ブログ山ある日々(すべて),法とルール,複雑な問題群

序論

内部統制制度は子会社には重荷のことが多い

上場企業と連結計算書類を作成している子会社(の一部)は,親会社が,金融商品取引法(金商法)の内部統制報告書を作成し、監査法人の監査を受けて届け出て,公開するのに対応し,その内部統制制度の整備・運用について,親会社(の主として内部監査室)から評価され,監査法人の監査を受ける。

親会社にとっても負担の重いといわれる金商法の「内部統制制度」について,子会社としてその整備・運用をすることは,親会社と一体となってそのような体制を整備してきた場合は格別,例えば,M&Aによってグループ入りした場合を考えれば分かるように,なかなか大変である。「内部統制報告書」は親会社が作成・報告するものであるから,子会社にとっては,迷惑だというような声さえ,聞こえてくることがあるのである。

弁護士から見た金商法の内部統制制度

会社法では,子会社の統治について,親会社が子会社の株主権を行使すること以上のことはあまり考えられてこなかったが(戦後の会社法は,戦前の財閥の弊害を踏まえた独禁法による持株会社の禁止下に進展してきたこともあるだろう。),大和銀行第一審判決の衝撃から,会社法上設けられた内部統制システムは,弁護士としての備範囲だとしても,金商法によって企業情報の開示として上場企業に課される内部統制制度については,会計畑のマターとしてあまり深入りすることはなかった。ただ「財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準並びに財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する実施基準の改訂について(意見書)」をはじめ,会計畑の人の議論は,企業集団(グループ)において,子会社サイドに「内部統制制度」についてどのような法的根拠に基づいてどのような義務があるのかについて必ずしも十分な検討がなされていないようにないように伺われる。金商法上の内部統制報告制度の解説書を見ても,直接この点に言及したものはないようである。
会社不祥事の多くは子会社に生じた(利用した)ものといわれ子会社抜きの内部統制報告制度は実効性がないこと(特に持株会社においては,子会社が事業の主体であること)等の状況に於いて子会社の内部統制の必要性が優先され,小規模の子会社にとって重い負担となる金商法上の内部統制報告制度の整備・運用をすることについて,十分説得的な議論がなされてこなかったという経緯もあるように思われる。

子会社から見た内部統制制度

上場して投資家から資金を集め,金融機関からの借入れ等をする親会社に対して,「内部統制」に関して様々な法的規制や義務が課せられることは容易に理解できるが,小規模な子会社からすると,なぜ親会社と同等の面倒な「内部統制制度」を,整備・運用し,評価手続を受忍しなければならないのか,法的根拠は何か等について,疑問が生じる余地があると思われる。そこで,「内部統制制度」について,会社法,金商法等の位置づけを整理し,企業集団の子会社サイドにおいて「内部統制制度」を整備・運用する必要性,及びその根拠について,企業集団各社の共通の理解に資するために,「企業集団における内部統制制度」をまとめることにした。
た。今後の「内部統制制度」の円滑な整備・運用についての参考とされたい。


   

複雑な問題群,本の森

デジタル・テクノロジーの氾濫と持続不可能性は乗り越えられるか

2020年末にあたって,現在から未来を俯瞰,展望してみよう。今のところ問題の焦点は、「デジタル・テクノロジーの氾濫と持続不可能性」であると考えている。取り急ぎ,V.1として公開し,年内には,最終版を公開したい。

出発点の2書

この問題へは、様々なアクセスがありうるが,暫定的に出発点を「MORE from LESS(モア・フロム・レス)   資本主義は脱物質化する:アンドリュー・マカフィー 」と「操られる民主主義:デジタル・テクノロジーはいかにして社会を破壊するか:ジェイミー ・バートレット」の2書に定めよう。そしてそこから枝分かれする問題を、上下前後左右に追っていき,私の「2020年末の眺望」を見定めよう。年末までに間に合うだろうか。

なお前者は,「資本主義は持続可能な世界を実現出来るか-多角的に読む6冊の最初の2冊」の出発点にもしたが、最初にこちらの記事から完成させよう。

ところで,最近よく思うが,英書の翻訳書にはpoorな英語の読み手はとても助けられるが,題名だけはよく確かめないと、本の内容を変に誤解して選別してしまう。

前者の原題は「More from Less: The Surprising Story of How We Learned to Prosper Using Fewer Resources—and What Happens Next」である。標題はそのままだと分かりにくい点は措いても,副題の「資本主義は脱物質化する」は,カルトみたいだ(「CHAPTER 5  The Dematerialization Surprise 」とはあるが。)。

後者の「操られる民主主義 デジタル・テクノロジーはいかにして社会を破壊するか」であるが,原題は「The People Vs Tech How the internet is killing democracy(and how we save it)」である。これは,原題の方がはるかにわかりやすいし適切だ(当たり前だが)。

出版社は売りたいという気持ちとわかりやすくしたいという気持ちから翻訳名を決めるのだろうが,直訳を補うくらいの方が読者としては助かる。

「MORE from LESS」と「操られる民主主義」について

「MORE from LESS 資本主義は脱物質化する:アンドリュー・マカフィー 」(Amazonにリンク)

「MORE from LESS」は「資本主義は持続可能な世界を実現出来るか-多角的に読む6冊の最初の2冊」でも簡単に触れたが,アメリカを含む先進国で資源消費が減少しつつあるが(脱物質化),付加価値は増加している。それは,①資本主義と②テクノロジーの力によるのであり,更にこの趨勢を支えるのは,③反応する政府と④市民の自覚,併せて<希望の4騎士>であるとする。あくまで希望があるということであるが。

「操られる民主主義 デジタル・テクノロジーはいかにして社会を破壊するか::ジェイミー ・バートレット」」

一方,「操られる民主主義」は「6本の柱」(①行動的な市民,②文化の共有,③自由選挙,④利害関係者の平等性 ,⑤競争経済と市民の自由,⑥政府に対する信頼)を立てて,それを1~6章で展開しているという。しかし,翻訳を見る限り,対応関係はピンとこない。

著者の ジェイミー ・バートレット氏は,イギリスのシンクタンクにいて,デジタル・テクノロジーに大きな期待を持ちこれが実現してきたネット社会に触れ「闇(ダーク)ネットの住人たち デジタル裏社会の内幕」などを書くうちに,デジタル・テクノロジーがもたらした現状には大きな問題があるという観点を得て,この「The People Vs Tech」を書いている。その中心的な問題意識は,日々デジタル情報に晒されている「人間」がどうなってしまったのか(Chapter 1: What the Power of Data is Doing to Our Free Will,Chapter 2: Why the Closer We Get, the Further We are Apart;要は,人はデジタル情報に操られ,分断されている )ということにある。

そして,その「応用」として「2016年のアメリカ大統領選挙」(第3章  ビッグデータと大統領選 デジタル分析が政治のあり方を揺るがす)の批判があり,デジタル・テクノロジーの進展は,AI等で代替可能な中層階級を一掃し,代替不能な自らの頭と体で経営を実践するしかない上層と現場労働者に分解し,格差がますます拡大し(第4章  加速する断絶社会 AIによって社会はどうなるのか),デジタル企業の独占もますます進む(独占される世界 ハイテク巨大企業が世界をわがものとする)と分析する。

最後に「Crypto-Anarchy」を持ち出して,これが拡大すれば国家の存続が危ういので政府の信頼を取り戻さなければというが,これは??で,第1章から第5章の現状のままでは,それだけで政府の存続(私から見れば,法とルールであるが)は危ういと思われる。

2書をぶつけ合おう

このように「MORE from LESS」と「操られる民主主義」は,「何とかなるんじゃない」,と,「このままじゃまずいんじゃない」という違いはあるが,資本主義,テクノロジー,市民,政府という分析手法をもって現実世界を解析しようとしているという点で共通項が多い。強いて言うなら前者には個人が巻き込まれているデジタル・テクノロジーの「闇」について関心が薄く,後者は世界の「持続不可能性」が余り視野に入っていないように思われる。

私はこの2書をぶつけ合って,更なる問題点,及びその相互の関係を浮かび上がらせ,総体的な問題解決に途を開きたい。

今後の分析手順

「持続不可能性」をめぐる問題は,すぐにどうこうなることでもないし,解決する方法は難しい。多分,「MORE from LESS」が期待するように,デジタル・テクノロジーが大きな意味を持つだろう。そしてこれを市民,政府が支えなければならないのであるから、まず市民,政府の,デジタル・テクノロジーの膿を開析する先にしか解決の糸口はないと思う。

市民はデジタル空間で分断されて虚偽情報をぶつけ合い,政府がそれを利用する愚かな政治家,役人によって形成されるようでは,先はない。

デジタル・テクノロジーをめぐる問題に精通する

とりあえず「操られる民主主義」を下敷きにして上下前後左右に手を伸ばそう。

1.現状を知る

サイバー空間では、現実社会のがはずれ「欲望」がかなり容易に実現可能となるので,市民は攻撃する側にもされる側にも入り込んでしまう。

現状については,次の2冊を押さえよう。

「フェイクニュースを科学する: 拡散するデマ、陰謀論、プロパガンダのしくみ :笹原 和俊」(Amazonにリンク)

「闇(ダーク)ネットの住人たち デジタル裏社会の内幕:ジェイミー・バートレット」(Amazonにリンク)

とはいえ,サイバー空間に入り,SNSを使わなければならないことは多いから,セキュリティや情報倫理の初歩は押さえておいた方がいい。放送大学の教材を紹介しておこう。

「セキュリティと情報倫理」(Amazonにリンク)

2.分断を乗り越える

次に「操られる民主主義」が3番目に取り上げた「社会の分断論」は,人類と社会の関係という人類史を踏まえた人類の本質に関わる問題である。次の2書が最近出ており,いずれも本格的だ。あたりまえだが,対応策はある。

「ブループリント:「よい未来」を築くための進化論と人類史(上)(下):ニコラス・クリスタキス」(Amazonにリンク)

「人はなぜ憎しみあうのか 「群れ」の生物学(上)(下):マーク W モフェット」 (Amazonにリンク)

3.私たちの仕事の行方と独占企業

「テクノロジーの世界経済史 ビル・ゲイツのパラドックス:カール・B・フレイ」は、「操られる民主主義」の議論と重なっている。

これからAIが大きな影響をもたらすのはいうまでもないが,著者は,これからなくなる職業を言い出した経済学者である。ただ本書を読むとテクノロジーを「労働補完型」と「労働置換型」にわけ,産業革命時も一時的(数十年)は仕事がなくなったことを丁寧に論じており,人ごとではない。

いずれにせよ、待っていれば誰かがなんとかしてくれるわけではなく、闇のサイバー空間に巻き込まれず,自分のできる範囲でデジタル・テクノロジーを工夫として取り入れ,これを活用することは不可欠であろう。デジタル・テクノロジーは面白いから。

そのため,ここで私は何冊かの実務書を読むきである。これは読んでから紹介しよう。

社会の分断化や独占による市民の不利益を乗り越えるためには,市民がそれが出来る主体となり,そういう市民が政府を形づくれば何とかなるとは思うが,道は遠い。当面,政治家・役人には期待しない。自分で切り拓こう。

4.小括

デジタル・テクノロジーが,今後,何をもたらし,人の有り様がどうなるのか,実は誰にも分からないというのが正解だが,次の2冊で今後が占えるであろうか(占いになってしまった。)。

  1. 「TOOLs and WEAPONs――テクノロジーの暴走を止めるのは誰か:ブラッド・スミス, キャロル・アン・ブラウン」
  2. 「ソーシャルメディアの生態系:オリバー・ラケット, マイケル ケーシー」

ⅰは,Microsoftの弁護士として同社の問題解決に当たってきたブラッド・スミスが書いたもので,どうかなあ。ⅱは,ソーシャルメディアには問題もあるが,いい点もあるといいう誰もが言うが,どこがいいのか輪からに問題について,本当に信じているよう,この段階でじっくり読みたい。

複雑な問題群

MORE from LESS(モア・フロム・レス)  資本主義は脱物質化する (日本経済新聞出版) :アンドリュー・マカフィー

デジタル化する新興国  先進国を超えるか、監視社会の到来か:伊藤亜聖

問題の所在を考える

あたりまえのことだが,私たちは子や孫の世代においても「持続可能な世界」を,何とかして,作りあげなければならない。知恵なく気候変動等を放置すれば,人類の文明が大打撃を受け,子や孫の生存が危ういかも知れない。

ただこれは,資本主義以外にこれに代替する経済システムは見当たらないという状況下で,どういう方法があるかという問題である。一方,資本主義が,大量生産,大量消費,大量廃棄によって回転するシステムであるとすれば,ほぼ不可能である。どうすればよいか。

行儀良く消費を減らし,様々な規制で対応しましょうという話もあるのだが,昨今の,テクノロジーに支えられたデジタル情報の氾濫・暴走を見ていると,そんなことは出来そうもない気がする。

「モア・フロム・レス」を読む

そんなことを考えていて「モア・フロム・レス  資本主義は脱物質化する:アンドリュー・マカフィー」という本を目にした。要は,アメリカを含む先進国で資源消費が減少しつつあり(脱物質化),しかも付加価値は増加している。それは,①資本主義と②テクノロジーの力によるのであり,更にこの「モア・フロム・レス」を支えるのは,③反応する政府と④市民の自覚,併せて<希望の4騎士>であるとする。著者は,MIT経営大学院の先生で,私も共著だが「機械との競争」や「一流ビジネススクールで教える デジタル・シフト戦略―テクノロジーを武器にするために必要な変革 」を持っていた。立論は分かりやすいが,問題は,資本主義の論理に従ったテクノロジーの駆使によって先進国で資源消費が減少しつつあるのかという事実確認の問題と,そうではあっても,これらの先進国のフットプリントは大幅に正常値を超え,減少しつつあるという趨勢だけでは駄目ではないのかということである。

そのあたりを確認した上で,テクノロジーによる脱物質化に希望が持てるのであれば,③反応する政府と④市民の自覚の実現に突き進む勇気がわいてくる。

いや仮にそうであるとしても,先進国以外の新興国はどうなのか,これから先進国以上の資源消費に向かうのではないかという疑問がもたげてくる(もちろん,抑圧すべきことではなく,ある当然の「権利行使」であることは間違いないが,地球環境はどうなるか。)。

「デジタル化する新興国」を読む

そこで,「デジタル化する新興国  先進国を超えるか、監視社会の到来か:伊藤亜聖」を手に取ろう。当面の私の関心は,新興国は先進国を追随して,大量生産,大量消費,大量廃棄の道をたどろうとしているのかということである。この本を読むと,新興国が重苦しい重工業や固定電話のインフラを飛び越して,いきなりデジタルの世界に,場合によってはわが国よりはるか先に飛び出そうとしていることが分かる。もう世界の目は,資源を浪費して,重苦しい物質を扱うことに向いていない。この本の課題である新興国の今後の経済発展とわが国の有り様はしばらく横に置くとして,「モア・フロム・レス」と「デジタル化する新興国」の論陣がある程度正しいのであれば,私たちが何をすべきかが少し見えてくる気がする。

次の4冊

そこで見通しが立てば,資本主義から逸脱しない「資本主義の再構築 公正で持続可能な世界をどう実現するか:レベッカ・ヘンダーソン」を読んで更に資本主義のテクノロジーの知恵を磨こう。

でも上滑りしないか。

そういうときは,「世界の起源 人類を決定づけた地球の歴史:ルイス・ダートネル」で地球が人類に与えたものを確認し,「テクノロジーの世界経済史 ビル・ゲイツのパラドックス:カール・B・フレイ」で,テクノロジーの歴史を確認し,更に焦点のPCテクノロジーについて「TOOLs and WEAPONs―テクノロジーの暴走を止めるのは誰か:ブラッド・スミス, キャロル・アン・ブラウン」を読もうではないか。

この4冊については,追って取り挙げよう,

MORE from LESS(モア・フロム・レス)  資本主義は脱物質化する (日本経済新聞出版) :アンドリュー・マカフィー

著者側の情報発信

「経済が成長すれば資源の消費量が増えるに決まっている」,「資本主義と技術が進歩し、社会が豊かになれば、自然環境はダメージを受ける」――産業革命以降、人間が繁栄すればするほど、地球を壊してしまうという予想が無批判に信じられてきた。
だが、実際にはどうであったのか。予想とはまったく逆のことが起きたのだ。資本主義は発展し続け、世界中に勢力を拡大し続けているが、同時にテクノロジーが資源を使わない方向に進歩した。
人類はコンピュータ、インターネットを始めとして多様なデジタル技術を開発し、消費の脱物質化を実現させた。消費量はますます増加しているものの、地球から取り出す資源は減少している。デジタル技術の進歩により、物理的なモノがデジタルのビットに取って代わられた。かつて複数機器を必要とした作業は、いまやスマホ一つで事足りる。なぜ経済成長と資源の消費を切り離すことができたのか?脱物質化へと切り替えられたのはなぜか?このすばらしい現象について、なぜそれが可能となったのかを解き明かし、どんな可能性を秘めているのかを記していこう。
テクノロジーの進歩、資本主義、市民の自覚、反応する政府――「希望の四騎士」が揃った先進国では、人間と自然の両方が、よりよい状況となりつつある。この先の人類が繁栄し続ける道がここにある。

詳細目次

  • はじめに
  • 第1章 マルサス主義者の黄金時代
  • 第2章 人類が地球を支配した工業化時代
  • 第3章 工業化が犯した過ち
  • 第4章 アースデイと問題提起
  • 第5章 脱物質化というサプライズ
  • 第6章 なぜリサイクルや消費抑制は失敗するか
  • 第7章 何が脱物質化を引き起こすのか──市場と脅威
  • 第8章 アダム・スミスによれば──資本主義についての考察
  • 第9章 さらに必要なのは──人々、そして政策
  • 第 10 章 〈希望の四騎士〉が世界を駆け巡る
  • 第 11 章 どんどんよくなる
  • 第 12 章 集中化
  • 第 13 章 絆の喪失と分断
  • 第 14 章 この先にある未来へ
  • 第 15 章 賢明な介入
  • 結 論 未来の地球
  • 謝辞

デジタル化する新興国  進国を超えるか、監視社会の到来か:伊藤亜聖

著者側の情報発信

デジタル技術の進化は、新興国・途上国の姿を劇的に変えつつある。中国、インド、東南アジアやアフリカ諸国は、今や最先端技術の「実験場」と化し、決済サービスやWeChatなどのスーパーアプリでは先進国を凌駕する。一方、雇用の悪化や、中国が輸出する監視システムによる国家の取り締まり強化など、負の側面も懸念される。技術が増幅する新興国の「可能性とリスク」は世界に何をもたらすか。日本がとるべき戦略とは。

詳細目次

  • 序 章  想像を超える新興国
    • インドを走る「コネクテッド・三輪バイク」  中国で進む遠隔医療  南アフリカの女性エンジニアたち  デジタル化は新興国をどう変えるか  本書の概要  新興国とデジタル化の範囲について
  • 第1章  デジタル化と新興国の現在
    • 1  新興国デジタル化のインパクト
      • 「第四次産業革命」論  2010年代の変化  新興国へと広がる情報化の波  広がるデジタル経済の生態系
    • 2  デジタル化とは何か
      • ネグロポンテの予言  唯一外れた予想  デジタル経済の特徴  恩恵とリスク
    • 3  新興国論の系譜に位置づける
      • 三つの段階とその論点  南北問題の時代  工業化の時代  市場の時代  新興アジアと変わる日本の役割  そしてデジタル化の時代へ  仮説──増幅される可能性と脆弱性  導き糸──デジタル化の温故知新
  • 第2章  課題解決の地殻変動
    • 1  プラットフォームによる信用の創出
      • 「なぜより安全に車に乗る手段がないのか?」  プラットフォームがもたらす信用  アリペイによるエスクローサービス  アフリカで広がるモバイル・マネー  南アジアに広がるフリーランス経済  携帯電話の爆発的な普及
    • 2  ベンチャーによる「下から」の課題解決
      • エチオピアのベンチャー企業  南アフリカの精密農業とスマート漁業  「これで十分」な解決策──中国の物流  ベンチャー投資の拡大  アフリカに広がるテックハブ  インド工科大学デリー校のベンチャー企業
    • 3  技術革新から社会革新へ
      • SDGsとのつながり  金融包摂と農村振興  インドの個人認証と貧困層への直接給付  ミス・ギーク・アフリカ賞  R&DからR&D&Dへ  「アナログな基盤」の重要性
  • 第3章  飛び越え型発展の論理
    • 1  デジタル時代の「後発性の利益」
      • 新興国から生まれるユニコーン企業  タイムマシン経営とイノベーション  スーパーアプリの誕生  小さな革新、関連産業の未成熟、競争維持
    • 2  甦る幼稚産業保護論
      • 輸入代替デジタル化  対称的なインドと中国の戦略  グレート・ファイアーウォールがなかったら  壁のなかでの革新  土台を作り、後は競争に任せるインド
    • 3  再び問われる社会的能力
      • 規制のサンドボックス制度  鄧小平のナラティブ  中国の「やってみなはれ」  小国のデジタル戦略  新興国からの逆輸入と横展開  新興国という巨大な実験場
  • 第4章  新興国リスクの虚実
    • 1  インフラでの限定的な役割
      • デジタル社会を支える基幹的技術とインフラ  物理層、ミドルウェア層、アプリケーション層  クラウド化の進展  クラウド市場の寡占化  プログラマー不足  オープンソースへの貢献不足
    • 2  デジタル化と雇用の緊張関係
      • 製造業が雇用を生まなくなる?  デジタル経済の雇用規模  自動化で失われる雇用は 47%か9%か  新興国の仕事の自動化は早いか、遅いか  デジタル化が作り出す仕事  インフォーマル化する雇用  新興国の逆説的な強み
    • 3  競争を歪めるプラットフォームと財閥
      • プラットフォーム企業と競争法  財閥とベンチャー  過度の悲観を超えて
  • 第5章  デジタル権威主義とポスト・トゥルース
    • 1  アップデートされる権威主義
      • 分断されるインターネット  権威主義国家でデジタル化が進む理由  幸福な監視国家?  米欧日にも共通する問題
    • 2  フェイクニュースと操られる民主主義
      • ポスト・トゥルースの潮流  東南アジアの「ストロングマン」  取締法のリスク  SNS上での情報戦
    • 3  米中「新冷戦」とデジタル化
      • デカップリングと5G  中国のデジタル・シルクロード  デジタル領域での中国の影響力  空撮の民主化、空爆の民主化  デジタル化の「いいとこどり」は可能か
  • 第6章  共創パートナーとしての日本へ
    • 1  可能性と脆弱性の行方
      • 本書の主張  再定義される「新興国」、そして「先進国」
    • 2  コロナ危機による加速
      • コロナ危機のダメージ  パンデミックがデジタル化を加速させる  感染症対策と個人情報のジレンマ  危機のなかで普及するサービス  遠隔の限界とインフォデミック  米中対立の激化、中印対立の顕在化
    • 3  日本の国際戦略と複眼的対応
      • デジタル化の時代に求められること  新興国の可能性を広げる  ボトムラインを守る  国内での社会実装のために  手を動かし、足を使って
  • あとがき 参考文献