「環境」の問題を解決する

「環境」は,人と組織が活動する場及びその対象であると共に,それ自体が活動する主体にもなるという位置付けだが,扱う領域は広大で様々な問題に関係すること,自然科学はどうも文科系の私の手に余ること等から,下手をするとここに埋没してしまう。私たちが考えるべきことは,人と組織の問題を解決するために,自然・人工物・情報をどのように把握,制御,利用するかであるが,人と組織の活動から自然(生態系)を保全するという問題もある。これは主として「持続可能な世界」で扱う。「自然」は「宇宙・地球・生命・生態系」に,「人工物」は,「人工物+テクノロジー」に,「情報」は,「情報+サイバー空間」に分けて検討する。

「環境:自然・人工物・情報」各論

概要

自然:宇宙・地球・生命・生態系

宇宙の誕生を出発点として,エネルギー,物質,情報と地球の誕生を考え(「宇宙・地球」),地球の誕生を出発点として,自然,生命,生態系,人類を考えよう(「生命・生態系」)。前者は,天文学,物理学,化学等がメインに,後者は,生物学(進化・遺伝学),人類学,医学等がメインになる。ただし,別途「自然科学」という項目に,「自然科学の方法」,「PC・IT・AI技法」,「複雑系科学」等を整理しよう。

人工物+テクノロジー

更にこれらの理解を基盤として,人はどのような科学技術(テクノロジー)によって「人工物」を作り上げてきたか,その課題は何か,今後テクノロジーは,コンピューター技術のもとでどのように発展するかという問題を,「人工物+テクノロジー」として考える。

情報+サイバー空間

情報は,「情報+サイバー空間」とし,「情報総論」,「情報法と判例」,「サイバー空間の病理と対応」で構成する。

「自然」と「人工物」

本来,これらの各分野及びそのつながりについて詳細な検討をすべきであるし,これまでに目を通した本も多いのであるが,これをまとめるのはすぐには手に余るので,まず,次の考察1では,最近目を通した基礎的な本を紹介し,考察2では,当面,この分野のごく一部であるが,私が特に好きで注目すべきだと思う本の一部について書名だけを挙げることとしたい。

なお「環境」と「世界」を俯瞰するのが「ビッグヒストリー」であるが,これは別途「システム思考とビッグヒストリー」で検討する(「138億年!!」参照)。

考察1-自然と人工物を知る

自然とテクノロジーを知るには,まず中学,高校レベルの「教科書」に目を通すのもよいが(ブルーバックスに「新しい高校の…教科書」シリーズ(Amazonにリンク)や,「発展コラム式中学の理科の教科書」シリーズ(Amazonにリンク)がある。),ここでは理科が苦手な大人向けに雑多な知識を集めたより読みやすい「入門書」を紹介する。

そのような本はたくさんあるだろうが,たまたま私が最近購入したというだけだが「もう一度学びたい科学」(Amazonにリンク)からはじめてみよう。PART.1の「科学の大原理・大法則」は何とか分かるかな。PART.2の「ニュースがわかる科学の基本」の「生命の科学」,「気象の科学」,「エネルギーと環境の科学」,「宇宙の科学」だけでは全く物足りない。

まず1点目に「化学」分野はまったく抜けているので,ここは私の本棚にあった「ぼくらは「化学」のおかげで生きている」(著者:齋藤勝裕)(Amazonにリンク)でカバーすることにしよう。実際私たちの生活では「物理」はテクノロジーとして商品に封じ込められているので商品の使用法さえ分かればよいことが多いが,私のような「化学音痴」は,身の回りの物質のこと,食品のこと,生物の体のこと等々,なかなか理解するのが困難だ。炭素と水素が分かればまあいいか。

2点目に生命の歴史もない。そこで「系統樹をさかのぼって見えてくる進化の歴史 僕たちの祖先を探す15億年の旅」」(著者:長谷川政美 )(Amazonにリンク)の写真と曼陀羅図を楽しもう。同書のホモサピエンス代表は,著者のお孫さんだ。もっとも,同書は,真正細菌,古細菌ドメインには触れられておらず,最初の分岐は「シャクナゲとヒトの共通祖先」からだ。それについては,「たたかう植物 仁義なき生存戦略 」(著者:稲垣栄洋)(Amazonにリンク)の「植物vs.病原菌」に「トコンドリアと共生した生物の一部が,次にシアノバクテリアと共生して葉緑体を手に入れた。こうして,ミトコンドリアのみを持つ動物と,ミトコンドリアに加えて葉緑体を持つ植物が誕生したのである」とあり,イメージしやすい。もっともこの本の内容は豊富であり,植物,いや生命を理解するためにぜひとも一読すべきであるので追って紹介しよう(ただ類書は多い。)。

3点目に「地球の歴史,自然」もまったく不十分だ。これについては「地球とは何か 人類の未来を切り開く地球科学」(著者:鎌田 浩毅)(Amazonにリンク)が,まだ速読しただけだが,網羅的でよさそうだ。ただ過去の地震歴から,」2020年から2030年にかけて「関東中央圏での直下型地震」,「南海トラフ巨大大地震」が起こる可能性があるとしていて衝撃的だが,どうなんだろう。もう少し読み込んでみよう。

さて,以上に加えて「眠れなくなるほど面白い図解物理の話」(著者:長澤 光晴)(Amazonにリンク) ,「眠れなくなるほど面白い図解科学の大理論」(著者:大宮 信光 )(Amazonにリンク) には,もう少し突っ込んだ内容が記述されており,これらに親しみ,科学全体を通観できれば,しろうと科学者の端くれになれよう(なおこのシリーズには,化学,生物,宇宙等もあるが,内容,レベルはまちまちのようだ。)。

考察2-自然と人工物の本あれこれ

(自然:宇宙・地球・生命・生態系)

  • 「137億年の物語~宇宙が始まってから今日までの全歴史」(著者:クリストファー・ ロイド)(Amazonにリンク
  • 「ドーキンス博士が教える「世界の秘密」」(著者:リチャード・ドーキンス)(Amazonにリンク
  • 「宇宙からいかにヒトは生まれたか-偶然と必然の138億年史」(著者:更科 功)(Amazonにリンク
  • 「宇宙が始まる前には何があったのか?」(著者:ローレンス・クラウス)(Amazonにリンク
  • 「偉大なる宇宙の物語-なぜ私たちはここにいるのか?」(著者:ローレンス・クラウス)(Amazonにリンク
  • 「情報と秩序-原子から経済までを動かす根本原理を求めて」(著者:セザー・ヒダルゴ)(Amazonにリンク)(Why Information Grows: The Evolution of Order, from Atoms to Economies by Cesar Hidalgo)
  • 「物理学は世界をどこまで解明できるか-真理を探求する科学全史」(著者:マルセロ・グライサー)(Amazonにリンク)(The Island of Knowledge: The Limits of Science and the Search for Meaning by Marcelo Gleiser)
  • 「炭素文明論-「元素の王者」が歴史を動かす」(著者:佐藤 健太郎)(Amazonにリンク
  • 「生物はなぜ誕生したのか-生命の起源と進化の最新科学」(著者:ピーター・ウォード)(Amazonにリンク
  • 「生命,エネルギー,進化」(著者:ニック・レーン)(Amazonにリンク

(人工物・テクノロジー)

  • 「50(フィフティ) いまの経済をつくったモノ」(著者:ティム・ハーフォード)(Amazonにリンク
  • 「世界をつくった6つの革命の物語-新・人類進化史」(著者:スティーブン・ジョンソン)(Amazonにリンク
  • 「世界を変えた6つの「気晴らし」の物語 新・人類進化史Ⅱ」(スティーブン・ジョンソン)(Amazonにリンク
  • 「この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた」(著者:ルイス・ダートネル)(Amazonにリンク)(The Knowledge: How to Rebuild our World from Scratch by Lewis Dartnell)
  • 「「ものづくり」の科学史-世界を変えた《標準革命》」(著者: 橋本毅彦)(Amazonにリンク
  • 「インフォーメーション-情報技術の人類史」(著者:ジェイムズ グリック)(Amazonにリンク
  • 「IT全史-情報技術の250年を読む 」(著者:中野明)(Amazonにリンク
  • 「テクニウム-テクノロジーはどこへ向かうのか?」(著者:ケヴィン・ケリー)(Amazonにリンク)(What Technology Wants by Kevin Kelly)
  • 「<インターネット>の次に来るもの-未来を決める12の法則」(著者:ケヴィン・ケリー)(Amazonにリンク
  • 「拡張の世紀-テクノロジーによる破壊と創造」(著者:ブレット・キング)(Amazonにリンク
  • 「雑学科学読本-身のまわりのすごい技術大百科」(著者:涌井良幸)(Amazonにリンク

情報

今世界は

なぜ「情報」が,「環境」の「自然」と「人工物」に続くのか,不思議な気がするかもしれないが,「自然」と「人工物」に秩序を与える存在が「情報」だと考えれば,おかしな話ではないだろう(後記「情報と秩序」参照)。

「情報」はこれまで,コミュニケーション論,メディア論,あるいは諜報論として,それなりに大きく位置づけられてきたが,今,世界は,コンピューター技術に支えられたIT,AIによる「情報」流通の劇的増加,高速化によって,まさにハリケーンに急襲された状態だ。今後中長期的に,IT,AIが何をもたらすのか,実は誰にもわかりはしないのだ(「世界の現在と未来を知るために」)。

それはさておき,今「情報」は,「DX Project」として,「問題解決のヒント」の中の仕事の「PC・IT,AI技法」として,企業の「経営」を支える重要なツールとして,政府の「政策」として,そして現在と未来の「世界」の動向を支配するもっとも重要な要素だ。それらを正確に理解するためには,「情報」の基礎(ここでは「情報とサイバー空間」と捉えよう。)を押さえることが不可欠だ。

「情報・サイバー空間」の構成

<コメント>

「情報・サイバー空間」は,「情報総論」,「情報法と判例」,「サイバー空間の病理と対応」に分けて論じよう。

全体を通じて参照すべきは,次の本である。

  • 「サイバー空間を支配する者-21世紀の国家・組織・個人の戦略」(著者:持永大, 村野正泰, 土屋大洋)(Amazonにリンク

<この項目に関連する記事>

なお「情報」全体への導入として,次の記事を作成しているので紹介しておく。

情報をめぐって

やり残したことども」の「続情報をめぐって」の部分

情報総論

<検討すべき何冊かの本>

  • 「情報と秩序-原子から経済学までを動かす根本原理を求めて」(著者:セザー ヒダルゴ)(Amazonにリンク
  • 「情報-第2版」(著者:山口 和紀)(Amazonにリンク
  • 「生命と機会をつなぐ知-基礎情報学入門」(著者:西垣通)(Amazonにリンク
  • 「インフォーメーション-情報技術の人類史」(著者:ジェイムズ グリック)(Amazonにリンク
  • 「IT全史-情報技術の250年を読む 」(著者:中野明)(Amazonにリンク

<この項目に関連する記事>

作成中

情報法と判例

<コメント>

どうして複雑な世界の問題解決を試みる「問題解決に向けて」の「情報とサイバー空間」に「情報法と判例」という法律マターが入っているのかという疑問がありうるだろう。それは,「サイバー空間」は,いわばいい意味でも悪い意味でも「無法地帯」なので,これに関わるときに,一体,何がルールとされているのか,そのルールから逸脱するとどうなるかについて,法と実際例(判例)を見極めておくことが,「サイバー空間」で適切に行動するために重要だと考えるからである。そのためにお薦めするのは,次の2冊である。

  • 「情報法入門【第4版】-デジタルネットワークの法律 」(著者:小向 太郎)(Amazonにリンク
  • 「新・判例ハンドブック 情報法」(編者:宍戸 常寿)(Amazonにリンク

これらについては行動規範として,おおまかな目次が頭に入っていた方がいいので,掲記しておこう。

「情報法入門」

1 デジタル情報と法律(デジタル・ネットワークの衝撃/デジタル・ネットワークと法律/情報化関連政策) 2 ネットワーク関連事業者(通信と放送/ネットワーク上の媒介者/プラットフォーム事業者) 3 情報の取扱いと法的責任(取得・保有・提供/サイバー犯罪と青少年保護/知的財産の保護/個人情報保護)

「新・判例ハンドブック 情報法」

第1章 情報流通の自由(知る権利 /意見の表明 /報道取材の自由 /選挙過程)第2章 内容に着目した情報の規律(わいせつ /児童ポルノ /青少年保護 /名誉棄損-社会的評価の低下等 /名誉毀損-公益性・公共性 /名誉毀損-真実性・相当性 /名誉毀損-公正な論評 /名誉毀損-救済 /その他)第3章 プライバシー・個人情報(肖像権 /表現の自由とプライバシー /個人情報の保護 /労働関係 /インターネット)第4章 知的財産法による情報の規律(著作権-著作物・著作者 /著作権-著作者人格権 /著作権-著作権の内容 /著作権-権利制限規定 /著作権-侵害と救済 /著作権-著作権による保護を受けない情報 /著作権の保護対象 /パブリシティ権)第5章 情報流通の担い手(放送 /通信 /プロバイダ /情報流通の場)第6章 情報と経済活動(広告 /独占禁止法 /商標・不正競争 /電子商取引 /情報と金融)第7章 情報と行政過程(行政調査 /行政機関と個人情報 /情報公開 /行政による情報提供)第8章 情報と刑事法(情報(システム)の保護 /捜査と情報)第9章 情報と裁判過程(裁判の公開 /取材源の秘匿 /文書提出命令)

<検討すべき何冊かの本>

  • 「情報法入門【第4版】-デジタルネットワークの法律 」(著者:小向 太郎)(Amazonにリンク
  • 「新・判例ハンドブック 情報法」(編者:宍戸 常寿)(Amazonにリンク
  • 「データ戦略と法律-攻めのビジネスQ&A」(著者:中崎隆)(Amazonにリンク
  • 「インターネット訴訟」(著者:上村哲史 他)(Amazonにリンク

<この項目をより詳細に検討した記事>

作成中

サイバー空間の病理と対応

<コメント>

「サイバー攻撃」,「サイバー煽動・戦争」,「サイバーセキュリティ―」に分けて考察する。当面,ここが極めて重要な部分である。全体を通じて参考になるのはやはり次の本である。

  • 「サイバー空間を支配する者-21世紀の国家・組織・個人の戦略」(著者:持永大, 村野正泰, 土屋大洋)(Amazonにリンク

<検討すべき何冊かの本>

(サイバー攻撃)

  • 「サイバー攻撃-ネット世界の裏側で起きていること」(著者:中島明日香)(Amazonにリンク
  • 「炎上と口コミの経済学」(著者:山口真一)(Amazonにリンク
  • 「初心者のためのハッキング2019」(著者:」Shekhar mishra)(Amazonにリンク
  • 「ハッキング・ラボのつくりかた-仮想環境におけるハッカー体験学習」(Amazonにリンク

(サイバー煽動・戦争)

  • 「フェイクニュース-新しい戦略的戦争兵器」(著者:一田和樹)(Amazonにリンク
  • 「情報戦争を生き抜く―武器としてのメディアリテラシー」(著者: 津田大介) (Amazonにリンク
  • 「情報参謀」(著者:小口 日出彦)(Amazonにリンク
  • 「情報隠蔽国家」(著者:青木理)(Amazonにリンク
  • 「誰もが嘘をついている-ビッグデータ分析が暴く人間のヤバい本性」(著者:セス・スティーヴンズ=ダヴィドウィッツ)(Amazonにリンク

(サイバーセキュリティ)

  • 「サイバーセキュリティ」(著者:谷脇 康彦)(Amazonにリンク
  • 「サイバーセキュリティ読本【完全版】-ネットで破滅しないためのサバイバルガイド」(著者:一田 和樹)(Amazonにリンク
  • 「決定版 サイバーセキュリティー新たな脅威と防衛策」(著者:ブループラネットワークス)(Amazonにリンク

<この項目に関連する記事>

作成中