忘れていたー:歳時記(ATOC辞書)

2020-11-12

忘れていたーATOC辞書

 俳句歳時記ほど,見ていて楽しく,かつ急激に退屈になっていくものはない。要するに本質的に辞書だからだ。
 それを有効活用するための最適のツールと思われるのが,「角川俳句歳時記第四版 for ATOK」である。日本語入力をしながら,俳句とその背後に控える膨大な世界が楽しめる。

使い方

 例えば,「ぼん」と入力して未確定なままで,Endキーを押すと,盆(盂蘭盆会)の解説と例句が出てくる。ついでに「きご」でEndキーを押すと,階層をおっていくことで,季語の一覧及びその解説と例句を知ることが出来る。例えば,秋-生活-夜学で,「雨のバス夜学終へたる師弟のみ 肥田埜勝美」を得る。新酒であれば,「旅憂しと歯にしみにけり新走 宇田零雨」だ。
 もっとすごいのは,Tabキーを押すと,「ぼん」という用語を含む季語の解説と例句が(おそらく)すべて出てくる。Tabキーを押し続けると移動する。上から順番に,盆用意,盆東風等々。盆踊,盆荒等々。因みに,盆荒とは,盆波のことで,「盆波やいのちをきざむ崕づたひ 飯田蛇笏」という句を見つけることが出来る。
 しかし全体を見渡すためには,やはり本だ。「合本俳句歳時記第四版」((角川学芸出版)は,文庫本のサイズで1100ページあるが,驚くほど軽い。当然内容は,「角川俳句歳時記第四版 for ATOK」と同じだ。しかし前者の「参照」等について,後者はリンクをはってある。慣れれば後者は手放せない。

 もっとも忘れているうちに,「角川俳句歳時記」は第五版になってしまったが,ATOC連携辞書は第四版のままだ。あんまり関係ないか。

年立つやもとの愚がまた愚にかへる 一茶

私は最近ATOCを新しくしたので上記の操作で大辞林4.0も出てくる。辞書分限者だ。

 

新着記事

企業集団における内部統制制度

序論 内部統制制度は子会社には重荷のことが多い 上場企業と連結計算書類を作成して ...

精神現象学から認知科学へ

ヘーゲルは分からない ヘーゲルの法哲学,歴史哲学,あるいは論理学等は,読んでいて ...

法とルールの基礎理論Ⅱ 方法としての哲学

方法としての哲学 実定法学から「法とルール」を眺める場合,「哲学」は役に立たない ...

法とルールの基礎理論Ⅰ ルール論(暫定版)

取り上げる基本書 ルールズ・オブ・プレイ ゲームデザインの基礎 :ケイティ・サレ ...

年賀状(2021年)

謹んで新春のおよろこびを申し上げます。  皆様方にとってこの一年が希望に満ちた年 ...