日々雑感

文字どおり日々の雑感を投稿する。もっとも頭に去来するすべての観念が日々の雑感であるとすれば、そこから、「山ある日々」と「法とビジネスの諸相」に関わる観念を控除した残り物ということもいえる。

「残り物には福あり」というから・・

でもあんまりつまらないことを追い求めても仕方ないから、暦と俳句の感覚に裏打ちされた自然観相もいいななどとも思う。そうはいっても一体どこにそんな自然があるというのだろう。

山ある日々,ブログ山ある日々(すべて)

「ブログ山ある日々」の始まり

「ブログ山ある日々」は、私の毎日のoff-the-job time(主として土日でしょうが)に起こった事柄を綴ります。

本家本元の山行や旅行関係の「山ある日々」、多少業務に絡むし今後ますます重要となるであろう「法とビジネスの諸相」、私が毎日出会う少しだけ面白いことや備忘録を集めた「日々雑感」、読んだり積んだりしている本を紹介する「本の森」です。

現状

上記のように始まりましたが、2020年10月時点では、カテゴリーは、弁護士業務に関係する「法とルール」、現代の「世界の複雑な問題群」を解決するための「問題解決と創造」、「IT・AI・DX」、日々の問題を綴る「日々雑感」、横断的な「本の森」に、編成し直されています。「山ある日々」は「日々雑感」に吸収されてしまいました。

なお、HOMEの下位メニューの「ブログ山ある日々」をクリックするとサイトマップにこれまでの全ての投稿記事がカテゴリー別に出てきます。なおWebに移行する前のブログ「山ある日々」(https://murachan.typepad.jp/blog/)が残っていて、そちらに当時の山行記事が少しでています。2010年1月の記事に「どうも気恥ずかしい報告ですが(と年賀状にも書いたのですが)、約8年かかって、百名山を完登することができました」とあります。そして、2009年4月4日に、次の記事がありました。

なぜ「山ある日々」なのか

 私は山好きである。山に登り始めたのは、多分、2002年。最初は、町中、それから郊外でウオーキングをし、やがておずおずと近場の低山に登り始めた。すべて見よう見まね。雨具を買って最初に箱根で着たときの決まり悪さを、今でも覚えている。それからとにかく熱中し、毎週山に行った。金曜日に職場にザックを担いで出勤し、そのまま山に向かったことも数え切れない。一時期、間違いなく、日本で一番頻繁に山に登っている弁護士であった。

 ほとんど一人で登り、冬山は、都岳連の雪山講習会に行って雪山の怖さがわかったので森林限界を越える雪山には行かず、メタボで運痴で岩山も出来ないことから、初中級のままの登山家である。つまり登山というより山歩きのレベルである。それでご多分に漏れず100名山ハンターとなり、一昨年までで95山登ったから、本当は去年で全部登るはずであった。しかし・・・。

  あなたの山での楽しみは?

   誰よりもたくさんビールを飲むこと。

 あなたの山での自慢は?

   山小屋の食事を誰よりも早く食べ終わること。

 かかる人の運命は?

   痛風。

 去年の痛風はひどかった。せっかくの夏山の時期を痛風に起因する体調不良でつぶしてしまった。

 古酒新酒遠くにありて病みにけり   石川桂郎

 結局、登った100名山は、奥穂高だけ。それ以来、酒も断ったが、体調がどうも・・・。

 残りは、笠、水晶、鹿島槍、塩見、今年は何とかなるだろう。

 いつからか、「山ある日々」というHPを作り、山に関する情報発信をしたいと思い続けてきたが、山好きのビール好きは、山に登ってビールを飲むことに専念し、ついにHPを作ることが出来なかった。しかし今回、仕事も含めてのHPを作りたいと一念発起し準備中なので、まずブログを「山ある日々」と名付けてはじめさせてもらったという次第である。

 来週あたりは、生藤山に桜でも見に行こうと思っているので(まだ早いかも)、山の報告も出来るだろう。

 そう私の心の中にはいつも山があるのである。それなのに私の職場の机の前に張っていた標語「毎日がエベレスト」はいつの間にかはがされてしまった。

本の森

「本の森」は、私が読んだor目を通したor買ったままになっている本から、現在取り組んでいることのために読み、あるいは好奇心、楽しみのために読んだ本の中から、備忘のために適当に選んで作成する、私自身のための主観的な資料集です。何かしないとその本を買ったことさえ忘れてしまうから!

一つの本を取り上げる「「・・」を読む」の外、ある分野の本んをまとめる「「・・の本」まとめ読み」も作成します。

紹介の仕方や記述について、どのようなスタイルが最も省力化できて、かつ有用かは、なお試行錯誤するしかないようです。ただAmazonとの連携は有用でしょう。

「本のタイプ」として、佐藤優さんの「読書の技法」が紹介する、②簡単に読むことができる本、③そこそこ時間がかかる本、⑤ものすごく時間がかかる本に、①必要なときに参照する本、④かなり時間がかかる本を加え、5分類にするのがよさそうです。

「読込度」は、M.J.アドラーの「本を読む本」に準じ、第2レベル「点検読書」を、「点読」と「通読」に、第3レベル「分析読書」を「精読」に、第4レベル「シントピカル読書」を「熟読」にし、さらに、それ以前の段階の「眺め読み」を加えるのが。適当だと思います。

最初は、本の紹介や評価に加えてこれも紹介しようと思ったのですが、煩雑ですね。本の紹介の仕方は、「適宜」がよさそうです。