ブログ山ある日々(すべて),問題解決の知,個人の問題解決,IT・AI・DX

黒曜石主義者?

「タイポラ、ゾテロを引き連れた黒曜石主義者」というと、19世紀末のヨーロッパのおどろおどろしい陰謀家集団のようだが、そうではない。Obsidianは黒曜石で、Obsidianを信奉する人がObsidianistで、黒曜石主義者だ。ただここでいうObsidianは、パソコンとモバイルで使用するソフト(アプリ)である。私は1ヶ月半くらい使っているが、目の前の霧が晴れるというか、頭のさびが取れるというか、これを利用すると首のこりが取れる気がする。といってもちろんマッサージソフトではない。

マークダウンエディターであるというのが、最も簡単な紹介だが、ファイル同士をリンクさせられるというのが最大の売りである。マークダウンというのは、テキストベースだが、見出し、表等を表現できるHTMLなどより簡易な記法である。ファイルがリンクできるということは、そのつながりが見える化できるということだ。Obsidianは、tabや検索機能も充実しているので、リンクさせる様々な手段もある。それとWebや画像の挿入機能も充実している。だから何だといわれそうだが、自分が作成・関与した情報を一箇所に集め、それを見える化、整理して全体を見渡せば、新たな地平に踏み出せるよという紹介がよさそうだ。オリジナルでは、「Second Brain」という売り込みだ。

私は、「AI時代の弁護士業務」において次のように指摘した。「デジタル化して収集した生情報、法情報を、弁護士の頭の替わりに(ないしこれに加えて)パソコンで稼働させるプログラムによって整理、思考、判断し、結論を表現することを可能とするIT技法の開発が急務である。例えば、弁護士が全ての証拠を踏まえて論証する書面(最終準備書面や上訴の理由書、刑事の弁論要旨)を作成するとき、必要な証拠部分を探して引用するのには膨大な時間がかかり、しかもなお不十分だと感じることはよくある。あるいは供述の変遷を辿ったり、証拠相互の矛盾を網羅的に指摘したりしたいこともある。このような作業(の一部)は、デジタルの得意な分野である。また少なくても、当方と相手方の主張、証拠、関連する判例、文献等をデジタル情報として集約し、これらを常時参照し、コピー&ペーストしながら、書面を作成することは有益であるし、快感さえ伴う。目指すIT技法は、当面は進化したワードプロセッサー、データプロセッサーのイメージであるが、データ処理自体に対する考え方の「革命的変化」があることも充分にあり得る。」。

「弁護士の頭の替わりに(ないしこれに加えて)パソコンで稼働させるプログラムによって整理、思考、判断し、結論を表現することを可能とするIT技法」については「そもそも論」の問題があるが、「目指すIT技法は、当面は進化したワードプロセッサー、データプロセッサーのイメージ」ということであれば、Obsidianはかなり近づきつつある。パソコンの出始めの頃、すべての情報をテキストにして集約し、検索して目指す情報にたどり着こうというソフトがあったが、そのレベルでは全く役に立たなかった。しかし、今、Obsidianは、関連する情報を集約し、使いこなすというレベルに達しつつある。ハードウエアやクラウドの劇的進歩が、これに手を貸している。

ただ脳が極めて複雑な仕組みであるように、Obsidianに放り込む情報もあっという間に複雑になるので、自分なりの使用手順を確立した方がよさそうだ。フォルダーなどいらないという考えもあるが、自分が扱う情報分野をある程度フォルダーで仕訳したり、プロジェクト毎にフォルダーを作るというやり方はありそうだ。Webでそこそこ紹介されているし(obsidian.mdで検索するとよい。)、日々新しい発見があるので、私自身の使用法の紹介は、使用手順が大体定まるであろう、年明け(令和4年1月)にしようと思う。ただ最初は、興味を持たれた方は自分で触り始めた方がいい。

なお現時点では無償のアプリだが、v1になると有償になるかも知れない。ユーザーの絶対数が少ないし、今のところお金に結びつくビジネスモデルはなさそうなので、そうなればやむを得ないと覚悟すべきだろう。なお、Notionとか、Roamresearchとか、(多分)類似の機能を有する有償のソフトもあるようだが、自分が巡り合ったソフトで「第2の脳」を作ればいいので、」その優劣を考えても余り意味はない。

タイポラ?ゾテロ?

では、タイポラやゾテロとは何か。
タイポラ(Typora)も文書作成のためのマークダウンエディターである。Obsidianですべての文章を作成してもいいのだが、これは、メモ、ノートによる第2の脳の作成基盤と考え、長めの文章はTyporaで作成するのが良さそうだ。見出し、表、リスト等の作成が簡単になる。もちろん、Obsidianで作成した文書もこれで加工できる。Obsidianの有能な従者としての使用を勧める。ずっと無償だったが、つい何日か前からv1となって有償となった。ただ2000円弱で3台まで使えるので、負担感は少ない。

ゾテロ(Zotero)は、理科系の研究者の間では有名な無償ソフトだ。要は、文献管理ソフトで、ネット上で検索したPDF等を取り込み、管理できる。ObsidianではCitationというプラグインで利用可能となり、私もその環境は整えたのだが、私の利用する資料は今のところ専らKindle本なのでこれの出番は今のところほとんどない。

Kindle本の利用

私の「第2の脳」を支える最大の資源は、Kindle本である。私はR本は、事務所で調べ物をするときくらいしか読まない。活字の大きさの問題もあるし、大体本は寝っ転がって読むものだと思っているから、今は、R本よりKindle本がいい。ただKindle本はどうも頭に残りにくいような気がする。

本を読んで考えを深め定着させるには、ノートをとるのがいいらしい。物書きの人は、ノートを取るのが当たり前のようだ。私はそんなことはしてこなかったなあ、どういうノートがいいのかな、などど考えて、ノートについて論じた本を何冊か物色していたが、ある日、「TAKE NOTES!―メモで、あなただけのアウトプットが自然にできるようになる:ズンク・アーレンス」を目にした。これは、ニクラス・ルーマンのZettelkastenを説明したものだ。自分で作成する短い手書きメモ群の関連付け、文献管理メモを2本柱として、第2の脳を作成しようとするもので、ObsidianとZoteroはそのデジタル版と考えてよい。

大きくいってふたつの問題があると思う。
ひとつは、ニクラス・ルーマンの時代から数十年しかたっていないが、その間に情報が、大量のデジタル情報と化したことだ。これについて、手書きメモ化する以前にその情報の全体像を整理して把握する必要がある。短いメモ相互の関連付けということは、Obsidianに任せていいのでは?
もうひとつは確かに手書きメモの身体性は重要だが、Kindle本でそれをどう確保すればいいのか。デジタル情報とし集収集できるハイライトを集めただけでは仕方がない。それが今の私の最大の課題である。音声かなあ?

外部脳

本を読むというのは重要な行為だが、かなり浮ついた行為でもある。それを支える基盤となる世界を十分に理解できているのか。勝手に思い込んでいるだけではないのか。確実な理解とするためには定説を弁える必要がある。定説で構成される外部脳を構成する要素は、百科事典、辞書等に書き込まれる教科書的情報である。これには電子辞書がいいのではないか。また私が今入手できている放送大学の講義、放送大学附属図書館の資料、検索システムも重要だ。これはあくまで定説の確認だ。

成果は上がるのか

タイポラ、ゾテロを引き連れた黒曜石主義者である私は、これで仕事がらみとして、会社法内部統制システムの仕組み作り、オンライン登記、電子署名による会社設立登記をしようとしている。いかにObsidianが有用かはその中で説明しよう。

本の森,IT・AI・DX,個人の問題解決

ヘーゲルは分からない

ヘーゲルの法哲学、歴史哲学、あるいは論理学等は、読んでいて何を論じているのかが全く分からないわけではない。しかし、「精神現象学」、それも前半部分はお手上げだ。読んでいて、論じている対象が分からない、内容も分からない、言葉遣いが不快だ、等々がごく普通の反応だと思う。
今後、こういう本を手に取ることもないだろうから、もののついでに少しでも理解しようとKindle本で購入していた「精神現象学上下:熊野純彦訳」(Amazonにリンク)、「超解読!はじめてのヘーゲル『精神現象学』:竹田青嗣、西研(講談社新書)」(Amazonにリンク)等々を読み始めてみたが、上記のとおりの結果である。
「精神現象学」は、ヘーゲル37歳のときの発表(1807年)で、いわば「若書き」だが、なぜかやたらと翻訳されている。邪推であるが、先人の翻訳を読んでも分からないので、自分で翻訳すれば分かるだろうと考えた哲「学者」が何人もいたのだろうか。熊野さんは他にやることがいくらでもあると思うが、廣松さんのお弟子筋だろうからその「遺言」で翻訳したのだろうか(ただカント批判三部作も翻訳しているようなので、哲学の本道を歩んだのだろうか。)。熊野さんの翻訳を読んでも分からない。
「超解読!はじめてのヘーゲル『精神現象学』」は、内容を読み込みそれなりに理解しているであろうふたりが、簡潔に要約していると思われるが、それでも何が書いてあるか分からない。
思うに、「精神現象学」は、ヘーゲルがどのような地域、社会制度、組織の中で生き、どのような既存の知的言語空間で、どのような材料に基づき、どのような対象について、何を目的に書いたのかが、お手上げなのである。
ただ、前半は、意識、自己意識、理性という項目だから、どうも知覚・認知についての分析が、一方でカントをにらみ、一方で世界は神の一部だという前提の元に、ヘーゲルが知っているその当時の知的カタログを披露しつつ書かれたもののように思える。でも、「種の起源」の出版は1859年、ヴントやウィリアム・ジェームズにより心理学が成立したのは1870年代、いずれにせよ「意識」について様々な経験的な事実、現象に向き合って論じたものではなく、圧倒的な材料不足のなかで、ごく少数の哲学者の言説に向き合い、自己の観念で整合的に操作・表現したと思われる。ほぼ時代人のマルクスに対象・方法が面白く、後代のメルロ・ポンティーにも小説のように面白かったのだろうが、私が「精神現象学」を正確に理解したとして、それが私に何をもたらすだろうか。

「わかる」とはどういうことか-認知科学への転進

「精神現象学」が「意識の経験の学」だとすると、現代の「精神現象学」は、「認知科学」だろう。「認知科学」は、一方で、脳科学を、一方でコンピュータ科学を見据えて、AIで何が可能か、何が不可能かを解き明かそうとしている。
ただ「認知科学」の議論は、いささかコンピュータ科学におされて錯綜しているように見えるので、その前に、脳神経学者で、失語症を扱う臨床の脳医学者(あるいは引退されたか)の山鳥重さんの「「わかる」とはどういうことか ―認識の脳科学 (ちくま新書)」(Amazonにリンク)を読み込むのがよい。
本書を読んでびっくりしたが、まさに現代の「意識の経験の学」である。著者は先人の医学、神経学分野の業績を踏まえつつ、自分の経験を元に、自分の頭で考え、心の全体像を明らかにしようとしている。著者には、この他にも、少しずつ焦点の当て方が違う「「気づく」とはどういうことか ─こころと神経の科学 (ちくま新書)」、(Amazonにリンク)「言葉と脳と心  失語症とは何か (講談社現代新書)」(Amazonにリンク)、「心は何でできているのか 脳科学から心の哲学へ (角川選書)」(Amazonにリンク)、「ヒトはなぜことばを使えるか 脳と心のふしぎ (講談社現代新書」(Amazonにリンク)等の入手の容易なKindle本があり、これらを読み比べるともっと興味深い。
山鳥さんの所論をごく簡単にまとめれば、脳と心は違うレベルの現象なので、因果関係はない。心には形のない「感情」がある、y形のある「知覚」がある、内外の情報が「心像」に構成される、記憶された「心像」がある、これを照らし合わせて、区別して、同定する。「知覚心像」に記号としての言語がある。外からの「知覚」「言語」等々で構成される状況が、記憶された「知覚」「言語」と照らし合わされることで「わかる」。「わかる」には、『全体像が「わかる」、整理すると「わかる」、筋が通ると「わかる」、空間関係が「わかる」、仕組みが「わかる」、規則に合えば「わかる」』等、いろいろな「分かる」がある。「わかった」と思うのも、『「直感的に「わかる」」、「まとまることで「わかる」」、「ルールを発見することで「わかる」」、「置き換えることで「わかる」』等といろいろある。
これらの心は、「情」、「知」、「意」とまとめることができる。
著者がもっとも力を入れ、また哲学者、言語学者ではカバーできない、脳の障害がもたらす言語使用の変容を踏まえた「言語」論であり、私も言語が共有化され、意味を持つ仕組みに興味があるので、この部分は重要だ。
上記のまとめはまとめとも言えない乱暴なものだが、非常に「分かりやすく」かつ重要なので、今後も言語論も含めて、「まとめ」、考察を充実させていきたい。

イラストで学ぶ 認知科学-「認知科学」の入口


その上で、例えば「イラストで学ぶ 認知科学:北原義典」の項目を見ると、 感覚、知覚・認知、記憶、注意、知識、考えること(問題解決、意思決定、推論)、言語等々、まさにヘーゲルの「精神現象学」が乏しい手掛かりで追及しようとした(だろう)こと、山鳥さんが脳医学を踏まえて追究しようとしたことが網羅されている。この本は、イラストといっても、心的現象と脳の部位との関係図や、論じられている問題について整理されたカラー図表等が掲載されていてとてもわかりやすい。ただ、「意識の経験」を体系的に論じようとしたものではないが、山鳥さんの所論と重ね合わせて読み進めると、面白し、AI論への入口にもなる。

詳細目次

「「わかる」とはどういうことか」と、「「イラストで学ぶ 認知科学」の詳細目次を掲載しておく。

IT・AI・DX,個人の問題解決,日々雑感

音声入力は十分に実用的になった

スマホ等での音声入力

私はキーボード入力をする時、どうしても画面を見てしまうし、ミスタッチも多いので、昔から音声入力にひかれていた(改めてブラインドタッチをマスターしようとしてもなかなかうまくいかない)。これまでも音声入力のソフトは色々あったが、変換精度に劣るし、いろいろと使いにくくて、実用的ではなかった。
しかし4、5年前から、AI技術が導入されてこれが実用的になったことを感じさせることが色々とあり、野口 悠紀雄さんの「話すだけで書ける究極の文章法 人工知能が助けてくれる!」を読んでもその感を強くしていたが、全ての長文の入力を「スマホ+google document」ですることには、慣れて使いこなすのに若干の学習が必要だし、面倒くさいこともあって、やはり抵抗があった。忘れていたが、その頃「音声入力で文章を作成する(暫定版)」、「Googleのシステムを利用して仕事をする」という記事を作成していた。
その後も、wordに音声入力機能が装備されたり、googleの音声変換機能を用いたソフトも開発されたが(これらは主としてパソコン)、パソコンを前にするある限定された場面でしか入力出来ないことから、時折利用はするが、全面的にという気にはならなかった

AutoMemo(オートメモ)というツール

しかし、今回、ポケトークを販売しているソースネクストから、AutoMemo(オートメモ)という新しいツール(録音した音声ファイルを自動でテキスト化できるボイスレコーダー。本体サイズ約130×41×12mm(高さ 幅 厚さ)、本体重量約86g。大きさとしては適当で十分に軽い。)が販売された。テキスト化は、録音したデータをクラウドに送り 、そこでテキスト化されたデータをスマホ(タブレット)で音声と共に利用することができる。同時にメールを設定をすれば(例えばGmail)、そこにテキストが送付されるのでパソコンで加工できる(こちらが本筋だろう。)。通信には、Wi-Fiの設定が必要である。

変換精度はgoogleと共に進化するし、使い心地は悪くない。AUTO MEMO(オートメモ)の録音を停止し(送信し)てから、スマホにデータが来るのは、瞬時というわけではないが、そんなに時間はかからない。もっとも長時間録音したものを一回で送信すればある程度時間は係るだろう(適宜、録音を停止しながら送信するのがいい。)なおGoogle を使うから、句読点は入力されない。

私は長文の文書作成がメインだから、「十分に実用的」と評価できるが、対話や会議の録音の文字起こしは、入力する音声の質、入力状態の問題があるから、どこまで実用的かは、少し情報を集めて判断いただくしかない。

機械本体の使い方の説明が不親切である

このツールを使うについての、Wi-Fiの設定とかアプリのインストール、その設定等についての説明は問題ないのだが、機械本体の使い方の説明が(多分)見当たらず、不親切である。

オートメモ


①機械本体について、最初起動させるときにどのくらいの時間右横の電源ボタンを押すのか(2、3秒)、押すとどういう状態になるのか(丸枠の外側が光って右にくるくる回り最後に外側が丸く光る(写真の状態。電源下のボタンが緑につく)→これで電源が入った。
②録音を開始するのは、真ん中を丸(うっすらと見える)を押すと外側が少し光って右に回り、真ん中の丸が光る→これで上側のマイクにしゃべればいい。
③録音を停止するには真ん中の丸を押すと丸が点滅し外側が丸く光る→これで録音が停止した。
④電源を切るには、右横の電源ボタンを少し長めに(3、4秒)押すと、丸枠の外側が光って左にくるくる回り光が消える。

ボタンの感度が良くない状況もあるので、操作がわからないままボタンを押し続けると、暴走して光ったまま反応しなくなる。私はこういう時の定番である電源ボタンを長時間(数十秒)押すことで電源が切れ、再起動することができた。ただこれに一般性があるかどうかは分からない。機械本体の操作やそれに応じた機械の状態についての説明が見当たらないのは不親切極まりない。

なお連続録音時間は、5.5時間、電源が入った状態で待機できる時間は65時間(充電は150分)との記載がある。だから録音の開始、停止はその都度やった方がいいだろうが、電源のON、OFFはさほど気にする必要はないだろう。

AUTO MEMO(オートメモ)の音声入力を何に使うのか

アイデアや長文の入力と、日記やTO DOの入力

野口 悠紀雄さんには上記の「話すだけで書ける究極の文章法」のほかに、最新作に「書くことについて」がある(詳細目次を後掲)。

これらは、スモホへの音声入力で、文書入力をほとんど全て賄うとして、その場合の「知的作業」の「生産性」を向上させる方法を論じているが、私は、アイデアや長文の入力はオートメモに特化させ(要はある程度の時間、入力のみに専心する。確かに野口さんがいうように、こうしてみると大したことを考えていないことを痛感するが、一方、考えることとは、文字言語に向き合うこととも言えるだろう。それは音声の入力後にたっぷりとやることになる。)、日記やTO DOの入力については、スマホのクラウドを利用したアプリへの文字入力でするのがよいと思う(私は日記である「Journey」を使っている)。短文は、仮想キーボードの方がやりやすいし、声が出しにくい環境でも使える。

今後の知的生産

野口さんの本は、出発点が多少違うこともあって、内容には異論もある。それは追々分析していこう。当面、私は最近使い始めた「 Paperpile 」の紹介をしようと思う。

英語はどうだろう

ところで、オートメモは多くの外国語にも対応しているというので、英語の文字起こしをしてみよう。ここでは、Great Courses Plusの「OUR NIGHT SKY」という講義の冒頭部分をオートメモで録音して実験してみた。音声は次に挿入する。本当は画像付き音声でやりたいのだが、自宅環境なので、それは後回しにしよう。

OUR NIGHT SKYの冒頭部分

Using both students and the general public to the wonders of the night sky Murphy previously taught at the Johns Hopkins University where you work closely with Nessa on it’s for ultraviolet spectroscopic Explorer mission.
Welcome to the course our night sky my motivation for creating.
This course comes from years of experience showing people the night sky truly skytours many people have told me that they would like to know more about constellations their mythology the stars in the interesting objects that they can see in the constellations in a pair of binoculars or a small telescope expresses a feeling shared by many people did not somebody teach me the constellation and make me at home in the starry Heavens which are always overhead in which I don’t have no to this day.
My goal is to introduce you to the beauty and wonder of the night sky in the give you a basic knowledge needed to feel more comfortable navigating the sky and by the end.
I hope that you will feel more at home in several respects, which will be combining throughout the course.
The first is I would like you to know the constellations and their mythology so that season after season when you see them in the skyBaby, you’re good friends.
I’d like you to be able to notice features that you can see with the naked eye right to a little bit about the relevant science and physics of cosmology and astronomy that you can see in our night sky.
Now after two lectures of introductory material on the sky and its motions, I’ll give you advice in the Third on using binoculars and telescopes in the fourth lecture will learn about the Motions of the sun and the moon in the sky.

どうだろうか。時々脱落したり、区切りがおかしかったりするが、まずまずではないだろうか。ところで外国語への対応は、アプリの端末設定の言語設定でするのだが、日本語のまま送信すると「分かんない、バカみたい」とか表示されるが、英語に設定し直すと英語へのテキスト化をし直す、ただしメールは再度は来ないようなので、テキスト化されたものをアプリから別のエディター等に貼り付ければ良い(上記もそれだ。)。この場合、時間の使用は多分ダブるのだろう(最初から英語に設定すればいいはずだが、ある環境では事後的にしか英語に設定できなかったので、そう言うことが起こると、長時間のテキスト化をする場合は、問題となる。)。ところで、オートメモをきちんと使う場合は、毎月1時間の無料コースでは、話しにならない。月30時間か、10時間毎(ただし翌月への繰り越し可能)で、約1000円の利用料を払うコースに加入することになろう。

詳細目次 書くことについて