「ポストキャピタリズム」を読む

この記事は約6分で読めます。

(著者:ポール・メイソン)( Postcapitalism: A Guide to Our Future)

これからの仕事と生活を考える材料に満ちているが…

これからの私たちの仕事と生活を考えるために「ポストキャピタリズム」を紹介したい。著者は,イギリスのBBCの元キャスターで,ジャーナリストという人だそうだが,本書を読む限り非常に教養があり,かつ経済学やわが国では今はほとんど死に絶えた「マルクス主義」にも造詣が深く,鋭角的な議論をする人だ。その鎧の内側に,これからの仕事と生活を考える材料が満ちていると感じた。ITとAIへの道筋として紹介したい。ただ,本書の,構成や流れには難があり,どうしてここにこんなことを書いているんだろうと思う個所も多い。それと翻訳がおかしいせいだと思うが,何が書いてあるか推測するしかない個所も多い(ような気がする。原書を買って確認しようと思ったが,なぜか今,このKindle本が購入できない。)。

 

内容の要約

この本の内容について,著者自身が投稿した「日本人が知らない「プロジェクト・ゼロ」社会 英国人ジャーナリストが描く「資本主義」以後」という記事がある。

その冒頭に,

Ⅰ「機械や製品の製造コストはゼロ,労働時間も限りなくゼロへ」「生活必需品や公共サービスも無料」

Ⅱ「民営化から国有化へ」「公共インフラを低コストで提供し,単なる賃金上昇よりも公平な財の再分配へ」「ベーシックインカムで,劣悪な仕事は姿を消す」「並行通貨や時間銀行,協同組合,自己管理型のオンライン空間が出現」「経済活動に信用貸しや貨幣そのものが占める役割がずっと小さくなる」

Ⅲ(村本が追加すると)2050年の大問題は「エネルギーの枯渇,気候変動,高齢化,人口増加,移民である」。

と掲載されている(これは著者が作成に関与したかどうかは分からない。)。

しかしこういうまとめ方をしたのでは,本書の魅力は伝わらないだろう。

本書の出発点

本書の出発点は「情報」「知識」であり,「第5章 ポスト資本主義の予言者」で論じられていることは,現在の「情報」「知識」に係る事実,ないし当然に予測される「近未来像」である。少し内容を引用しよう。

筆者は,ドラッガーを持ち出す。「1993年,マネジメント研究の第一人者であるピーター・ドラッカーはこう書いた。「知識は数あるうちの1つに過ぎない資源でなく,何よりも不可欠な資源となった。このことが,『ポスト資本主義社会』をもたらし,社会構造を根底から変える。新たな社会的ダイナミクスを生み出し,新たな経済的ダイナミクスを引き起こす。そして新たな政治を作り出す」」。「当時80歳を過ぎ,経済学者ヨーゼフ・シュンペーターの弟子として最後の生き残りとなったドラッカーは,時代にやや先んじたが,その洞察は正しかった。」「ドラッカーの洞察は,それまで生産要素とされてきた「土地」,「労働」,「資本」よりも,「情報」が重要になった,という主張に基づいている。」。

「どうすれば知識の生産性を向上できるか。」について,「異なる知識分野をつなぎ合わせることで,既存知識の生産性を高める方法を大いに習得できる」ための「教育の改善」だ。「ところが,人類はより優れた解決策を考え出した。それは「ネットワーク」である。「ネットワーク」は集権的な計画やマネジメントグループの関与によって生まれたのではなく,系統化された情報経路や情報形式を利用する人たちの交流によって自然に生じた」。

「1990年に米国の経済学者ポール・ローマーは,近代経済学の重要な仮説の1つを崩して,情報資本主義の問いを主流の中に押し込んだ…ローマーは,技術革新は市場原理によって駆り立てられるため,それを経済成長にとって偶然な要因とか外的な要因として扱うのではなく,経済成長に内在する(「内生的」の)ものであると考えなくてはならない…技術革新そのものを,成長理論の中に据える必要がある…情報資本主義に特化した提案を考えついた。そして,技術変化を「原材料を混ぜ合わせるための説明書を改善したもの」とわざと簡単な言い方で定義した。モノとアイデアを切り離して考えた。」。

「新しい説明書を作成するコストが発生すれば,それ以上コストがかからないように,何度も繰り返して使える。新たに改善された説明書を作成すれば,固定費がかかるということだ」,「この簡単な作業,いわゆる「コピー・アンド・ペースト」こそが,彼の言う革命的な可能性なのだ」。

「200年もの間,経済分析の根本的なカテゴリーは,土地,労働,資本であったが,そうではなくなった。これは,人,アイデア,モノにより取って代わられたのだ。……よく知られた希少性の原則は,潤沢という重要な原則によって改良されていたのだった」。

「先見の明がある人とはジャーナリストのケヴィン・ケリー(<インターネット>の次に来るもの」や「テクニウム」の著者である。)のことだろう。彼は1997年にこう書いた。私たちの時代の大きな皮肉を挙げるとすれば,コンピュータの時代が終焉を迎えたことだろう。すでに独立したコンピュータによる成果はすべて得られている。確かにコンピュータは私たちの暮らしのスピードを少しだけ速くしたが,それもここまでだ。その一方で,今,最も将来性のあるテクノロジーが展開しようとしている。コンピュータ同士のコミュニケーションである。つまり,演算ではなくコンピュータとコンピュータ コンピュータをつなぐテクノロジーだ」。

ドラッガー,ポール・ローマー,ケヴィン・ケリー(「<インターネット.>の次にくるもの 未来を決める12の法則」,「テクニウム」の著者),さらには引用はしなかったが,「限界費用ゼロ社会」(著者:ジェレミー・リフキン)を持ち出しての議論は,適確だし,魅力的だ。

このあたりから目次は,「カオスの瀬戸際にまで近づく──ネットワーク経済と「限界費用ゼロ」/新たな生産様式?──オープンソースによる分散と協働/無料の経済学/一般的知性──誰が「知識の力」をコントロールするか/認知資本主義は第3の資本主義なのか──社会の工場化/ポスト資本主義の仮説/ネットワークと階層制との闘い」と続く。

ここらあたりまでを読むと冒頭の「機械や製品の製造コストはゼロ,労働時間も限りなくゼロへ」「生活必需品や公共サービスも無料」の意味合いがわかるだろう。

労働価値説の再興?

さらに著者は,このような「限界費用ゼロ」を説明するには「効用」より「労働価値説」の方が適切だとして,「【第6章】無料の機械に向けて」を展開する(「労働価値説」を再考する/労働が価値の源/数字による労働価値説/もっともな反論……/労働価値説の生産性/「未来の事物」を避けること/なぜそれが問題なのか……/カール・マルクスと情報機器/機械が考えるとき/混合経済での無料の機械/存在することが困難な情報資本主義)。

確かにマルクスが「「経済学批判要綱」の中に残した「機械についての断章」は,1858年に書かれたままお蔵入りしていたことを知ると,へーとも思うが,いまさら持ち出さなくてもいいのではと思ってしまう。労働価値説で説明するほうがわかりやすいといえばそうだが,これに飛びつく必要もないだろう。

2050年の大問題とその解決

上記したように,Ⅲ2050年の大問題が,「エネルギーの枯渇,気候変動,高齢化,人口増加,移民である」というのは,ごく常識的な見解であり,これを現在の資本主義政府の指導者がトップダウンで解決することは至難の業であり,ボトムアップ,試行錯誤で解決していくしかないだろう。

その上で上記Ⅰを踏まえ,Ⅱの「民営化から国有化へ」「公共インフラを低コストで提供し,単なる賃金上昇よりも公平な財の再分配へ」「ベーシックインカムで,劣悪な仕事は姿を消す」「並行通貨や時間銀行,協同組合,自己管理型のオンライン空間が出現」「経済活動に信用貸しや貨幣そのものが占める役割がずっと小さくなる」等があれこれなされていくだろうが,どれがうまくいくかはわからないがという流れでとらえるべきであろう。そしてⅡを考えるに当たっては,封建主義からの商業資本主義への移行,産業資本主義の展開,共産主義国家の実験,資本主義の隆盛と破綻,新自由主義の実験等を踏まえる必要があるとして,著者のその他の章の記述があると考えればいいであろう。

なお,「日本人が知らない「プロジェクト・ゼロ」社会 英国人ジャーナリストが描く「資本主義」以後」は,政治過程が重視され過ぎていて,私にはつまらない,著者が構え過ぎたのであろう。

 

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました