IT・AI・DX,日々雑感

再開

2014年もいよいよ季節は冬だ。

ほぼ2年前に小沢事件が終わって,それからはこのHPも,弁護士業務として行うはずの,かねてから懸案の「国際医療搬送」(エアアンビュランス)の事業内容の検討や法的なシステム作り(もっともこれは,さわりしか公開できないが),そして事業が稼働し始めればその実際の運営状況の中で見聞きし考えることを同時進行的に書き繋ぎ,それにプラスアルファしていけば,十分なものになると安心していたら,なかなか事業が開始できず,結局,全く更新しないまま,あっという間に2年が経ってしまった。

今年の8月末にはこの事業のために私も「羽田空港1-11-1」に移転したが,なお若干の足踏み状態にあるので,HPを再開する機会を逸したまま(というより面倒だからか),今日になってしまった。実際,HP作りの技術的なことも忘れてしまったが,追々思い出していくだろう。

ついでに構成も変えてしまおう。

本を読む

私が好きなことは,山歩きと,お酒と,本を読むことだが(あれ,仕事が入っていない?いや,あくまで趣味を並べただけだ。),お酒を飲むと(飲み過ぎると)最近は体調が最悪になってしまうので少し遠ざかっているし,山歩きも楽しいのだけれど,ここ2,3年は近場や低い山を時々歩くだけで,「山男」とは言いづらくなってしまった。

残るは「本を読むこと」だが,面倒くさがりなので記録をとらないでいると,読んでいる時は楽しいのだが,読み終わってみるとほとんど頭に残っていないし(血肉化しているとも,いえないなあ。)もっと問題なのは,少したつとその本を読んだことさえ忘れてしまうことだ。それで何度もノートに記録をとろうとしたし,このHPだってやがて壮大な本の伽藍におなるはずだったが,あれれ。

ということで,「国際医療搬送」の進展はさておき,私も暦をひっくり返す年齢となったので,できることだけやろうと考えて再出発。読んだ(目を通した,あるいは枕元に積んだ,買った,KINDLE本だとクリックした)本の名前ぐらい記録しよう。

何を読みたいのか

世の中には,長い年月を経て生き残った古典を読むべきだという考えがあって,それももっともだと思うが,私はだいぶ前に死んだ親父譲りの「新しもの好き」なので,古いものはちょっということに加え,今「科学」はとんでもない発見の時代を迎えつつあるようなので,これを逃す手はないということで,新しい「科学もの」を読んで,私の何かに生かしたい(もし可能なら外の人の参考になれば)というが率直なところである。

私が読みたい本は,4分野ぐらいに分けることができる。

まず生物としての人類史を踏まえた上で「価値」創造とは何かにつながる分野である。700万年前,250万年前,20万年前,7万年前,1万2000年前が「有史」以前の画期であり,あとは文明史である。社会経済史でもあるし,開発経済,開発法学も含めたい。

ふたつめは,やはり生物としての人類史を踏まえた上での「道徳」,「ルール」,「法」,「国家」とは何で,これからどうあるべきかという分野である。特に,「法」についてはまともな科学的,原理的な考察なく,乱造されているというのが私の認識である。

みっつめは,進化論や最新の化学的な解明に基づく「心身論」である。生命論も含むだろう。私はこの分野で,スマホ,タブレットのアプリの内容を開発する(というとオーバーだが,問題を整理する)仕事をしたいと考えている。

最後に,これらの方法論,簡単にいえば意識,言語,論理等を含む科学哲学である。

あと,宇宙とは,物質とは等の分野も面白いと思うが,さすがに届かないかな。

どうやって読むか

これらの本には,もちろん日本語で書かれた分かりやすい本もあるが(特に「科学哲学」は,「哲学入門」(戸井田和久,ちくま新書),「理系人に役立つ科学哲学」(森田邦久,化学同人),「心の哲学入門」(金杉武司,勁草書房)等から読み始めるのが良さそうだ。),その他の分野は,英文で書かれた本の翻訳,場合によっては原文で読むのがよさそうに思う。翻訳されると,3000円~5000円くらいする本が,KINDLE本では,1000円くらいのものが多い(円安で少し高くなっているが)。そしてAUDIBLE(朗読)があるものは,KINDLE本を先に買うと,300円から500円になるものも多く,「収集」の観点からは,何かとても豊になった気がする。

ということで,私が2年前に買ったKINDLEには,半分以上は日本語の本だが,英語の本も数百冊,合計1300冊の本が入っており,AUDIBLEも200冊以上ある。

さあ,あとは飛ぶだけだ,いや読むだけだ。

英語,英語,英語・・・さあ,アメリカ帝国,イギリス帝国の中に突入しよう。

IT・AI・DX

入手

12月18日,日本で始めてKindle Fire HDが出荷され,私のところにも送られてきた。これを夜な夜な(そして昼間も)いじっているが,最近,少し忙しくて使い込みは不十分だが,現時点での報告をしておこう。

Kindle Fireとは一体何者か

Kindle Fire HDは,基本的にはKindle本(Kindle Book)を読むためのリーダーであるが,本機のためののゲーム,アプリの利用,Amazonで購入した音楽の再生,ネットやメール,FACE BOOK等の利用等ができる7インチタブレットである。独自OSというが,基本はAndroidであろう。旧型Kindle Fireはアメリカで既に2年くらい(多分)の実績があるので,ゲーム,アプリもそこそこ使えるだろう。画面や音質の綺麗さは申し分がない。基本はリーダーだが,タブレットPCとしても十分価値がある。

アカウントの結合

アメリカのAmazonでKindleを買い,Kindle Book(電子ブック)を買っていた人は,アメリカのアカウントを日本のアカウントに統合することができる。要するに日本で買ったKindle Fire HDで,アメリカで買ったKindle Bookを読むことができるということだ。ただ両方のアカウントで既に購入した実績のある人の場合,アカウントの結合はAmazonに依頼して行うことになる(メールで依頼できる。)。

混乱

現時点でアカウントの結合,その他について,相当の混乱,システムのバグがある。考えただけでもこれは相当複雑な話なので,今の時点ではやむを得ないのかも知れない。

まずよく分からないのが,アカウントを結合しても「居住国の変更」という手続を日本のアカウントですると,アメリカのAmazonの商品をドル建て買えるということなのだが,そんなことをしなくても今までどおりアメリカのAmazonのアカウントでKindle Bookを購入しても,Kindle Fire HD本体のシステムで読めるようである(これは既にアメリカのAmazonでKindleを購入していたからかも知れない。日本のAmazonでは,Kindleを購入しなくても,アップルやAndoroidの機器でKindle本が読めるが,アメリカのAmazonでは,少なくても以前はそれはできなかった。)。ただ,アメリカで購入しているKindle版の雑誌,新聞は,Kindle Fire HD本体のシステムに送信されるのだが,メニューにはその表示が出てこない。

特に訳が分からないのが,Amazonが買収したAmazonの一部となっているAudibleという朗読音(オーディオブック)の扱いである。これについてもKindle Fire HD本体のシステムに送信されていてそれを聞くことができるが,メニューには出てこない。一方,Andoroid用と思われるAudibleアプリでも聞くことができる。それぞれから日本の購入サイト?やアメリカの購入サイトにも接続できるのだが,そこで購入できない場合もあり混乱がある。アカウントの結合後,アメリカで購入したオーディオブックはKindle Fire HD本体のシステムでは聞くことができないようである。またオーディオブックとKindle Bookが連動するはずのImmersion Readingという機能も,まだ利用できないようである。

その他Kindle本の購入にも小さなバグは沢山あって,今暫く混乱は続くだろう。ただ,利用上どうしようもないという自体は今のところ経験していない。別のルートを辿れば何とかなる。ただAudibleで3ドル程度の購入をするのに,現金の選択肢が出てこず,クレジット(十数ドル相当)が使われてしまったことには憮然としてしまった。

KIndle本の世界

Kindle本はまだ数万冊だが,今後爆発的に増大するだろう。実際にもあっという間に増えている印象であり「ファスト&スロー」,「新しい市場のつくりかた」,「読書の技法」,多くの文庫本,新書がKindle本になっている。

Kindle本は,デジタルブックだからKindle Fire HDを利用して通読するのが容易であること,語句について国語辞典,英和辞典で検索できること,ページや語句にデジタルで印をつけたりメモを記入したりすることができる等の特徴がある。ただせっかくデジタル情報なのだから,目次を利用して全体の要旨を作ったり,自由に感想を記入することができるような仕様にできないものかと思う(できるのかも知れないが今のところ分からない。)。そういう意味で今日購入した講談社現代新書が画像データであったのは,いかがかと思う,写真や図表の多い書籍をそうすることはやむを得ないと思うが,画像データでは,データの利用ができないし,量も大きくなりすぎる。他のリーダー用に提供されている商品を転用し,販売する書籍を増大させる戦略かも知れないが,これでは今後の活用を削ぐ。

いずれにせよ,Kindle Fire HDとKindle本の動向からは,目が離せない。

IT・AI・DX

Kindle本の出現

私が1ヶ月ほど沈黙している間(といえば格好がいいが更新をサボっている間)に,Kindle Paperwhiteの出荷が始まった。それに先立ち日本のAmazon(co.jp)でもKindle本の販売が始まった。私が注文したKindle Fire HDは,まだ出荷が始まっていない。Kindle本の世界は,まだその入口が少し姿を見せたに過ぎない状況である。

現状では日本のAmazonの日本語の本は圧倒的に少ない。青空文庫の無料本や漫画を含んで数万冊であろう。一方,洋書はアメリカのAmazon(com)に匹敵する百数十万冊が用意されている。この現状を見て決まり切った論評,即ち,日本語の本が少ないので云々ということはできる。しかし最初は,本の分野でもよちよち歩きで始まったAmazon商法は,今やとんどの商品分野で圧倒的な力を発揮しつつある。洋書の分野と同様,4,5年立てば,少なくても数十万冊を擁し,日本で先行した電子ブックを蹴落とすのではないかと思う。いや,共存,共栄というべきか。

Kindle本体がなくても,日本のAmazonで買ったKindle本は,IpadやAnoroidでも読めることが分かったので,私はKindle Fireを入手するまでの繋ぎとして,少し古いAnoroidでKindle本読んでいる。これはそれまでアメリカのAmazonで買った本を読むのに使っていたが,設定を変えると日本のAmazonの本を読むことができるようになった(恐らく,同時に両方は読めないのではないか。)。

ただ,Anoroidでは,解像度も,本を読む上でのいろいろな処理も今一である(といっても,無料で英和辞典も,国語辞典も使える。)。

Kindle本が開く地平

しかしそれにしても,Amazon(co.jp)で検索したKindle本が,日本語の本であれ,洋書であれ,すぐに読めるという体験は圧倒的な快感である。青空文庫もパソコンでは読む気がしないが,Anoroidでは十分に読める。当然,Kindle Fireでは,普通の読書体験になるだろう。河口慧海の「チベット旅行記」の何と面白いことか。多くはない日本語の本も,今まで読まなかった類の本に目を向けてみようと思えば,新鮮な本もある。

今の時点で何を読んでどんな歓びがあるか,Kindle本での読書は,読書の有り様をどう変えるのかは,稿を改めることにしよう。

なお,Amazon(com)で買った本も,Amazon(co.jp)で買った本も,アカウントを統一すれば,日本で買ったKindle Fireで読めるようだ。そして設定を変えれば,どちらのAmazonでも洋書を買えるようである(当然安い方で)。

一言でいえば,お酒を飲むのよりずっと楽しい世界が広がりつつある。