象学から認知科学へ

ヘーゲルは分からない ヘーゲルの法哲学,歴史哲学,あるいは論理学等は,読んでいて ...

法とルールの基礎理論Ⅱ 方法としての哲学

方法としての哲学 実定法学から「法とルール」を眺める場合,「哲学」は役に立たない ...

法とルールの基礎理論Ⅰ ルール論(暫定版)

取り上げる基本書 ルールズ・オブ・プレイ ゲームデザインの基礎 :ケイティ・サレ ...

年賀状(2021年)

謹んで新春のおよろこびを申し上げます。  皆様方にとってこの一年が希望に満ちた年 ...