あれこれ進めたいが

おやおや

夏も過ぎ秋になってやっと「未来の法律事務所」を公開したが,今,世の中に「未来(みらい)法律事務所」がたくさんあるのに気が付き驚いている。作り始めのころに検索して(せいぜい3か月前だ),横浜の「みなとみらい」何とかと,東京にも少しあるということは分かっていたが,そのぐらいで大して気にもしていなかった。しかし,今検索してみると,日本中に「未来法律事務所」が多数あることが分かる。しかも,現実の事務所名そのものだから,検索上位に食い込むために資金投入や工夫もしており,当面,私の「未来の法律事務所」は浮上しそうにない。とにかく,しばらくは,未来の法のあり方と,「持続可能性」,「DX」をしっかり検討する地味な!!Webにしていこう。
さてあれこれ何を進めるか。

業務案内

業務案内の「新しい法律問題」には,最低限「ジュリスト」の特集で必要なものは,目を通し紹介したい。「ジュリスト 目次」の固定ページを追加した。
いま私が最も興味があるのは「DX・AI・IT」法務と,「高齢者の法律問題」だ。至急整備しよう。
「法を問題解決と創造に活かす」の,「法とルールの基礎理論」(立法論,裁判論)は,今一つ切り口が定まっていない。当面試行錯誤だろう。

その他

その他は,あっちに行ったり,こっちに行ったりの繰り返しだ。しばらくDXやAI,「持続可能性」やシステム思考関係の本を読み込んでいたが,投稿きていないので,整理して記事にしよう。
と思っている間に,「人工知能を超える人間の強みとは」(著者:奈良潤)から,直観論,学習論へ,最近の災害の多発は,「持続可能性」から気候変動論やエネルギー論に興味が移り,そして科学,技術論の「この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた」(The knowledge)を改めて思い出させた。
さて最近,一番思っていることは,学習は高速デジタルは不向きだ,ゆっくり手書きするのが,「急がば回れだ」ということだ。これとDXとの関係如何?