IT・AI・DX,日々雑感

WordPressを使う

大好きなお酒もあまり飲めなくなったし(でも,××が目を離すとすぐ飲んでしまうといわれるが),最近,幸か不幸か仕事があまり忙しくなくWeb記事を書く時間がとれるようになったので,この機会を利用して積年のストレスのもとであるWordPressを一挙に整理しておこうと思い立った。ストレスの歴史を列記すると,過去,このWebに「ホームページ再生」,「ホームページ再生Ⅱ」,「ホームページ再生Ⅲ」,「WordPress備忘録」,「記事作成(テキストと写真)の備忘録」,「Wordpressの記事のマークアップとCSSの備忘録」,「ホームページを作る,継続して投稿する,そして笑う」,「過去のブログ記事の移転」,「土日で何とかするWordPress」等々…いつまでたっても出発点をぐるぐる回っている感じだ。

WordPressのサイトは,全体の構造,デザインを変える有償,無償の市販の「テーマ」を使って構築する場合が多い。私は,ずっとWordPressが提供しているTwenty Elevenを使っており(これを説明しているのが,後述の⑤の本),そろそろ変えたいところだ。実は「テーマ」を乗り換えるのは,ツークリックくらいで簡単にできるのだが,ひとつは,今のヘッダーの山の写真のランダム表示を生かしたいということと,もうひとつは,「テーマ」を変えると,見出し,活字等の細かいところを微調整しなくてはならないので,そのノウハウを「思い出す」必要があり面倒なので,いつまでもぐずぐずしているわけだ。

WordPressの「テーマ」は数千レベルで作成されているから,「テーマ」そのもを最初からどうこうしようと思わない限り,大雑把なことさえわかればPHPの細かいプログラミングに入り込まなくてもいいから,その意味では,私の負担は大きくはない。ストレスは大きいが。

私が参考にする本とWeb上の情報

WordPressでWebを作成するとき参考になる入門書的な本を3冊,①「WordPress徹底入門マスター」(Kindle本),②「今すぐ使えるかんたん WordPress入門」,③「 WordPress Perfect GuideBook 4.x対応版R/3.x対応版」。カスタマイズについてもう少し深く突っ込んでいる本を2冊,④「一歩先にいくWordPressのカスタマイズがわかる本」,⑤「基本からしっかりわかる WordPress 3.xカスタマイズブック」。Web製作者(西沢直木氏)がKindle本で提供している本2冊, ⑥「脱・初心者を目指すWordPress 189のヒント」,⑦「BizVektorのCSSの直し方」を紹介する。

この頁の最後に詳細目次(一部,不要な部分等は,割愛した。)を掲記しておく。なお①は簡潔でいいのだが,3.9対応からか,現時点では販売されていない。

Webサイトとして⑥⑦の著者のサイトを紹介しておく。かなり膨大なものだ。

CSSを見直す

WordPressの最近のバー-ジョンアップのとき(あるいは,コースを変更したとき),メニューの色使いがおかしくなってしまった。もともと私は使い始めの頃,「Firebug」を使ってCSSも見直した記憶があるのだが(ただし,メニューについては,どこをどうしたのか記憶がない。),少し前に今後「Firebug」は提供しないという記事を見つけた。確か各ブラウザーがその機能(インスペクター)を実装したからという理由だったかと思うが,そう言われても途方に暮れる。そこで,⑦「BizVektorのCSSの直し方」を参考にする。Google Chromeでは,問題となる箇所で右クリックででてくる「検証」を選択すればいいらしい。「BizVektor」という「テーマ」の名前が挙げられているが,どの「テーマ」でも応用が利くということだ。

そこで今日,しばらくやってみたが残念ながらどこをどう直せばいいのか,よく分からない(インスペクターについては,ここに説明されているので,後日,検討したい。)。考えてみればメニューのつくりかたや,ロールオーバーさえ忘れていたのだから,まずそこからだ。この問題の解決は,Twenty Elevenが導入された当時,メニューに手を入れた記録を綴っているWebの頁が何個か残っているから,それを見る方が早そうだ。うまく行かなければ,Twenty Elevenを変えればいい。

今,WordPress+テーマ+プラグインは,相当に複雑になっているから,原因不明でうまく行かないことも全然珍しくないらしい。「テーマ」を変えて解決できるのであればそれはそれでいいのだろう。ただいずれにせよ,もう少し頑張ろう。

その他の問題

その他,画像の挿入や,画像付きのKindle本へのリンクを,快適にしたいと思っているが,これはそんなに難しいことではないだろう。

またせっかく時間を使うのであれば,できるだけ多くの人に読んでもらいたくなるから,今までは考えたこともなかったが,SEOにも気を配ってみよう。ただあるWeb記事で,内容のない頁はGoogleに検索されないように手を加えようと書いてあったのは,少しおかしかった。

なお今日現在,④については,詳細目次が用意できていない。⑥⑦は,どちらかといえば,Tips集だし,そんなに高くないKindle本だから,目次の掲記はしない。著者のWebを見てもらえば充分だろう。

➀~③,⑤の本の詳細目次