日々雑感,本の森

清明(2021/4/4~)から穀雨(2021/4/20)へ

前回の投稿は、3月31日で、3月20日からの春分の3月30日からの末候「雷乃発声」であった。
今日はあっという間に4月22日である。
この間、清明(2021/4/4~)の、「玄鳥至」(つばめ いたる)、「鴻雁北」(こうがん かえる)、「虹始見」(にじ はじめてあらわる)が過ぎ、穀雨(4/20~)の初候「葭始生」(あし はじめてしょうず)となった。
この3週間、非常に寒い時期があり、昨日は暑いばかりの日だった。
割と忙しかったということと、「国際法」へ関心があちらこちらに飛び、収拾が付かなくなったということもある。とりあえず私の今の関心は、「戦略論」と「地政学」(この固定的な発想は批判的に捉えるしかないが、おじさんたちは、すきなようだ。)にある。おってまとめていこう。それにしても本の買いすぎだ。この他に若干の法律R本もある。

穀雨のアイキャッチ画像は一太郎付属の物だ。これでは面白くないのでいろいろと変えていこう。

  • シンプルな英語で話す世界史:ジェームス・M・バーダマン, 松園伸
  • The Penguin History of the World: 6th edition (English Edition):J M Roberts, Odd Arne Westad
  • 図解でわかる 14歳から考える資本主義 図解でわかるシリーズ:インフォビジュアル研究所
  • パヴァーヌ (ちくま文庫):キース ロバーツ
  • ハリネズミと狐――『戦争と平和』の歴史哲学 (岩波文庫):バーリン
  • 図解でわかる 14歳から知る影響と連鎖の全世界史:大角修, インフォビジュアル研究所
  • 図解でわかる ホモ・サピエンスの秘密:インフォビジュアル研究所
  • 図解でわかる 14歳からの地政学 図解でわかるシリーズ:インフォビジュアル研究所, 鍛冶俊樹
  • 全世界史 下巻(新潮文庫):出口治明
  • 全世界史 上巻(新潮文庫):出口治明
  • 大戦略論 (早川書房):ジョン ルイス ギャディス
  • 新版 図説歴史散歩事典 新版 図説歴史散歩事典:佐藤信
  • 国際社会学入門:石井香世子
  • 世界文学名作大全集(注釈付): コナン・ドイル/スティーヴンソン/ディケンズ/モーパッサン/トルストイ/ドストエフスキー他
  • On War (Annotated) (English Edition):Carl von Clausewitz, Marie Clausewitz, J. Graham
  • The Art of War. A New Edition, with Appendices and Maps (English Edition):Antoine Henri Jomini, George H. Mendell, Wm. P. Craighill
  • The political and military history of the campaign of Waterloo (English Edition):Antoine Henri Jomini, Stephen Vincent Benet
  • 人工知能に哲学を教えたら (SB新書):岡本 裕一朗
  • 【新版】 家族・私的所有・国家の社会哲学 -マルクス理論の臨界点-:青木孝平
  • 経済と法の原理論 -宇野弘蔵の法律学:青木 孝平
  • 【新版】 家族・私的所有・国家の社会哲学 -マルクス理論の臨界点-:青木 孝平
  • 経済と法の原理論 -宇野弘蔵の法律学:青木 孝平
  • 家族・私有財産及び国家の起源: リュウィス・エッチ・モルガンの研究に因みて:フリードリッヒ・エンゲルス
  • マス・イメージ論 (講談社文芸文庫):吉本隆明
  • NHK 100分 de 名著 吉本隆明『共同幻想論』 2020年 7月 [雑誌] (NHKテキスト)
  • 定本 想像の共同体―ナショナリズムの起源と流行 :ベネディクト・アンダーソン
  • 連句2017 歌仙: シナリオ 連句入門:出原樹音
  • 世界地図を読み直す―協力と均衡の地政学―(新潮選書):北岡伸一
  • 問いの立て方 (ちくま新書):宮野公樹
  • Adaptive Markets 適応的市場仮説―危機の時代の金融常識:アンドリュー・W・ロー, 望月 衛, 千葉 敏生
  • 社会倫理学講義 (有斐閣アルマ):稲葉振一郎
  • アテンション!:トーマス・H・ダベンポート
  • 政府は必ず嘘をつく 増補版 (角川新書):堤 未果
  • デジタルエコノミーの罠:マシュー・ハインドマン
  • 紛争解決ってなんだろう (ちくまプリマー新書):篠田英朗
  • 内戦と和平 現代戦争をどう終わらせるか (中公新書):東大作
  • 戦争と法 (文春e-book):長谷部 恭男
  • 地図で読む「国際関係」入門 (ちくまプリマー新書):眞淳平
  • 「戦争と平和」の世界史 日本人が学ぶべきリアリズム (TAC出版):茂木 誠
  • 国際公法 (伊藤真実務法律基礎講座 7):伊藤塾
  • いつでもどこでも百人一首/早引き事典(有帆堂古典ライブラリー):天瀬 豊人
  • 戦争とは何か 国際政治学の挑戦 (中公新書):多湖淳
  • 国際政治史 有斐閣ストゥディア:小川浩之, 板橋拓己, 青野利彦

ブログ山ある日々(すべて),日々雑感

野毛山公園の桜始開

 

野毛山公園の桜

3月20日が24節気の春分の日であったが,昨日(3月25日)から72候の「櫻始開」(さくらはじめてひらく)である。2日ほど朝ジョグしなかったが,今日近所の野毛山公園を朝ジョグすると,確かに「櫻始開」で,桜が綺麗に咲いていた。この週末はいろいろと愉しみだ。

24節気と72候

24節気と72候は,中国発のようだが,72候は日本でいろいろとアレンジされ,今使われているものは,明治時代に改訂された「略本暦」だそうだ。
もう少し詳しくなったら詳細に語ろうと思うが,「暮らし歳時記-日々是活き生き」というWebで,きれいな絵や写真と文章でわかりやすい説明されているので,まずはこちらを案内しよう。
絵が楽しいということでいえば,「令和の新時代、「旧暦」の世界を浮世絵の名作とイラストで存分に味わう」という触れ込みの「絵で楽しむ 日本人として知っておきたい二十四節気と七十二候:水野 久美」(Amazonにリンク)が素敵だ。
中国にまで遡って研究するには「 二十四節気 で 読み とく 漢詩:古川末喜」(Amazonにリンク)が良さそうだ。

春分から次の「清明」までは次のとおりだ。

3月20日(土)春分  雀始巣 すずめはじめ てすくう
3月25日 (木) 櫻始開  さくらはじめてひらく
3月30日 (火 ) 雷乃発声 かみなりすな わちこえをはっす

4月4日(日 ) 清明 玄鳥至 つばめきたる

72候に乗せて日々の創意工夫を語ろう

24節気と72候が楽しいのは,さて措き,72候は,ほぼ5日ごとに変わる。そして新しい現実を呼び込む。

これに乗せて,私の日々の動き(あれば,創意工夫)を語ればどんなに楽しいだろう。ということでいきなり「72候プロジェクト」が開始されたのであった。

日々雑感

Warningが占拠したTOPページ

ここ何日か,このWordPressのTOPページにWarningが4つくらい出て,しかも管理画面(ダッシュボード)のアドレスにアクセスしてもそのWarningが表示されるだけで管理画面は表示されなくなってしまった。この間,アクセスしてくれた人には,ウイルス汚染か何かという恐怖を与えてしまったかも知れない。お詫びしたい。
原因は,多分何かの「更新」だろうという推測はできる。Warningの内容は,私がほとんど触らないphpが何とかという表示なので,とりあえずサーバーでphpのバージョンを下げてみたが変わらない。何かのプラグインの問題かなあ,そういえば面倒くさいのでこれをほとんど自動更新にしたのはまずかったなあ,回復したらそんなずぼらはしませんと反省したのだが,目が覚めても現実は変わらない。

でも気持ち悪い表示のままにして置くわけにはいかないので,今日は,あれこれググって対応しようと不退転の決意をもって事務所に出て,これに取り組もうと思ったのだ。

さてあれこれググってもどこかのphpを書き換えろという指示なのですぐには手が付かない。そこで何の「更新」が悪かったのかなあと,最近メールで来たプラグインの更新の通知を見ると,「次のページで、更新を行なって下さい。」とあって,管理画面のアドレスに何かがくっついた表示になっている。エイヤッとクリックしてみると,管理画面の更新画面がでてきた。

そこには,WordPress本体が更新できなかったと出ている。そして更新する前にバックアップをとれだの何だなと書いてある。でもこの状態で何をするのかを理解しバックアップを取るというのは気が遠くなる作業なので,ここでも回復したらそんなずぼらはしませんと反省して更新ボタンをクリックしてみる。経過する時間は長い。

解決!!

結果,元に戻ったのだ。原因は,何かの原因でWordPressが更新できていなかったことだったようだ。
これについて私は最近メールで来たプラグインの更新通知の「次のページで、更新を行なって下さい。」をクリックして管理画面に行き着き,WordPressを更新して回復することができた。ただ他のケースでもこれが通用するかどうかは全く分からない。とりあえずphpの書き換えまで行かなくて良かった。
問題は,WordPressの記事の更新を怠っていたことにもある。その反省と言い訳を次の記事でしよう。