アイデアをカタチにする

2024-05-28

このような本を読んでみよう

  • アイデアをカタチにする
    • アイデアのつくり方:ジェームス W.ヤング
      • 目次
        • この考察をはじめたいきさつ
        • 経験による公式
        • パレートの学説
        • 心を訓練すること
        • 既存の要素を組み合わせること
        • アイデアは新しい組み合わせである
        • 心の消化過程
        • つねにそれを考えていること
        • 最後の段階
        • 2、3の追記
      • A Technique for Producing Ideas:James Webb Young
    • アイデア・バイブル:マイケル・マハルコ
      • 目次
        • アイデア・バイブル取扱説明書 Part1 加藤昌治
        • はしがき マイケル・マハルコ目次
        • 序部 イニシエーション
        • 第1部 左脳型発想法
        • 第2部 右脳型発想法
        • 第3部 協働型発想法
        • 第4部 最後のハードル
    • 創造はシステムである~「失敗学」から「創造学」へ:中尾政之
      • 目次
        • 第1章 創造は要求から
        • 第2章 思考方法はワンパターン
        • 第3章 システムは可視化できる
        • 第4章 真似ができない創造化 
        • おわりに
    • トリーズ(TRIZ)の発明原理40 あらゆる問題解決に使える[科学的]思考支援ツール:高木芳徳
      • 目次
        • はじめに
        • 第1部 入門! TRIZの発明原理
        • 第2部 40の発明原理
        • 第3部 発明原理実践編
        • 索引 おわりに
    • イメージの力 (放送大学教材):佐藤 仁美
      • 目次
        • 1 イメージをめぐる物語
        • 2 イメージの本質
        • 3 言葉とイメージ
        • 4 自然とイメージ1
        • 5 自然とイメージ2
        • 6 自然とイメージ3−火と水の祭り−
        • 7 自然とイメージ4−海と山の祭り−
        • 8 自然と人1
        • 9 自然と人2
        • 10 身体性とイメージ1
        • 11 身体性とイメージ2−音・音楽と人との響き合い−
        • 12 イメージの現場から1−異文化と芸術療法(アートセラピー)−
        • 13 イメージの現場から2−精神科病院における芸術療法−
        • 14 イメージの現場から3−素材と環境−
        • 15 イメージの力

アイデアをカタチにする仕組み造り

プラットフォーム

最近私は、アイデアをカタチにする仕組み造りに取り組もうと思っています。「アイデア」は、「思い」、「発想」、「夢」、「目標」等とも言えますし、「カタチにする」は、「実現する」、「解決する」、「創造する」とも言えるでしょう。もともと発明分野で使われていたものが、ビジネスの分野でも使われるようになったものですが、さほど一般的な表現ではないでしょう。ただ大分前に、ビッグバン・セオリーの登場人物ハワード・ウォロウィッツが自分のエンジニアという仕事を「アイデアをカタチにするものだ。」と言っている場面をどこかで見かけたので、それなりに使われているのでしょうか。

最初は、誰かと共同で取り組めないかなと考えていたのですが、すぐには準備が整いそうにないので、まず私がWeb上で、そのプラットフォーム造りをしようと思います。なおこの投稿は最初、2017年11月に行われていますが、残念ながらそれからの私の関心は、別にあったということになります。

今考えていること

ところで今、私が考えていることは、クライアントが「アイデアをカタチ」にする新しい商品、サービス、システム、事業等を創造、起動することを、法務面から支援することです。

創造、起動の対象は、①Things(モノ)、②IoT、③サービス、④システム、⑤事業(組織)のブランディング、⑥事業(組織)のスタートアップ、⑦表現等々に分別することができるでしょう。

共同事業者がいない状態では、「アイデア」はクライアントから持ち込まれるしかありませんが、態勢が整えば、自分でもアイデア造りに取り組もうと思います。

あらゆることの複雑化に伴い、ビジネスのみならず科学分野でも様々なアイデアも又、加速度的に生み出されていますが、カタチになるのはごく一部です。大部分はそれでいいのでしょうが、でも「あのアイデアがGoogleに!アーア」ということもありますよね。もっともカタチになったもののうち、ヒット、大ヒットするのはごく一部でしょうが、でもカタチにしないと消え去るだけ。今のビジネスは、数撃つしかないベンチャーキャピタルの投資と似通っています。結果はどうなるにせよ、少しでも充実したカタチを造ることが重要でしょう。

アイデアをカタチにする仕組みの方法・システム

アイデアをカタチにする仕組みの方法・システムを5W1Hの観点から検討すれば、WHEN、WHERE、WHOが、「今、ここで、私たち」であることは明らかですから、WHY、WHAT、HOWを検討することになります。

ところで、「アイデアをカタチにする」ということは、見方を変えれば、マイナスの「問題」であればその「問題を解決する」またはプラスの「価値を創造する」ということです。そこで、アイデアをカタチにするWHY、WHAT、HOWについて、従前「問題解決学」(佐藤允一さん)ないし「創造学」(中尾政之さん)として議論されてきたことを、その方法の中心として検討したいと思います。さらにその源泉には発明的な問題の解決手法である「TRIZ」があります。

ビジネスを支援する法務

アイデアをカタチにする仕事について、さて弁護士は何ができるでしょうか。

調査

まず弁護士としては、持ち込まれたアイデアをよく理解する必要があります。そして特にそのアイデアがこれまでの歴史や経緯の中で、どう位置づけられるのか、新規性があるのか、関連分野でどのような研究が進展しているのか、そのアイデアと他の権利との関係はどうか、そのアイデアをカタチにするために必要となる技術や知財は何か等々を、調査する必要があります。

起案

対象事業の進展に応じて弁護士がすべきことは、ルール化、制度化でしょう。

①ルール(外部ルール(法令等)や外部との合意、内部ルール)の設定、及び当該ルールによって展開するビジネス(ゲーム)の追跡、ルール逸脱への対応等に係る実行態勢の確立と整備、運用

②内外の情報流通へ対応とコントロール

③当事者についての合理的な契約関係による規律の設定

④これらに係る法務全般

プラスαとして。

⑤資金調達のアシスト

⑥人材確保のアシスト

⑦必要となった技術・知財の獲得のアシスト

⑧多言語対応

⑨事業進展に応じた関与者の心身の健全性への留意

分業と全体の把握・統括

これらは、少し事業の規模が大きくなると、一人の弁護士ができるようなことでありませんから、適宜分業しなければなりませんが、全体は一人の弁護士が把握し統括しなければなりません。

これからの準備

まず調査方法を具体化し、「アイデアをカタチに法務」については典型的なケースをモデル化する必要があります。

アイデアをカタチにする対象

私が考えている、アイデアをカタチにする創造・起業の対象である「商品・サービス・組織」等は上述のとおりですが、でも考えてみれば、私たちの身の回りには、「アイデアをカタチ」にしたいことが、山のようにあります。

次の記述は、「アイデアをカタチにする」の各論にあたる「商品・サービスを創る」、「健康になる」、「学ぶ・学習する」、「社会制度を改革する」の最初のたたき台として作成したものです。内容は今後順次、充実、改定していきます。

商品・サービスを創る

これから様々な「アイデアをカタチにする」商品・サービスを創り出す仕事に関与していきたいと思う。

すべて今後の課題だが、これまでに関与した一事例を紹介したい。

国際医療搬送事業(エアー・アンビュランス・サービス)の計画に関与したとき、個人についてどうすれば当該サービスを提供できるかという課題があった(料金を採算ベースで徴収すれば、一回最低2000万円程度になる。)。

これについて、個人に有償で効果的な健康管理アプリを利用してもらい、海外滞在時に病気となった会員の共済として必要性の高い順に、当該サービスを安価ないし無償で提供することを企画したことがある。これ自体は、運営会社、代表者の不祥事で立ち消えになり、具体的な事業化には着手していない。

健康になる

健康になる方法と理論

ここでなすべきことは、「健康になりたい」という「思い」を、できるだけ容易に継続して「実現できる」スキームを創りだすことである。

そのスキームは、抽象的には「食動考休」であるが、その内容を具体化するにあたって、科学的でなければならない。

そのために、健康・医療に関わる本、資料を十分に検討する必要がある。とりあえず人間の心身が複合的なシステムであることを前提とする「ジエンド・オブ・イルネス」を、出発点にしてもよい。

各論的には、「代謝」、特にATPとミトコンドリア、「DNAとエピジェネティクス」、「腸内細菌」あたりを研究する必要がある。

これらを踏まえ、「特別問題」として、「肥満とダイエット」及び「老化」を検討する。

食動考休

食については、「多様なものを、新鮮なうちに(特に野菜・果実)、腹八分で」、という以上になすべきことはないであろう。

動(運動)は、有酸素運動(エアロビクス)、筋肉トレーニング、ストレッチを万遍なくこなすことだが、これではやりきれないので、簡易な運動+ウオーキング、あるいは「多動」でもいいだろう。

考は、「学ぶ・学習する」の活性化である。

休は、体の弛緩、瞑想及び睡眠である。

改めて思うが、私には知識だけあって実践していない「ヨガ」に取り組めばこのうちの多くがカバーされる。一方で、日本のヨガ指導者の多くが早死しているという事実も忘れるわけにはいかない。

学ぶ・学習する

「学ぶ・学習する」方法と理論

「学ぶ・学習する」方法と理論として、「使える脳の鍛え方」(Make it Stick)、「脳が認める勉強法(How We Learn)あたりを出発点にするのがよいだろう。

この分野は、やたらと「ノウハウ」の多い分野であるから、その有効性を見極める必要性がある。

各分野の学習法

読書

数学

英語

ビジネス

学習する手段

ここでは、例えば、MOOC、Podcast、iTunes U等を検討していきたい。

数年前は大体以上のはこうであったが、今は生成AI抜きに考えることはできない。

社会制度を改革する

社会制度の改革

私が若いころは、「過剰」な政治の時代であり、私は一時期から「政治」とは、弁護士の仕事と関係する限りで関わりそれ以上にはみ出さないこととし、以後、基本的にそのようにしてきた。もちろん、投票はしている。

ただ最近は、「政治」の変質が目に余るようになったので(「啓蒙思想2.0」参照)、私は改めて「政治」を含む社会制度の改革について、提言・実現する必要があるのではないかと考えるようになってきた。「遅れてきた元青年」である。とはいえ、すぐに用意できる現実的な提言があるわけでもないので、しばらく準備をしたいと思っている。

私がこれまで何らかの関与をしたのは、せいぜい次のとおりだ。

政治資金規正法の改正提言をした。「その内容は、「自由と正義」の論文を参照されたい。同時に、公職選挙法の改正提言もした。

太陽光発電設備を規制する条例策定に関与した。

ジェフリー・サックスの「貧困の終焉」を高く評価した。

ただ今は、もっとも大切なことは地球環境と資本主義の問題だと考えている。私が少しひねくれているのは、地球環境を守ることに焦点を当てるのではなく、人が地球への過剰な負荷を欠けることをやめなければ人(文明)は滅亡し、それと関係なく地球の自然は繁栄するだろうと考えていることだ。地球は強靱だ。資本主義(産業社会)も、有り余る(偏在する)財・サービスの取り合いにうつつを抜かすのではなく、地球への過剰な負荷を欠けることをやめることに能力を費やさなければ、財共々なくなりますよ、あの世には持って行けませんよということだ。

「社会制度を改革する」方法と理論

これについては数理的な分析を含め、非常に有効な方法と理論が生み出されつつあると理解している。ゆっくりと整理していきたい。

アイデア倉庫

ところで、アイデアの湧出を活性化するアイデアツールを集めた本(内容によって「アイデア・デザイン編」、「IT・AI編」、「経営編」、「心身の向上技法編」、「世界の構造と論理編」、及び「冷水編」に分けています。)を整理した「アイデア倉庫」を作成しました。これも数年前の整理なので、補足しつつ、重要な本については、具体的に紹介していきたいと思います。

Posted by murachan54