日々雑感

 

羽田空港から淡路町への移転の中での「かくも長き不在」

羽田空港の法律事務所を後にしたのが2月末。3月いっぱいは,移転したカクイ法律事務所での片付けと仕事の態勢づくりに追われ,さて4月になったので,これから新しいことに取り組もうと思っていたその第1日目である4月1日,中高時代の友人とイタリアンでこれからの人生について気炎をあげたその帰りの電車で,久しぶりに痛風の発作,しかも今までにない大発作に襲われてしまった。大きな痛みは3週間くらいで収まったものの,足や膝の小さな痛み,違和感は,2ヶ月くらい続いた。そこへ,膨大な時間を要する,某訴訟及び某市の議員サイドから依頼された条例作りの仕事が重なり,動きたくても動けない中での,実に悲惨な4月,5月となってしまった。

それでも少しずつ回復し,スポーツクラブのジャグジー(元は子供用プール)を歩くことから始め,土・日に散発的にしていた超超スロージョギングが再開できたのがつい10日前,でもまだ初心者コースであっても山歩きをする「勇気」はない(途中で,万が一歩けなくなると思うと…)。しかも痛みが取れてからも,思いどおりに動けない日が続いたので,体力そのものが落ちてしまい,筋トレもウォーキングもやる気がしない結果,直近の健康診断で,史上最高の,体重,腹囲を記録してしまった。早くもとの普通のメタボに戻りたい!

しかし徐々に事態は好転しつつある(に違いない。)。仕事は,もう大丈夫だ。山歩きも,もう少ししたらできるだろう。しかも,4歳になったばかりの最愛の孫娘から,最近「じいじは,すごい山に,どんどん登るんだって。」と言われたのだから,「山男大復活」しかない(こういう気負いが,よく「遭難」の原因となる。)。

これが今回のかくも長き不在の理由だ。でもよく考えると,WEB投稿の不在の理由にはならないような気がする

弁護士の仕事をしよう

3年前,羽田空港に法律事務所を設けたときは,以後は,ビジネスジェット機を利用した国際医療搬送事業の立ち上げに注力し,基本的にその範囲内で弁護士業務をしようと思っていたのだが,諸事情により「出発は遂に訪れず」。淡路町への事務所移転を契機に,新しい気持ちで弁護士業務に取り組む意気込みがわいてきたが,痛風で2ヶ月丸々頓挫したのは,上記のとおりである。

さて私が基本として取り組む仕事の分野は,会社法と行政法であり,応用分野として,知財法,IT・AI法,医事法,労働法,税法,環境法(含都市計画,廃棄物処理,FIT等),航空法等を視野に入れている(もちろん,普通の市民が遭遇する民事事件も,やります。)。

ここで正直に言うと,私はこれまで余り「法律」が好きでなかったので,国際医療搬送事業の立ち上げに関与しようと思ったのだが,この点は,淡路町に来て,大きく「転向」した。

その原因は,ひとつは,「法律」を「命令」というより承認による「ルール」だと考えると,法律自体の改革も視野に入れて,これを有効に利用,活用できるし,すべきだと今さらながら気がついたこと,もう一つは,某市の議員サイドから依頼された条例を一から書いて見て,法令の作成(立法)作業はなかなか面白いし,その適用を考えることは「ゲーム」だなと思ったことである。何と私は,深夜,スマホやタブレットの法令集で,今まで見たことも触ったこともない法令を読んで,その位置づけや意味を解析するのが誠に面白いと思うようになったのである。

要するに「法律」は,「ルール」に基づく「ゲーム」なのだ。

そうすると,今までできが悪くて見るのも嫌だと思っていた「会社法」や,どこに何が書いてあるのだか,膨大な法令の関係に途方に暮れていた「行政法」も,楽しくなってきた。その他の個別法も,解読するのが苦痛でなくなった。

ただ急いで言うと,今現在我が国で起案されつつある法令は,複雑で,非常に分かりにくいという傾向がどんどん加速されている。その原因であるが,ひとつは,「()書きの多用」によって,解読するのが極めて難解になっていること(起案する側からすると,勝手な指示ができる()書きは極めて便利である。),ふつめは,いくら長文(あるいは長文と短文の羅列)になろうと,「並びに,及び」,「又は,若しくは」を,法令執務に従って正確に表現しようとして日本語として見苦しくなっていること(これは慣れると,係り受け関係が分かりやすくなるが,文章を短くすればいいのである。),みっつめはもともとスッキリしていた法令に増改築を繰り返した結果,もとも構造が分からなくなってきていること等を指摘できる。

現在の複雑怪奇な法令の作成作業は,パソコンがあるからこそできるのであって,紙に鉛筆で書くのでは,到底できない。しかし,ヒトの「ルール」としては,紙に鉛筆で書いて作成できるぐらいの内容が,ちょうどよい。それ以上複雑になると,「評価」の基準にはなっても,日常生活で「履行」することは難しい。

私は,「ルール」に基づく「ゲーム」を,少しでも市民サイドに押し返すため,法律の平易化の方法を考え,提言していきたい。

これから

ヒトは,「生命」の進化の過程で生まれ,その「認知システム」を作り出したのも進化であり,さらにこれに乗っかっているヒトの特質ともいえる「言語」も同様である。「ルール」に基づく「ゲーム」を,演じているのはそういう(AIと対比される知能=認知システム,言語を有する)ヒトである。

私が4月1日からやろうとしていたのは,まさにそういう位置づけを持つヒトの「社会」の解析作業であったが,最近,「決断科学のすすめ」という本を入手した。これはまさに私がやろうとしていた作業の基礎的な部分のまとめを実に要領よくやってくれていて,びっくりだ。その内容の紹介は,別途するが,とにかく書名を上げておく。

もうひとつ,このようにかくも長き不在の後に言うのも何であるが,このWEBの「抜本的改革」をすることにした。要するに,Wordpress,comをWordpress,orgに移転しようと思うのだ。今後は多分,サーバーから始まって,愚痴の集積をお目にかけることになろう。できるかなあ。

 

日々雑感

弁護士 村本 道夫から

皆様におかれては、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

今般私は、カクイ法律事務所に参加させて頂くことになりました。同事務所を開設された石井邦尚弁護士(1999年弁護士登録)は、IT法務の最先端に位置する気鋭の弁護士であり、私も学ぶところ大の好青年(壮年?)です。

ところで私はここ6年余り、ビジネスジェット機を利用した国際医療搬送事業の立ち上げに主として法務面から力を尽くしてきましたが、事業をめぐって様々な暴風雨が吹き荒れ、島尾敏雄さんの小説になぞらえれば「出発は遂に訪れず」!

今後はこの経験,蓄積を活かし、通常の民事事件に加え、企業、行政、医療、航空等に関わる法務に「趣味」のAIと生命科学を視野に入れ、皆様のお役に立てる弁護士活動を行っていきたいと考えています。倍旧のご指導、ご鞭撻をお願い申し上げます。

弁護士 石井 邦尚から

この度、私どもの事務所に、村本道夫弁護士(1985年弁護士登録)に加わっていただくこととなりました。私は、村本弁護士とは、同じ案件を共同で受任したりする他、公職選挙法改正に関する研究提言、さらには家族での登山等々、10年以上前から公私にわたり様々な活動をご一緒させていただいてきました。今後はこれまで以上に協力して、より充実したリーガルサービスをご提供していく所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

カクイ法律事務所

〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2丁目4番 ユニオンビル4階

TEL:03-5298-2031  FAX:03-5298-2032

Web http://www.kakuilaw.jp/

日々雑感

因果関係論

私は今後いろいろな人と協力して健康管理システム(アプリ)を作っていきたいと思っているが,健康とか医学を検討する上で「原因と結果の因果関係論」が今とても気になっているので早急に整理したい。

問題は,例えば「煙草がガンの原因である」というような言説があり,常識的にはそのとおりだろうと思うが,因果関係と相関関係は違う,第3の介入要因の不存在が必要だというこれまたもっともな理由から,直ちに上記言説は間違いだとする<信じてはいけない「統計的に正しい」こと―あやしい健康情報やニセ科学にダマされない方法“>というような本もある。養老孟司さんもこの考えのようだ。

これに対して津田敏秀さんという疫学を擁護する医学者の人が<医学的根拠とは何か (岩波新書)“>や<医学と仮説――原因と結果の科学を考える (岩波科学ライブラリー)“>という本で,統計学を踏まえた疫学は科学的であり,医学者には,直感派,メカニズム派,数量化派(統計学,疫学派)があるが,前2者は全くダメだとする。上記の考えもダメだし,これらに乗っている裁判所の「因果関係」論も厳しく批判する

でも,統計学によって処理された結果について上記の考えはそれ自体はまともと思われるし,<未来予測を嗤え! (oneテーマ21)“>の中で神永正博さんは「統計学の回帰分析も,本当の説明変数は複雑な関係になっているかもしれないが,それを単純な式(多くは一次式)で表してみたというだけで,これで本質的に何が分かるかはかなり難しい問題で実際にはおまじないが進化したようなものかも知れない」 と述べる。疫学の科学性について,統計学それ自体の問題点や限界を踏まえた議論も必要だと思われる。特に私のような素人は,「でも絶対ではないでしょ!」と,どうしてもいいたくなる。

さらに,「メカニズム派」の遺伝情報を踏まえて原因を解明しようとするのがどうしてダメなのかもよくわからない。

今のところ,津田説は良さそうなのだけれども,その意味合いが私には十分からないし,言葉は威勢がよいが余り説得的ではないという感想さえ抱いた。

そこで客観的に検討するためには科学哲学の本を覗くのがよかろうと思って,森田邦久さんの「科学哲学講義 (ちくま新書) 」を覗いてみたが,そこでの推論や因果関係の議論は,言葉の水準が何となく空転し,どうも頭に入らない。

以上の次第で,とにかく現状では科学的な「原因と結果の因果関係論」は全く手探り状態なので,早急に整理したい。なお,法学での因果関係論は全く非科学的で児戯に等しいと思うが,常識的なだけに,残念ながら現状の津田説の構えだけでは今のところ突破出来ないような気がしている。

このWEBサイトの作成目的について

このWEBサイトの記事の作成にもだいぶ慣れてきた。特に本の整理が容易になってきたことで,私の頭の整理も進みそうだ。でもそれはあくまで私の個人的なレベルの問題に過ぎない。「マトリックス法律事務所」(当時)というWEBサイトを作り,「ブログ山ある日々」の記事を投稿するのは,私を理解していただいて,弁護士としての仕事を活性化するためだ。これまでは,WEBサイトを作成すること自体に振り回されていたが,これからは,このWEBサイトをその目的に適合させていこうと思う。

振り返ってみると,最初にWEBサイトを作ろうと思ったのは10年くらい前だし,そのときは弁護士としてサービサーの代表取締役という固定的な仕事をしていたので,どちらかというと「ホームページ」を作るのは趣味という乗りだった。その後は,小沢事件を経て,今取り組んでいる「国際医療帰省搬送事業」(エアーアンビュランス)で手一杯になるであろうと思っていたので,弁護士としての仕事についてそれ以上のことは考えなかった。だから,「ホームページ」のセンスも昔のままだ。

でも今は,「国際医療帰省搬送事業」がなかなか開始出来ないこと,また開始してもその事業の進展と共に多くの海外(日本)進出企業(及び個人)の法務や医療関係のトラブルに「予防的」「臨床的」に取り組むべきであるので,それをこなせる東京国際空港に所在するのにふさわしい「法律事務所」(弁護士法人)を作る必要があると思っている。

このWEBサイトも,それにつながる「マトリックス法律事務所」と私を理解してもらう「ブログ山ある日々」にしよう。そのためには,「ブログ山ある日々」は徐々に投稿記事を蓄積,整理していくしかないが,固定記事の「マトリックス法律事務所」については,その構成及び内容を速やかに考え直してみよう。

「マトリックス法律事務所」のキャッチフレーズは,次のようになるだろう。

「マトリックス法律事務所」は,東京国際空港から飛び立って世界を目指し,またここに降り立つ,世界で活躍する「企業と人」の法務支援をするための法律事務所です。また「国際医療帰省搬送事業」(エアアンビュランス事業)の法務支援も行います(これを書いたときは考えもしませんでしたが,「基本的人権を擁護し,社会正義を実現する」ことを使命とする弁護士が羽田空港の中に常駐して仕事をすると,それは「法律津事務所」の「営業」なので,「営業」についての承認,届出を定めた「空港管理規則」で規制できると考えている国交省の人がいました。弁護士の仕事は商法が定めている「営業」ではありませんし,弁護士法も別途「営業」をするときは弁護士会に届け出することになっています。そんな考え方は,私はおかしいと思っています。ただ議論して間違いであることが分かれば,いつでも改めます。)。

また英語か!