ブログ山ある日々(すべて)

複雑な問題群

資本主義は持続可能な世界を実現出来るか-多角的に読む6冊の最初の2冊

MORE from LESS(モア・フロム・レス)  資本主義は脱物質化する (日本経済新聞出版) :アンドリュー・マカフィー デジタル化する新興国  先進国を超えるか、監視社会の到来か:伊藤亜聖 問題の所在を考える あたりまえのことだが,私たちは子や孫の世代においても「持続可能な世界」を,何とかして,作りあげなければならない。知恵なく気候変動等を放置すれば,人類の文明が大打撃を受け,子や孫の生存が危ういかも知れない。 ただこれは,資本主義以外にこれに代替する経済システムは見当たらないと...
日々雑感

「Picture This」にお金を使おう

「Picture This」という,植物の写真をとって判別するとても有用なアプリがある。 自分が名前を知りたい植物にピントを合わせて写真を撮ると,数秒から数十秒でその名前が表示され,併せてその植物の様々な情報が表示される。私は岸根公園にいったとき,そこにある樹木や花の名前が知りたくなり,スマホでざっと検索してこのアプリを知ってインストールし,バシバシ数十枚の写真を取ってそれぞれの名前を知り,帰りの道筋でもその作業は続いた。翌日は身の回りの植物を探査した。大満足だ。 もともと欧米系のアプリのよ...
日々雑感

忘れていたー:歳時記(ATOC辞書)

忘れていたーATOC辞書  俳句歳時記ほど,見ていて楽しく,かつ急激に退屈になっていくものはない。要するに本質的に辞書だからだ。  それを有効活用するための最適のツールと思われるのが,「角川俳句歳時記第四版 for ATOK」である。日本語入力をしながら,俳句とその背後に控える膨大な世界が楽しめる。 使い方  例えば,「ぼん」と入力して未確定なままで,Endキーを押すと,盆(盂蘭盆会)の解説と例句が出てくる。ついでに「きご」でEndキーを押すと,階層をおっていくことで,季語の一覧及びその...
IT・AI・DX

「デジタル情報とネット・ITをめぐる諸問題」への導入

デジタル情報とネット・ITをめぐる諸問題で何を検討するのか 情報とは 情報についての定義はいろいろあるが,社会学者の吉田民人は,①物質・エネルギーのパターンを「広義の情報」とし、②パターン同士が生物によって連合されて成立する「有意味な記号集合」を「狭義の情報」としたとされ,西垣通は,これに加えて,③人間社会に関連するもので、何らかの意味作用をともなう人為的・恣意的な〈記号〉で,〈認知〉〈指令〉〈評価〉という三つの機能をもつもの(西垣は,伝達,蓄積,処理を挙げる。),④更に日常的にはこの一部で...
個人の問題解決

秋の夜長に読もうこの10冊

夜長に読むこの10+2冊 よそに鳴る夜長の時計数へけり  杉田久女 孫娘の「けろけろ時計」の不規則に叫ぶ「実家にカエラセテいただきます」,「この部屋好きケロ」,「夢は自分で見つケロ?」との声を数えながら,秋の夜長に読むこの10冊を選んでみた。というより,今このWebに手を入れていて大分形ができてきたが,ずらずらと参考本を並べるのはそろそろおしまいにして,柱になる何十冊かの本をしっかり把握して発信していかなくてはならない状況になったと思うので,比較的最近入手して柱にしようと思っている本を10冊...
個人の問題解決

「BRAIN DRIVEN」を読む

BRAIN DRIVEN パフォーマンスが高まる脳の状態とは:青砥瑞人(Amazonにリンク) アクセス(周辺から中心へ) 「モチベーション」「ストレス」「クリエイティビティ」という三つのテーマ(問題解決)を,神経科学の新しい研究に基づいて細かく説明するという「スタンス」は絶賛したい。「報酬系」を論じる本が,ほとんど焦点が「拡散」するなかで,上記の問題を,脳の部分的な機能,神経伝達物質等から構成しようとする姿勢は正しいと思うし,その内容もそのような部分を抜き出して再構成すれば役立つ。 ただ...
組織の問題解決

個と集団-「集団と集合知の心理学」を読む

「企業」「政府」はヒトの集団である 「ヒトの生活と行動」では,もっぱら個人としてのヒトから見た「問題解決と創造」を取り上げたが,「企業」,「政府」はヒトの集団であり,集団の行動には,<個×人数>とは違う固有の問題(マイナス面もあればプラス面もある)があるだろう。 そこで「企業」「政府」を検討する(項目の内容を修正するのに)に先立って,「集団」固有の問題を検討することには,十分に意味があると思い至り,Kindle本を検索して,「集団と集合知の心理学」という本に巡り合った。 「集団と集合知の心...
個人の問題解決

健康について

この投稿記事は,固定頁のコンテンツ「問題解決と創造」,「ヒトの行動と生活」を見やすく整理するために,「健康」を,「ヒトの行動と生活」の下位項目に移転するに際し,投稿記事にしたものです。今後,固定記事の方が,修正されます。 検討すべき課題と構成 検討すべき課題も何も,誰にとっても「健康」は,最優先の問題である。 問題は,生老病死のうち,生老病であり,私たちが日常的に実行するもっとも重要な課題は生の「食動考休」である。そして生の延長ででも老死を迎える。しかし,多くの場合,生老に,病が絡む。 ...
個人の問題解決

思考について

この投稿記事は,固定頁のコンテンツ「問題解決と創造」,「ヒトの行動と生活」を見やすく整理するために,「思考」を,「ヒトの行動と生活」の下位項目に移転するに際し,投稿記事にしたものです。今後,固定記事の方が,修正されます。 検討すべき課題と構成 「思考」は,「行動」の一部であり,情動,記憶,知覚等と並んで,心的世界を構成する。思考は,「推論」,「問題解決」,「意思決定」で構成されるとされるが,(「教養としての認知科学」「考えることの科学」等),そのリジナルな出典は今のところ確認できていない。 ...
個人の問題解決

実行する

この投稿記事は,固定頁のコンテンツ「問題解決と創造」,「ヒトの行動と生活」を見やすく整理するために,「実行する」を,「ヒトの行動と生活」の下位項目に移転するに際し,投稿記事にしたものです。今後,固定記事の方が,修正されます。 検討すべき課題と構成 課題 ここで検討すべき課題は,自身の行動と思考を制御し,「目標を達成し依存から脱却する」にはどうするかということである。ここに至るまで,「生命・進化・生物」,「人類史と人体」,「人間科学」,「言語・論理・哲学・思想」を検討し,ヒトの「行動」と「思...
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました