私が担当したふたつの事件

2020-10-16

私は,弁護士になった最初の頃は,民事,刑事,行政,家事,税務,知財等,あれやこれやといろいろとバラエティーに富んだ事件を手がけていましたが,ここ十数年は主に外資系のサービサーの代表取締役としての仕事をしていたので,面白いのは,何件かの詐害行為取消訴訟ぐらいでした。

しかし,平成18年に住民側の代理人として提訴し,平成24年2月に上告棄却で住民側の全面勝訴となった「旧小淵沢町官製談合住民訴訟事件」と,指定弁護士として関わった「陸山会事件」というふたつの事件は,どちらも膨大な時間を費やし,かつ「要証事実」を,証拠又は間接事実から推認することに多大な労力を要した裁判という共通点があったということで,私の印象にとても強く残っています。

特に後者は「無罪」とはなったものの,指定弁護士として置かれた厳しい状況の中で,私たちが最も真実に近づいていたということを十分に誇ってよい事件であると考えています。いまだに党派的な熱狂が覚めてみれば空しいだけの,「悪徳弁護士という烙印」が私に押されたとする非難記事がネットの上位に残存していることも,立派な勲章です。

この下位メニューでこの「ふたつの事件」を紹介します。

 

新着記事

企業集団における内部統制制度

序論 内部統制制度は子会社には重荷のことが多い 上場企業と連結計算書類を作成して ...

精神現象学から認知科学へ

ヘーゲルは分からない ヘーゲルの法哲学,歴史哲学,あるいは論理学等は,読んでいて ...

法とルールの基礎理論Ⅱ 方法としての哲学

方法としての哲学 実定法学から「法とルール」を眺める場合,「哲学」は役に立たない ...

法とルールの基礎理論Ⅰ ルール論(暫定版)

取り上げる基本書 ルールズ・オブ・プレイ ゲームデザインの基礎 :ケイティ・サレ ...

年賀状(2021年)

謹んで新春のおよろこびを申し上げます。  皆様方にとってこの一年が希望に満ちた年 ...

Posted by murachan54