デジタル情報の氾濫と法とルールの破綻

2020-10-19

追って作成します。「法とルールの破綻」はじっくり考える必要があります。

検討すべき課題

デジタル情報の氾濫

法とルールの破綻

法とルールについては,「法律業務案内」の「法を問題解決と創造に活かす」において,基礎的な検討をしている。そこでの問題意識は,問題が山積する現代の法のあり方を踏まえつつ,「法を問題解決と創造に活かす」というプラスの方向で考えてみようとことであった。下位メニューとして下記のものを設けた。

しかしデジタル情報が氾濫しつつある現時の状況に対応,是正できなければ,現代から近未来において社会を支える一要素である「法とルール」は破綻するというのが,私の「見立て」である。私にとっていちばん身近な問題である。少し時間を掛けて検討したい。

 

 

新着記事

法とルールの基礎理論Ⅱ 方法としての哲学

方法としての哲学 実定法学から「法とルール」を眺める場合,「哲学」は役に立たない ...

法とルールの基礎理論Ⅰ ルール論(暫定版)

取り上げる基本書 ルールズ・オブ・プレイ ゲームデザインの基礎 :ケイティ・サレ ...

年賀状(2021年)

謹んで新春のおよろこびを申し上げます。  皆様方にとってこの一年が希望に満ちた年 ...

法とルールの基礎理論・序説

「法とルールの基礎理論」でどんな問題を解決するのか これまで「法とルールの基礎理 ...

法とルールの基礎理論ⅢAのⅠ 法文を読む

法文を読む 「法とルールの基礎理論」についてあれこれを検討を始める前に,まず法律 ...

Posted by murachan54