「ヒトの生活と行動」に関する問題を解決する

「ヒトの生活と行動」に関する問題を解決するとは,人々が健康で充実した(家族)生活を送り,価値ある行動(文化や仕事等)を実行・創造することの支障を解き放つことである。ここには多様な問題が含まれる。
この項目を,「人類・人体」,「生活」,「行動」に分類し,更にそれぞれの項目を細分類して検討する。まずこの3項目の内容について概観する。

ところで「ヒトの生活と行動」の問題は,進化論(生殖,生存に有利な形質が自然選択される)を基礎において,その変容過程として考えるべきである。ただし「ヒトの生活と行動」の根底に,性と食があるとしても,ヒトはいつもそれに振り回されているわけではない。ヒトは,進化の過程で偶然獲得した「こころ」,「推論」を動員して,健康で充実した(家族)生活を求め,多様な行動である「つながり」,「文化」,「仕事」,「新しいこと」を求め,問題解決と創造に立ち向かっているのである。

「人類・人体」,「生活」,「行動」

人類・人体

「ヒトの生活と行動」の前提となる,ヒトが類人猿から分岐し,どのような過程を経て火,こころ,言語等々を獲得し,農業革命を経て,文字,道具を駆使する文明を作り上げたのかという「人類」史,及びヒトが生活・行動する基盤となるハードウエア・ソフトウエアである「人体」とはどのようなものかを取り上げて検討しよう。ここでは,というよりヒトに関する考察の全体を通じて,人類の「進化的適応」という観点はとても重要である。

生活:健康と家族

主題である「ヒトの生活」の内容を,「生活:健康と家族」とした。
そして「健康」について,その総論にあたる「健康と病気」を検討し,各論として健康であるために実行すべき「食動考休」,及びそのような中で誰もが迎える「老」を検討する。
「健康と病気」について理解することは重要ではあるが,これを取り上げると細部に振り回される傾向がある。絶えず「進化的適応」という観点からとらえ直すようにしたいと考えている。
私たちが日常的に実行するもっとも重要な課題は「食動考休」であるが,現代の「食動考休」は,狩猟採集生活時代のそれから大きく変容し,危機的状況を迎えている。「食動考休」を考える場合,その変容を視野に入れることが重要である。「老」は,早めに対応を考えるのが大事そうだ。
また人の生活にとって「家族」が重要であることはいうまでもないが,現代の「家族」はこれまた危機的な問題をはらんでいる。

行動

次に「ヒトの行動」を,「総論」と「行動各論」に分け,「総論」では,「「こころ」と行動の基礎」,「行動論」,「習慣」等を検討する。
「行動各論」は,暫定的ではあるが,「つながり」,「文化」,「仕事」,「学習と趣味-新しいことを身につける」に分けて検討しよう。
「行動」を検討する目的は,人の行動の変革によって,個人の問題のみならず,政府,企業,環境,世界の問題を解決することにある。目標は大きい。

「ヒトの生活と行動」各論

以下,「ヒトの生活と行動」について,具体的に検討していくが,今のところ(2019年10月)この項目の記述のスタイルは統一されていない。最低限,その項目についての若干の<コメント>に加え,<検討すべき何冊かの本>を取り上げ,すでに私が作成した<この項目に関係する記事>があれば,その記事にリンクさせる。

人類・人体

人類

<コメント>

ヒトが類人猿から分岐し,どのような過程を経て火,こころ,言語等々を獲得し,農業革命を経て,文字,道具を駆使する文明を作り上げたのかという「人類」史を取り上げる。農業革命以後の展開は,主に「世界」の「歴史」で取り上げる。またヒトの「「こころ」と行動の基礎」については,「行動」の「総論」で検討する。

<検討すべき何冊かの本>

この項目については,次々と面白い本が出ていて,ともすると迷路をさまようような気にさえなる。

  • 「サピエンス異変-新たな時代「人新世」の衝撃」(著者:ヴァイバー・クリガン=リード)(Amazonにリンク
  • 「サピエンス全史 上下 -文明の構造と人類の幸福」(著者:ユヴァル・ノア・ハラリ)(Amazonにリンク
  • 「心の進化を解明する-バクテリアからバッハへ―」(著者:ダニエル・C・デネット)(Amazonにリンク
  • 「タコの心身問題-頭足類から考える意識の起源」(著者:ピーター・ゴドフリー=スミス)(Amazonにリンク
  • 「進化の意外な順序-感情、意識、創造性と文化の起源」(著者:アントニオ・ダマシオ)(Amazonにリンク

<この項目に関連する記事>

すこし前になるが,人類史については「人類史という視点」という記事を作成したことがあるので,ここではまずそれを紹介しておく。

この記事では次の4冊を紹介しておいた。

  • 「繁栄-明日を切り拓くための人類10万年史」(The Rational Optimist:How prosperity evolves by Matt Ridley)(Amazonにリンク
  • 「銃・病原菌・鉄-1万2000年にわたる「人類史の謎」」(GUNS,CERMS,AND ATEEL:The Fates of Human Societies by Jared Diamond)(Amazonにリンク
  • 「グローバリゼーション-人類5万年のドラマ」(Bound Together:How Traders, Preachers, Adventurers, and Warriors Shaped Globalization by Nayan Chanda)(Amazonにリンク上巻)(Amazonにリンク下巻
  • 「殺人ザルはいかにして経済に目覚めたか?」(THE COMPANY OF STRANGERS:A Natural History of Economic Life by Paul Seabright)(Amazonにリンク 

人体

<コメント>

ヒトの生活と行動の基盤となるハードウエア・ソフトウエアである「人体」はどのようなものかという問題である。理解するためには,前提となる科学的な知識を要する本もある。「「こころ」と行動の基礎」については,「行動」の「総論」で検討する。

<検討すべき何冊かの本>

  • 「人体600万年史 科学が明かす進化・健康・疾病 上下」(著者:ダニエル・E・リーバーマン)(Amazonにリンク上巻)(Amazonにリンク下巻
  • 「人体はこうしてつくられる―ひとつの細胞から始まったわたしたち」(著者:ジェイミー・A・デイヴィス)(Amazonにリンク
  • 「新しい人体の教科書 上下」(著者:山科 正平)(Amazonにリンク
  • 「「代謝」がわかれば身体がわかる」(著者;大平万里)(Amazonにリンク

を挙げておこう。

<この項目に関連する記事>

未作成

生活:健康と家族

「健康」について,その総論にあたる「健康と病気」を検討し,各論として健康であるために実行すべき「食動考休」,及びそのような中で誰もが迎える「老」を検討する。次に「家族」について,簡単に触れる。

健康

健康と病気

<コメント>

健康と病気についての全貌を理解するためには,健康・医療に関わる本や資料を十分に読み込み検討する必要があるが,私は一時期「健康アプリ」を作成しようとして,ある程度関連する本を読み込んだことがあるので,順次整理していきたい。

<検討すべき何冊かの本>

次のような本を検討すると,参考になるであろう。

  • 「健康・老化・寿命-人といのちの文化誌」(著者:黒木登志夫)(Amazonにリンク
  • 「果糖中毒-19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか?」 (著者:ロバート・H・ラスティグ )(Amazonにリンク
  • 「一流の頭脳(」著者:アンダース・ハンセン)(Amazonにリンク
  • 「最強の健康法【ベスト・パフォーマンス編】 / 世界レベルの名医の「本音」を全部まとめてみた」(著者:ムーギー・キム)(Amazonにリンク
  • 「最強の健康法 【病気にならない最先端科学編】世界レベルの名医の「本音」を全部まとめてみた」( 著者:ムーギー・キム)(Amazonにリンク
  • 「ジエンド・オブ・イルネス」(著者:デイビッド B エイガス)(Amazonにリンク
  • 「元気で長生きするための、とても簡単な習慣」(著者:デイビッド B エイガス)(Amazonにリンク
  • 「人間と動物の病気を一緒にみる: 医療を変える汎動物学の発想」(著者:バーバラ・N・ホロウィッツ他)(Amazonにリンク
  • 「進化から見た病気-「ダーウィン医学」のすすめ」(著者: 栃内新)(Amazonにリンク
  • 「ペンタゴン式 目標達成の技術 一生へこたれない自分をつくる」(著者:カイゾン・コーテ)(Amazonにリンク

<この項目に関連する記事>

いまのところ,

食動考休

健康であるためには,毎日の食動考休を適切に実行する必要がある。ここでなすべきことは,「健康になりたい」という「思い」を,できるだけ容易に「実現できる」スキームを創りだすことであるが,その内容を具体化するにあたって,科学的でなければならない。
以下,食動考休に分けて検討するが,食動考休の全体に<関連する記事>として次の記事を挙げておく。作成時にはまだ「休」が含まれていなかった。

食については,「多様なものを,新鮮なうちに(特に野菜・果実),腹八分で」,という以上になすべきことはないであろう。検討すべき本として,

「食事のせいで、死なないために[合本版]」(著者:マイケル・グレガー)(Amazonにリンク

を挙げておこう。

動(運動)は,有酸素運動(エアロビクス),筋肉トレーニング,ストレッチを万遍なくこなすことだが,これではやりきれないので,簡易な運動+ウオーキング・ランニング,あるいは「多動」でもいいだろう。私は,スポーツクラブのジャグジーの「水中歩行」はほぼ定期的に行ってきた。今は,朝のスロージョギングに挑んでおり,そろそろ習慣として定着しそうだ。これについて,

「スロージョギングで人生が変わる」を読む」を紹介した。

これがつらい人,つらい時期,あるいは体調をよくしたいときは,次項の簡易ヨガがいいだろう。

考は後回しにして,休を考える。休は,体の弛緩,瞑想及び睡眠である。これらに一番いいのは,簡易なヨガだと思う。山田いずみさんの「椅子ヨガ」(NHK まる得マガジン 誰でも椅子ヨガ いつでもどこでも体をリセット 2018年 4月/5月 )(Amazonにリンク)や,崎田ミナさんも「ずぼらヨガ」(自律神経どこでもリセット!  ずぼらヨガ)(Amazonにリンク)がいい。しかしこれも面倒になってきたので,追って,もっと簡単で私でも実行できる「ストレッチ」を紹介しよう。

考は,様々な分野の基礎となることだからとても重要であるし,その範囲は,広狭様々に設定できる。

最初はここにいろいろと盛り込もうと思っていたのだが,人の食動考休というレベルで考えた場合,文字(発明から五千年,読む習慣が生まれて数百年)を前提とする「考」をここに入れることは不適切で,動と休に挟まれた「考」,すなわち,文字誕生以前の「脳」の機能に関連する日常生活の動と運動,瞑想等をここに入れ,文字を前提とする「考」は「行動各論」の「学習と趣味-新しいことを身に付ける」で検討することにした。

ただ「脳」については,いろいろなところで問題になるので当然重なるし,どういう観点から何を取り上げるかについて整理できていないので,当面ということで次の本を挙げておこう。

  • 「こころ」はいかにして生まれるのか 最新脳科学で解き明かす「情動」」(著者:櫻井 武)(Amazonにリンク
  • 「脳・心・人工知能-数理で脳を解き明かす」(著者:甘利俊一)(Amazonにリンク
  • 「脳の誕生-発生・発達・進化の謎を解く 」(著者:大隅典子)(Amazonにリンク
  • 「一流の頭脳 」(著者;アンダース・ハンセン)(Amazonにリンク
  • 「脳が冴える15の習慣-記憶・集中・思考力を高める」(著者:築山 節)(Amazonにリンク
  • 「バカはなおせる 脳を鍛える習慣、悪くする習慣」(著者:久保田 競)(Amazonにリンク
  • 「もっとバカはなおせる 最新脳科学で頭が良くなる、才能が目覚める、長生き健康になる」(著者:久保田 競)(Amazonにリンク
  • 「脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方」(著者:レイティ,ジョン J., ヘイガーマン,エリック)(Amazonにリンク
  • 「スマート・シンキング -記憶の質を高め、必要なときにとり出す思考の技術」(著者:アート・マークマン)(Amazonにリンク
  • 「ペンタゴン式 目標達成の技術 一生へこたれない自分をつくる」(著者:カイゾン・コーテ)(Amazonにリンク

誰もが避けることのできない老については,私も含め,ほとんどの人が老いを迎えて初めてじたばたするということが多い。これについては「老いに向かう日々」という記事を作成した。
あと,老いを迎える人にとって,大きなストレスとなる法律問題について,「高齢者の法律問題」という記事を早急に作成したい。

家族

家族についても,ほとんど手つかずだが,「社会学入門-社会とのかかわり方」(著者:筒井 淳也 , 前田 泰樹 )(Amazonにリンク)を挙げておく。内容は,「人と「社会」のかかわり方 /出生/学ぶ・教える/働く/結婚・家族/病い・老い/死/科学・学問 /「社会」と人とのかかわり方」という章立てたが,その中心にあるのは家族である。

また霊長類から「家族」を考察する「人類の社会性の進化」(著者:山極寿一)(Amazonにリンク)も興味深い。

「孫の力 誰もしたことのない観察の記録」(著者:島泰三)(Amazonにリンク)という本があって,「ニホンザルやアイアイの生態を研究してきた研究者が、その手法でみずからとその孫を観察した貴重な記録」とあるが,私には孫自慢の本に思える。私も含め,すべてのジジババが,孫自慢をするという生態は興味深い。

行動

「ヒトの行動」を,「総論」と「行動各論」に分け,「総論」では,「「こころ」と行動の基礎」,「行動論」,「習慣」等を検討する。
「行動各論」は,暫定的ではあるが,「つながり」,「文化」,「仕事」,「学習と趣味-新しいことを身につける」に分けて検討する。
「行動」を検討する目的は,人の行動の変革によって,個人の問題のみならず,政府,企業,環境,世界の問題を解決することにある。目標は大きい。

総論

<コメント>

人の行動は,習慣的なものか,そうではないか,そして,速い思考,遅い思考のどちらに基づくかに大別することができる。問題は,現状と目標のギャップを解消(問題解決)するために,遅い思考に基づいて,悪い習慣行動をよい方向に是正する,あるいはよい習慣行動や非習慣行動を実行することができるである。ただし,複雑な問題について,これを実行しようとしても,何がよい非習慣行動かはすぐには分からないし,実行に移す「報酬」が近いか,遠いかという問題もある。さらに,進化の過程で形成されてきた速い思考はある状況ではとても重要であるし,学習と訓練に基づく速い思考こそヒトの特質であるという指摘もある。

これだけでも,二重過程論,報酬系の問題,習慣行動,行動学等の知見が必要であることが分かり,しかもその関係はねじれている。

ただ頭を抱えても仕方がないので,遅い思考に基づいて何がよい非習慣行動が分からなければ,煩雑系,複雑系の問題と見做し,解決を専門家やAI等の推論機能に委ねる方向を考え,実行すること,遅い思考に基づいて悪い習慣行動をよい方向に是正するためには,行動分析学や報酬系の知見を利用すること,それが面倒であれば,エイヤッと実行することだろう。

「こころ」と行動の基礎

すべての問題の出発点であるといえる「「こころ」と行動の基礎」について次の7冊の本を紹介する記事を作成している。いずれも重要な本であるが,全体として整合性が取れているかといえば,疑問である。基礎に置くべきは2であろうか。

  1. 「入門! 進化生物学-ダーウィンからDNAが拓く新世界へ」(著者: 小原嘉明)
  2. 「「こころ」はいかにして生まれるのか」(著者:櫻井 武)
  3. 「哲学入門」(著者:戸田山和久)
  4. 「意思決定の心理学-脳とこころの傾向と対策」(著者:阿部修士)
  5. 「進化教育学入門 動物行動学から見た学習」(著者: 小林朋道)
  6. 「行動の基礎」(著者:小野 浩一)
  7. 「〔エッセンシャル版〕行動経済学」(著者:ミシェル バデリ)

行動論

行動論については,詳しく検討する必要がある。行動分析学,行動経済学,動物行動学,進化心理学等が対象となる。追ってにしよう。

習慣

日常生活において適切に行動するということは,要するに良い行動を習慣化し,悪い行動の習慣をなくすということである。「…学」ではなく,もう少しプラクティカルな観点から「習慣」を身に付けようとする試みも多い。この分野もいろいろな本がある。確かに「習慣」化するということは,難しいともいえるが,あまり問題を複雑にしない方がいいともいえる。

<検討すべき何冊かの本>

  • 「やり抜く人の9つの習慣 -コロンビア大学の成功の科学」(著者:ハイディ・グラント・ハルバーソン)(Amazonにリンク本の森の紹介
  • 「習慣の力-The Power of Habit」(著者:チャールズ・デュヒッグ)(Amazonにリンク
  • 「スマート・チェンジ-悪い習慣を良い習慣に作り変える5つの戦略」(著者:アート・マークマン)(Amazonにリンク
  • 「良い習慣、悪い習慣-世界No.1の心理学ブロガーが明かすあなたの行動を変えるための方法」(著者:ジェレミー・ディーン)(Amazonにリンク
  • 「自分を変える1つの習慣」(著者:ロリー・バーデン)(Amazonにリンク

行動各論

つながり

ここでは行動各論(文化・仕事等)の前提として,ネットも含め,人との「つながり」が何を創造するかを考えよう。取り急ぎ2冊だけ紹介する。追って紹介する。

<検討すべき何冊かの本>

  • 「つながり-社会的ネットワークの驚くべき力」(著者:ニコラス・A・クリスタキス他)(Amazonにリンク
  • 「経済は「予想外のつながり」で動く」(著者:著者:ポール・オームロッド)(Amazonにリンク

文化

文化をより詳細にいえば,「芸術・芸能・文化等」である。「宗教」も含めて良いだろう。ヒトの世界とのつながりの表現である。

私は若いころは,文学好きだった。古今の著名な小説はほとんど読んだだろう(百名山完登もそうだが,つぶすのが好きななのだ。)。日本では俳諧,石川淳,阿部昭が好きだった。しかしだんだん「物語」が耐えられなくなって,久しく読んでいないが,今ではどうだろう。そういえば,このサイトにはほとんど「文化」の記事はない。次くらいかな。追々(老い老い?)充実させよう。

仕事

ここで「仕事」とは,他人との分業による個人の価値創造を考えており,そのための知識・能力の獲得と生産性の向上を目指す活動とまとめることができよう。

とりあえず,「仕事論」と「PC・IT・AI技法」に分けて考えている「PC・IT・AI技法」は,別途作成投稿済みである。

「仕事論」は,追って紹介するが,「企業」の「経営」や「Project DX」の「デジタルと生産性」と重なる。

学習と趣味-新しいことを身につける

新しいことを身につけるための,方法総論,学習論,及び趣味論について検討しよう。

方法総論

行動が,その場限りではなく,新しい何かの形として身につくことはとても楽しい。多くの分野があるだろうが,その具体的な分野内容は追ってということにして,ここでは,その方法を論じた4冊の本を紹介しよう

<検討すべき何冊かの本>

  • 「上達の法則-効率のよい努力を科学する」(著者:岡本浩一)(Amazonにリンク
  • 「たいていのことは20時間で習得できる-忙しい人のための超速スキル獲得術」(著者:ジョシュ カウフマン)(Amazonにリンク
  • 「人工知能を超える」(著者:奈良潤)
  • 「上達の原則」(著者:北村勝朗)
学習論

学習論も,汗牛充棟だが,ここでは何点かを挙げよう。「Project DX」の「デジタルと生産性」とも重なる。

<検討すべき何冊かの本>

  • 「勉強法の科学-心理学から学習を探る」(著者:市川 伸一)(Amazonにリンク
  • 「Learn Better」(著者:アーリック・ボーザー)(Amazonにリンク
    • Learn Better: Mastering the Skills for Success in Life, Business, and School, or How to Become an Expert in Just About Anything by Ulrich Bose
  • 「脳が認める勉強法」(著者:ベネディクト・キャリー)(Amazonにリンク)
    • How We Learn: Throw out the rule book and unlock your brain’s potential by Benedict Carey
  • 「使える脳の鍛え方 成功する学習の科学」(著者:ピーター・ブラウン, ヘンリー・ローディガー, マーク・マクダニエル)(Amazonにリンク)
    • Make it stick by Peter C. Brown
  • 「リファクタリング・ウェットウェア -達人プログラマーの思考法と学習法 」(著者:Andy Hunt)(Amazonにリンク)
  • 「勉強の技術 すべての努力を成果に変える科学的学習の極意」(著者:児玉 光雄)(Amazonにリンク)
  • 「本を読む本」(著者:J・モーティマー・アドラー )(Amazonにリンク
  • 「読書の技法」(著者:佐藤 優)(Amazonにリンク
趣味論

<コメント>

改めて考えてみると,私はあまり趣味ががない。山に登り,温泉に入り,お酒を飲むのを無上の喜びとしていたが,それは趣味だったのだろうか。スロージョギングも気持ちはいいが,登山ほど面白いわけではない。今後は,本をきっちり読んで頭に入れることになるだろうか。あるいは弁護士業務AIを開発することになるだろうか。