DX Project の展開

DXの現状

DX(Digital Transformation)は,コンピュータ技術(AI,IT,IoT等)を利用して個人・組織・人工物の行動・振舞いを変革し,問題解決と生産性・創造性の向上に結びつける試みと定義することができる。もっともいわゆるバズワードで定まった定義はなく,これからも使われるかどうかは分からないと指摘されているが(「いまさら聞けないITの常識」(著者:岡嶋裕史),「デジタル」という視点からの整理は分かりやすく,当面利用されるだろう。
「デジタル」というのは以前から使用されていた用語であるが,なぜ今「デジタル」なのか。その理由として,ひとつは,コンピュータに関連する技術が進化し,デジタル情報の処理速度,容量が十二分に実用に耐える域に達したこと,これに対応して個人が使用する「スマホ」の能力が大幅に向上したこと,ディープラーニングを利用した技術(画像認識,将棋,碁等でゲームAI等)が画期的な変容を遂げたことが挙げられよう。ドイツのSAPは,デジタルの5大特長として「差分コストゼロ」,「無制限」,「時差ゼロ(リアルタイム)」,「記録・分析・予測」,「明細×組み合わせにおるパーソナライズ」を挙げ,ポイントは「ヒトではなく,電子を走らせろ。電子は疲れない」にあるとする(「Why Digital Matters?-“なぜ”デジタルなのか」)。
DXは,「デジタル化の中での企業の生き残りをかけた変革」という観点から取り上げられることが多いが,その基本は,一人一人の人間の行動(思考)を変革し,生活・仕事の問題解決と生産性・創造性の向上に結びつけるということであり,それを,主体を企業とし,対象をビジネスに応用することから,複雑な問題が生じる一方,大きな力にもなる。ただ開発者だけではなく,企業の一人一人が,程度の差はあれ,DXに取り組まないと,企業のDXが奏功しないのは,当然すぎるほど当然である。その意味でDXは,個人,開発者,企業のプロジェクトであり,DX Projectである。
それとは別に私は今,DXに関わるあるProjectに取り組んでいるので,それが具体化すればその情報も提供しよう。

DXを理解するポイント

現在,DXを推進・実現するための実に様々な提言,試みがなされている。これを見ていると,カオスに放り込まれ右往左往している「オシツオサレツ動物」の動きを見ているような面持ちとなる。
これからの考察にあたり,カオスに飲み込まれないために,私はDXについては次の3点がポイントであると考えている。現時点での私見である。
1点目は,DXの基本は個人の行動(思考)にあり,人間の行動(思考)がシステム1(速い思考)とシステム2(遅い思考)に大別されるとすれば,DXは,様々な問題を解決するために,システムの2の一部及び人にはそもそも不可能な論理的推論のうち数学で表現できる部分(要するに,人間では処理でない高速,大量の処理ができる部分)を利用しようとするものに過ぎず,しかも今現在進行中であり全く完成されたものではないものであることから,その限界を理解する必要があるだろうということである。逆にいえば,システム1,及びシステム2の行動及び自然言語による推論の大部分は,手付かずであり,依然として「教養」が活きる部分である。そのことが「AI讃美者」にはわかっていない。
2点目は,DXを推進するためには,一人一人が,自分の置かれているデジタル環境を把握し,これを改善して生活や仕事において使いこなす姿勢が必要だろうということである。家電のように黙ってスイッチを押せばいいというものではない。
3点目は,これまでのシステム開発(IT)において多発した紛争の原因を解明し,これを克服する思想が必要だということである。要件定義の重要性とアジャイル開発の関係をどう考えるべきか。さてうまく整理できるだろうか。
更に,上記したように「主体を企業とし,対象をビジネスに応用することから,複雑な問題が生じる」のであるが,これについては,「集中講義デジタル戦略 テクノロジーバトルのフレームワーク」(著者:根来 龍之)の整理が秀逸であるので,「DXの現在と社会の未来」で簡単に紹介したい。

DX Projectの構成

この「DX Project」という項目(メニュー)では,まず企業変革という観点から,「DXの現在と社会の未来」を考察し,これを「評論」レベルでなく,できるだけ具体的に理解するために「DXを支える技術」のポイントを概観する。更に,私の弁護士という職業固有のプロジェクトとして,「DX・AI・
IT法務」を取り上げる。
次に基本に返り,DXと個人の行動(思考)の問題を考察するが,知的生産術や労働生産性も含め「デジタルと生産性」を考察しよう。更にその一助となる「デジタルで学ぶ」を整理しておこう。
そしてDXの主たる舞台となる一方,現実社会へも功罪半ばする大きな影響を与えている「ネット上の諸問題」を検討する。
最後にデジタルに関し現在最も人々の関心を集めている「AIとは何か」を概観し,次いで,更にこれらを踏まえ,私自身の仕事について「AI時代の弁護士業務」という観点から整理して検討し,「AI資料」として情報提供しよう。