問題解決の知,山ある日々

百名山完登から百講座完習へ

百名山を完登したのは大分前(調べると2009年だった)になるが、それからしばらく山を楽しんでいたら、突然(2013年生まれの)孫娘への様々な付き添い、本読みの日々が続いた。併行して趣味としていた私の読書スタイルでは次々と対象が移り変わってKindle本が増大するだけで(遂に5000冊を突破した)、その「成果物」が余りに乏しいまま「成果物」も脳内で行方行方不明になるので、この際、様々なこと学んで「身につける」ことにしてみようと思う。大好きなお酒も、最近は少し飲み過ぎると、翌々日まで動けなくなってしまうので、ちょうど良い。身につけるといっても、俳句とか、楽器とか、ヨガとか、料理とかも楽しいだろうが、まずは早くやらないと間に合わなくなってしまう今まできちんと取り組んだことのない数学や自然科学、更にどうみても虫食い状態にあるとしかいえない人文科学、社会科学分野の「教養」について(みんなから嫌われる言い方だが 「現代的教養」と捉え返せば、それほど悪くない。私のこのブログでいえば、要は「問題解決と創造」だ。)、過不足なしに体系的に、かねがね時折視聴している「放送大学」の講座でフォローしていきたいと思う。キャッチフレーズは「百名山完登から百講座完習へ」だ。そう、百山から百座へだ。
このようなことができるかどうかは、意思の問題ではなく、「機会」の問題だと思う。私はかなり仕事はセイブしつつ暇になりつつあるから、そのための時間は確保できるのではないかと思う。本当に仕事が忙しかったり、毎週決意新たに山に登っていてへとへとになったりして、酒を喜びにしていては、「百講座完習」などできるはずがない。ついでに、「米英駆逐」というセンスはもうやめて、孫娘に胸を張れるように日本語なしでの海外ドラマを楽しんでみたい(要は、リスニングだ)。
このように考えた「百講座完習」の対象は、①ゆっくり身につける数学・自然科学、②さっさと全体を俯瞰する「教養」科目、③海外ドラマのリスニングだ。

百講座完習のための方法論を考える

学ぶことについて、親切にいろいろと教えてくれる本は数多い。今回、かなり目を通してみた。書き手は、A.「心理学者」が多いが、B.俺はこうした派も多い。もちろんA+B派もいるし、これが一番読みやすいように思う。でも結局、ⅰ自分の「問題解決」と位置づけて、ⅱ無理なく実行出来る計画を立てて文書化し、ⅲ実行するということに尽きるようだ。私は、元来ずぼらな人間だが、百名山に完登できたこと、ここ3年半ぐらい、月単位の中断は挟みつつ、断続的に、お酒を飲んでいない翌日が晴れていればほぼ毎朝、スロージョギングができているので、百講座完習も、楽しくできるように工夫すれば、続けられるのではないかという希望を持っている。ただ、お酒はこれを邪魔にする。
さて、上記の学習本のうち、A+B派であるが、「ULTRA LEARNING 超・自習法 どんなスキルでも最速で習得できる9つのメソッド:スコット H ヤング」と「脳が認める外国語勉強法:ガブリエル・ワイナー」が面白い。これらを参照しながら、今後の「百講座完習」に取り組んでいこう。
ただ、①ゆっくり身につける数学・自然科学も、②さっさと全体を俯瞰する「教養」科目も、足をすくわれる要素は多い。①についていえば、大きな声では言えないが、放送大学の数学・自然科学系の講師陣は概して理知的ではない。②についていえば、放送大学の「教養」科目の講師陣は、概して視野が狭い。だから楽しくない要素も多い。このぐらいいっておけば、視聴の過程で愉快でなくなっても、継続できるだろう(なお全く余分な補足であるが、私は、時代的な状況もあって、高校、大学でまともに勉強していない。だから教授側を批判できる立場にない。今まではその立場をそれなりに大事に思って学んでいないことを乗り切ってきたが、最近、当時のことを振り返る本を読んでいるとうんざりすることが多い(「東大法学部の真相: 元全共闘の証言:大野 正道」は、特に書名を記して嫌悪感を表しておこう。)。これから私に残された時間はそれほど多くはないが、人を攻撃するより、「我が弱き」と共存して学んでいこう。)。
話を元に戻して、先ず①については「微分積分入門]をゆっくりと(とりわけ最初だから時間をかけて)、②については「問題解決の進め方」をさっさと概観しよう。この過程で関係する本について目を通したり、昔学んだことを思い出したりすることは楽しいだろう。
そして①②について、3年間ぐらいの間に「百講座」(45分××15回)の完習を目標とし、これに加えて③海外ドラマのリスニングは、成り行きだ。

ネットでの学びの問題-海外ドラマのリスニング

何が課題か

今、何かを学ぶためには、ネット上で様々な動画を視聴して行うことが可能だ。
「百講座完習」では、主として「放送大学」のネット配信の講座を視聴するが、これについては技術的な問題は余りない。
そこで、あれこれ課題満載の動画サイトで海外ドラマを視聴する方法を検討しよう。この関係については「海外ドラマ…」と銘打った様々な導入書があるので適宜参考にされたい。ここでは、有効な技術的な問題を検討する。

英語音声を聞き取る

まず海外ドラマを日本語吹き替え版、あるいは英語音声を日本語字幕で視聴するのは、普通の楽しみ方だ。パソコンを利用する場合も、スマホ(タブレット)を利用する場合もあるだろう。ただリスニングを目的とする場合、英語音声+日本語字幕は、日本語字幕に気をとられてあまり英語音声を聞き取ることはできないだろう。
そこで英語音声を英語字幕で見るということになる。英語音声と英文の意味を併せて理解しようというわけだ。更にこれに加えて特に初歩のうちは、英語字幕を文字に記録してゆっくり理解するのがよいと思える。
この場合の最大の問題は、通常、英語の音声や字幕の進行が早すぎて、音声も意味も理解するのが困難だということであろう。特に「シスコメ」というジャンルは、まず聴き取れない。そこで画面の進行を緩やかにする設定が利用できれば、一応それが可能ということになる。ただ、サイトやアプリによってやり方はまちまちだし、一々それを区別して実行するのは煩わしい。

私のお薦めする方法

そこでこれについては、パソコンで、Google Chromeに「Video Speed Controller」という拡張機能を入れれば、音声スピードの増減が10%単位で、更に10秒の戻り・送りも、すべてキーを押すだけの統一的な操作でできる。これはかなり快適であるので、お薦めできる。
特に、Amazon Prime Video は、スピードの増減ができないので必須だ。また各サイトのそれぞれのアプリも増減幅が大きかったり操作が違うので極めて煩わしい。
「Video Speed Controller」は、スピード減はSを、増はDを、何回か押せばいい。さすがに70%以下以下にすると聴き取りやすいし、何より英語字幕も読みやすい。他にもパソコンであれば統一して操作できることも多い。初級段階は、海外ドラマの視聴には、パソコン+「Video Speed Controller」を利用するのがよさそうだ。

英語音声を文字にする

英語音声(英語字幕)を文字化するのは、一昔前はもちろん人力でやっていた。これが煩わしいことはいうまでもない。今はパソコンにも無料のGoogle翻訳があるが、使い勝手ということであれば、今のところ「オートメモ」がいいだろう。日本語でも、英語でも、中国語でも、その他多くの言語について、録音して待っていれば録音時間の半分以下で文字化してくれる。精度は要はGoogle翻訳だ。これでうまく文字化されていない部分は、「オートメモ」でも聞き取れなかったのだから無理もないと頷いておけばいい。やはり子どもの発話は、「オートメモ」も少し苦手なようだ?
文字化した会話を参考に何度か聞き取っていけば、そのうちリスニングも得意になる(はず)だろう。

いきなり外語環境に放り込む

上記した「ULTRA LEARNING 超・自習法 どんなスキルでも最速で習得できる9つのメソッド:スコット H ヤング」も「脳が認める外国語勉強法:ガブリエル・ワイナー」も、外語学習の方法として、いきなり外語環境に放り込まれることを、推奨している。ふつうはそんなことは余り実行できないし、人ごととして笑っていられる。しかし、海外ドラマを利用すれば、20か国語程度については容易にその環境が準備できる。特にNetflixやAmazon Prime Videoについてはそれが可能(要はドイツ語音声、ドイツ語文字、アラビア語音声、アラビア語文字等)な海外ドラマ(英語ドラマ)が数多くある。更に Disneyは、これに最適だ。
これらは、「オートメモ」で文字化も可能だ。面白い時代になったものだ。

百講座に応用する

放送大学の講座にも、字幕が出るものがあり、外語関係については上記のことが当てはまる。普通の講義でスピードを早くできて、視聴時間を短縮できる。
それより特記すべきは、「Wondrium」(旧Great Courses)だろう。これは有料の英語での講義で、そのままでは速すぎてなかなか聴き取り、理解は困難だ。これまでは加入しただけで持て余していた。しかしこれには英語字幕があり、その進行をゆっくりすると(例えば70%)、文章に近い話し方の英語音声+英語字幕は、そのままでもかなり理解できる。しかも英語のPDFの教材がダウンロードできる。更に「オートメモ」で、英語音声で文字化できる。
文字化しtら英文テキストを翻訳することは、昔からなされてきたことだ。しかし最近では、それがますます容易になった

放送大学の講座にも、字幕が出るものがあり、外語関係については上記のことが当てはまる。普通の講義でスピードを早くできて、視聴時間を短縮できる。
それより特記すべきは、「Wondrium」(旧Great Courses)だろう。これは有料の英語での講義で、そのままでは速すぎてなかなか聴き取り、理解は困難だ。これまでは加入しただけで持て余していた。しかしこれには英語字幕があり、その進行をゆっくりすると(例えば70%)、文章に近い話し方の英語音声+英語字幕は、そのままでもかなり理解できる。しかも英語のPDFの教材がダウンロードできる。更に「オートメモ」で、英語音声で文字化できる。
文字化しtら英文テキストを翻訳することは、昔からなされてきたことだ。しかし最近では、それがますます容易になった

放送大学の講座にも、字幕が出るものがあり、外語関係については上記のことが当てはまる。普通の講義でスピードを早くできて、視聴時間を短縮できる。
それより特記すべきは、「Wondrium」(旧Great Courses)だろう。これは有料の英語での講義で、そのままでは速すぎてなかなか聴き取り、理解は困難だ。これまでは加入しただけで持て余していた。しかしこれには英語字幕があり、その進行をゆっくりすると(例えば70%)、文章に近い話し方の英語音声+英語字幕は、そのままでもかなり理解できる。しかも英語のPDFの教材がダウンロードできる。更に「オートメモ」で、英語音声で文字化できる。
文字化して英文テキストを翻訳することは、昔からなされてきたことだ。しかし最近では、それがますます容易になった(例えば、WORD)。
今まで「Wondrium」(旧Great Courses)は、そのうちにと思ってきたが、なにがしかはすぐに「百講座」に組み込もう。

報告しよう

これからは、私の「百講座完習」について、できるだけ報告していこう。

本の森,日々雑感

清明(2021/4/4~)から穀雨(2021/4/20)へ

前回の投稿は、3月31日で、3月20日からの春分の3月30日からの末候「雷乃発声」であった。
今日はあっという間に4月22日である。
この間、清明(2021/4/4~)の、「玄鳥至」(つばめ いたる)、「鴻雁北」(こうがん かえる)、「虹始見」(にじ はじめてあらわる)が過ぎ、穀雨(4/20~)の初候「葭始生」(あし はじめてしょうず)となった。
この3週間、非常に寒い時期があり、昨日は暑いばかりの日だった。
割と忙しかったということと、「国際法」へ関心があちらこちらに飛び、収拾が付かなくなったということもある。とりあえず私の今の関心は、「戦略論」と「地政学」(この固定的な発想は批判的に捉えるしかないが、おじさんたちは、すきなようだ。)にある。おってまとめていこう。それにしても本の買いすぎだ。この他に若干の法律R本もある。

穀雨のアイキャッチ画像は一太郎付属の物だ。これでは面白くないのでいろいろと変えていこう。

  • シンプルな英語で話す世界史:ジェームス・M・バーダマン, 松園伸
  • The Penguin History of the World: 6th edition (English Edition):J M Roberts, Odd Arne Westad
  • 図解でわかる 14歳から考える資本主義 図解でわかるシリーズ:インフォビジュアル研究所
  • パヴァーヌ (ちくま文庫):キース ロバーツ
  • ハリネズミと狐――『戦争と平和』の歴史哲学 (岩波文庫):バーリン
  • 図解でわかる 14歳から知る影響と連鎖の全世界史:大角修, インフォビジュアル研究所
  • 図解でわかる ホモ・サピエンスの秘密:インフォビジュアル研究所
  • 図解でわかる 14歳からの地政学 図解でわかるシリーズ:インフォビジュアル研究所, 鍛冶俊樹
  • 全世界史 下巻(新潮文庫):出口治明
  • 全世界史 上巻(新潮文庫):出口治明
  • 大戦略論 (早川書房):ジョン ルイス ギャディス
  • 新版 図説歴史散歩事典 新版 図説歴史散歩事典:佐藤信
  • 国際社会学入門:石井香世子
  • 世界文学名作大全集(注釈付): コナン・ドイル/スティーヴンソン/ディケンズ/モーパッサン/トルストイ/ドストエフスキー他
  • On War (Annotated) (English Edition):Carl von Clausewitz, Marie Clausewitz, J. Graham
  • The Art of War. A New Edition, with Appendices and Maps (English Edition):Antoine Henri Jomini, George H. Mendell, Wm. P. Craighill
  • The political and military history of the campaign of Waterloo (English Edition):Antoine Henri Jomini, Stephen Vincent Benet
  • 人工知能に哲学を教えたら (SB新書):岡本 裕一朗
  • 【新版】 家族・私的所有・国家の社会哲学 -マルクス理論の臨界点-:青木孝平
  • 経済と法の原理論 -宇野弘蔵の法律学:青木 孝平
  • 【新版】 家族・私的所有・国家の社会哲学 -マルクス理論の臨界点-:青木 孝平
  • 経済と法の原理論 -宇野弘蔵の法律学:青木 孝平
  • 家族・私有財産及び国家の起源: リュウィス・エッチ・モルガンの研究に因みて:フリードリッヒ・エンゲルス
  • マス・イメージ論 (講談社文芸文庫):吉本隆明
  • NHK 100分 de 名著 吉本隆明『共同幻想論』 2020年 7月 [雑誌] (NHKテキスト)
  • 定本 想像の共同体―ナショナリズムの起源と流行 :ベネディクト・アンダーソン
  • 連句2017 歌仙: シナリオ 連句入門:出原樹音
  • 世界地図を読み直す―協力と均衡の地政学―(新潮選書):北岡伸一
  • 問いの立て方 (ちくま新書):宮野公樹
  • Adaptive Markets 適応的市場仮説―危機の時代の金融常識:アンドリュー・W・ロー, 望月 衛, 千葉 敏生
  • 社会倫理学講義 (有斐閣アルマ):稲葉振一郎
  • アテンション!:トーマス・H・ダベンポート
  • 政府は必ず嘘をつく 増補版 (角川新書):堤 未果
  • デジタルエコノミーの罠:マシュー・ハインドマン
  • 紛争解決ってなんだろう (ちくまプリマー新書):篠田英朗
  • 内戦と和平 現代戦争をどう終わらせるか (中公新書):東大作
  • 戦争と法 (文春e-book):長谷部 恭男
  • 地図で読む「国際関係」入門 (ちくまプリマー新書):眞淳平
  • 「戦争と平和」の世界史 日本人が学ぶべきリアリズム (TAC出版):茂木 誠
  • 国際公法 (伊藤真実務法律基礎講座 7):伊藤塾
  • いつでもどこでも百人一首/早引き事典(有帆堂古典ライブラリー):天瀬 豊人
  • 戦争とは何か 国際政治学の挑戦 (中公新書):多湖淳
  • 国際政治史 有斐閣ストゥディア:小川浩之, 板橋拓己, 青野利彦

ブログ山ある日々(すべて),日々雑感

野毛山公園の桜始開

 

野毛山公園の桜

3月20日が24節気の春分の日であったが、昨日(3月25日)から72候の「櫻始開」(さくらはじめてひらく)である。2日ほど朝ジョグしなかったが、今日近所の野毛山公園を朝ジョグすると、確かに「櫻始開」で、桜が綺麗に咲いていた。この週末はいろいろと愉しみだ。

24節気と72候

24節気と72候は、中国発のようだが、72候は日本でいろいろとアレンジされ、今使われているものは、明治時代に改訂された「略本暦」だそうだ。
もう少し詳しくなったら詳細に語ろうと思うが、「暮らし歳時記-日々是活き生き」というWebで、きれいな絵や写真と文章でわかりやすい説明されているので、まずはこちらを案内しよう。
絵が楽しいということでいえば、「令和の新時代、「旧暦」の世界を浮世絵の名作とイラストで存分に味わう」という触れ込みの「絵で楽しむ 日本人として知っておきたい二十四節気と七十二候:水野 久美」(Amazonにリンク)が素敵だ。
中国にまで遡って研究するには「 二十四節気 で 読み とく 漢詩:古川末喜」(Amazonにリンク)が良さそうだ。

春分から次の「清明」までは次のとおりだ。

3月20日(土)春分  雀始巣 すずめはじめ てすくう
3月25日 (木) 櫻始開  さくらはじめてひらく
3月30日 (火 ) 雷乃発声 かみなりすな わちこえをはっす

4月4日(日 ) 清明 玄鳥至 つばめきたる

72候に乗せて日々の創意工夫を語ろう

24節気と72候が楽しいのは、さて措き、72候は、ほぼ5日ごとに変わる。そして新しい現実を呼び込む。

これに乗せて、私の日々の動き(あれば、創意工夫)を語ればどんなに楽しいだろう。ということでいきなり「72候プロジェクト」が開始されたのであった。